フル・フロンタル

劇場公開日

0%
0%
25%
75%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロサンゼルスのショービジネス界とその周辺で生きる8人の男女の24時間を描いた群像劇。監督は「ソラリス」のスティーヴン・ソダーバーグ。撮影のピーター・アンドリュースは彼の変名。脚本はこれが映画デビューとなる劇作家のコールマン・ハフ。出演は「コンフェッション」のジュリア・ロバーツ、「ズーランダー」のデイヴィッド・ドゥカヴニー、「シモーヌ」のキャサリン・キーナー、「光の旅人 K-PAX」のメアリー・マコーマック、「英雄の条件」のブレア・アンダーウッド、「恋は邪魔者」のデイヴィッド・ハイド・ピアース、「インソムニア」のニッキー・カットほか。

2002年製作/101分/アメリカ
原題:Full Frontal
配給:東芝エンタテインメント

ストーリー

金曜日のロサンゼルス。ストレスが溜まっている会社人事部長の女性リー(キャサリン・キーナー)は、脚本家兼雑誌ライターの夫カール(デイヴィッド・ハイド・ピアース)に離婚を告げる置き手紙を書く。カールはそれに気づかないまま出勤。リーに愛人がおり、それが映画スターのカルヴィン・カミングス(ブレア・アンダーウッド)であることも知らない。しかも編集長(ジェリー・ウェイントローブ)に解雇を告げられる。カルヴィンは現在、人気女優のフランチェスカ・デイヴィス(ジュリア・ロバーツ)と映画を撮影中。劇作家のアーサー(エンリコ・コラントーニ)は、今夜が舞台の初日だというのに、ヒトラー役の俳優(ニッキー・カット)に悩まされている。またアーサーは、インターネットで知り合ったリーの妹のマッサージ師リンダ(メアリー・マコーマック)とデートすることになっていた。一方、マッサージを頼まれたリンダがホテルの一室を訪ねると、大物映画プロデューサーのガス(デイヴィッド・ドゥカヴニー)が偽名を使って待っていた。今夜はガスの誕生パーティー。その時間になり、招待客たちが集まってくるが、ガスはホテルの部屋で自殺していた。パーティーは潰れ、帰宅したリーは、自分への愛情を示すカールとの仲を修復する。その頃、アーサーとリンダは、お互いを約束のデートの相手だと知らぬまま、飛行機の中で意気投合するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

1.5うぉー、つまんねー!!ソダーバーグ正気か!?

2020年5月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たなかなかなか

3.0映画の中で架空の映画制作が行われているのだが、その映画の内容が架空...

2020年1月25日
スマートフォンから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
collectible

2.0ブラッド・ピットが何かやると思ったら、出てきましたか・・・エンドロール後に。

kossyさん
2019年9月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 映像的には成功してるのだろうけど、中味が空疎。映画や演劇界でも特別な人生があるわけじゃなく、普通の人間と同じく日常的であることがわかった。衝撃的な自殺の映像やヒトラーを演じる劇、透明の地球儀を持たせてアフリカの国名を挙げていってリストラする姿など、面白いのだけど、筋には全く関係してこない。ヒトラーの現代劇なんてもっと見たかったのに・・・

 『コンフェッション』の路線を続けようとしたのか、結局は失敗に終り、もう一度原点に戻って映画作りを考え直そうという表れなのかもしれないけど、何のために作ったのかわからない映画だなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る