ストーカー

劇場公開日:

解説

幸福な家族に憧れる孤独な中年男が、だんだん狂気に踏み込んでいく様を描くサイコ・スリラー。監督・脚本は「天国からの中継」(未)のマーク・ロマネク。撮影は「K-19」のジェフ・クローネンウェス。音楽は「ラン・ローラ・ラン」のラインハルト・ハイルとジョニー・クリメク。音楽監修は「アメリカン・ビューティー」のクリス・ドゥリダス。美術は「ザ・セル」のトム・フォーデン。編集は「裏切り者」のジェフリー・フォード。衣裳は「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のアリアンヌ・フィリップス。出演は「インソムニア」のロビン・ウィリアムス、「グラディエーター」のコニー・ニールセン、「2番目に幸せなこと」のミシェル・ヴァルタン、オーディションで選ばれた子役のディラン・スミス、「ギフト」のゲイリー・コール、「ジェイコブズ・ラダー」のエリック・ラ・サールほか。

2002年製作/98分/アメリカ
原題:One Hour Photo
配給:20世紀フォックス
劇場公開日:2003年2月1日

ストーリー

大型ディスカウントショップのスピード現像カウンターで働く中年男、サイ・パリッシュ(ロビン・ウィリアムス)。長年、真面目に仕事に携わってきた彼だが、私生活では家族も友人もいない。そんなサイは、常連客である主婦ニーナ・ヨーキン(コニー・ニールセン)の幸福な家庭に憧れている。いつしか彼は、ヨーキン家のスナップ写真を密かに自宅の壁に貼り、自分が家族の一員になる空想にふけるようになった。しかし実際のヨーキン家は幸福ではなく、ニーナは夫ウィル(ミシェル・ヴァルタン)との諍いが続く日々。そしてある日、サイは上司のビル(ゲイリー・コール)から解雇を告げられる。さらにサイは、ウィルがマヤ(エリン・ダニエルズ)という女性と浮気していたことに気づいた。すべてを失ったサイは激情にかられ、家族を裏切ったウィルに代償を支払わせようと、ウィルとマヤを脅して2人が裸で絡んでいる様を撮影。しかしヴァンダージ刑事(エリック・ラ・サール)が追ってきて、まもなく逮捕されるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ストーカーの心理

2023年10月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

ストーカー心理は理解ができないから怖い。
写真屋という設定がいきているストーリーでした。
ロビン・ウィリアムズのこういうサイコの役は珍しい。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
光陽

3.0ミセスダウトを見たあとだったせいか余計に恐ろしい作品だった、 俳優...

2023年2月18日
iPhoneアプリから投稿

ミセスダウトを見たあとだったせいか余計に恐ろしい作品だった、

俳優さんてやっぱすごいね、

コメントする (0件)
共感した! 0件)
C

2.5何故急に目から!?

2022年10月29日
PCから投稿

エヴァのシーンが謎過ぎて好きです

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

3.5これもひとつのアメリカの現実。

2022年1月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

興奮

難しい

ことのほか丁寧に作られた映画。最初から最後まで良い緊張感に導かれた映画。派手ではないが秀作と言えよう🎵

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mark108hello
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る