機関銃ケリー

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

メリカ犯罪史上に名高い“機関銃ケリー”の半生を描いたギャング映画。製作者ロジャー・コーマンが、R・ライト・キャンベルのオリジナル・シナリオを自ら監督した。撮影はフロイド・クロスビー、音楽をジェラルド・フリードが担当。出演はチャールズ・ブロンソン、スーザン・キャボット、モリー・アムステルダム、ジャック・ランバートら。

1959年製作/アメリカ
原題:Machine Gun Kelly
配給:映配

ストーリー

“機関銃撃ち”と異名をとるケリー(チャールズ・ブロンソン)は、仲間のハワードらと共にレバノン銀行を襲撃して3万6000ドルを強奪した。ケリーは逃走の途中で機関銃を分解、洋服を着替え、情婦フロー(スーザン・キャボット)の運転する車に乗り非情警戒網を突破した。金の分配の時、ファンダンゴの着服がわかり、ケリーは彼を除外した。次の銀行襲撃を計画するころから、ケリートハワードの仲が険悪化した。襲撃当日、死にたいする異常な恐怖感を持つケリーが、救急車から出る棺を見て怖気づき、それが原因で襲撃が失敗、仲間のメイズが射殺されハワードはかろうじて逃げた。ケリーはフローの実家に身を隠した。ある日、フローはハワードらがケリーを殺害する計画を聞いた。これを聞いた彼は先手を打って、ハワードの隠れ家を襲い、一味を皆殺しにした。銀行襲撃が危険なので、ケリーは少女誘拐を考えた。ある実業家の娘を学校帰りに襲い乳母と共に拉致して、遠方の隠れ家に隠れた。娘の父親は身代金を払うとラジオで放送した。ケリーは身代金受取をファンダンゴの連絡した。が、ファンダンゴは復讐のため警察に密告した。身代金は手に入ったが、警察に包囲されてしまった。警察はケリーに投降を勧告した。ひるむケリーをフローは罵倒し、警官たちに激しく応戦したが、一網打尽に逮捕された。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「機関銃ケリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。