ファニーゲーム

劇場公開日:

解説

1997年のカンヌ国際映画祭で、そのあまりに衝撃的な展開に途中で席を立つ観客が続出。斬新なスタイルとショッキングなテーマ性でその年のカンヌの台風の目となったが、賞レースでは無視された。2001年、「ピアニスト」でカンヌのグランプリを獲ったミヒャエル・ハネケの、早すぎた金字塔的作品。

1997年製作/103分/オーストリア
原題:Funny Games
配給:シネカノン

ストーリー

穏やかなある夏の午後。バカンスを過ごしに湖のほとりの別荘へ向かうショーバー一家。主のゲオルグ、妻のアナ、そして息子のショルシと愛犬のロルフィー。別荘に着き、台所で夕食の支度をするアナの元に、見知らぬ青年が訪れる。ペーターと名乗るその青年は、卵を分けてくれないかと申し出る。台所に入ったペータ-は、何気なく卵を割ったり、アナの携帯電話を水の中に落としたり、さり気なくアナを苛つかせる。そこへもうひとりの青年パウルが現れ、さらにアナを挑発。ゲオルグが仲裁に入るがパウルは逆にゴルフクラブでゲオルグの膝を打ち砕き、一家に言う。「明日の朝9時までにあなたたちを殺せるか否かゲームをしよう」。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第50回 カンヌ国際映画祭(1997年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ミヒャエル・ハネケ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0子供

2022年6月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
filmpelonpa

3.5胸糞が悪い

2022年4月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

怖い

興奮

ひたすらに希望がないままドンデン返しに至らない二度目の悪夢から、序盤で落とすナイフの伏線回収が何ら身にならない結末。

一見すると普通に好青年と思われる二人の男の見た目が余計に腹立たしい、卵の件の会話から嫌ぁな感じがダダ漏れで、最初から不穏な空気が漂いながら過剰にしない暴力描写が尚更に痛々しい。

テレビのリモコンから奇妙な世界観に突入、かなりの極悪賛美で救われない。

現実に起これば、こんなもんか、映画だからこそ起こる奇跡を期待しながら、映画にリアルを突き付ける現実味からの絶望と恐怖心。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一

3.0色んな意図は理解できるものの・・・

和哉さん
2022年4月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
和哉

4.0物語を破壊する者の正体

Garuさん
2022年1月1日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 残酷な殺戮場面がますますリアルになっている昨今の映画界だが、この映画の殺人シーンは、そうした作品に比べれば至ってノーマルだ。 しかし、後味の悪さは尋常ではない。 何の脈絡もなく、 ごく普通の日常生活に気配もなく不協和音が介入し、理不尽な支配に絶望させられた上で、これまたなんの脈絡もなく人生を突然断ち切られる。 この悪夢のような運命のすべてを、 人間の「軽薄な悪意」が演出していることに、 極めて強い不安と衝撃、そして嫌悪感を抱くのである。

まさに、「映画史上最高レベルの不快作」と言っていいだろう。

 我々人間には、命そのものよりも大切に守ろうとしているものがある。 それは、筋道だった人生を全うすること、つまり、一貫した物語を創ることだ。 人は誰しも、自分の人生という物語を完成させるために、命を懸けて生きていると言ってもいい。

 人生は、段取り通りには進まない。 様々な想定外の出来事により、一時停止や修正を余儀なくされる。 そこで挫折しても、人はそれをテコにして起き上がる。 時には自分を胡麻化し、無理やり帳尻合わせをしてでも、自分の物語を再構築して生きていこうとする。 中には、物語の一貫性を失い、生きる気力を亡くして死んでいく者もいる。 運命は理不尽であり、人生は過酷だ。

 だからこそ、我々は他人が命を懸けて創っている物語を尊重する。 物語同士が干渉するトラブルは当然あるが、 それでも相手を尊重することが、 安全かつ平和に生きていくための必須条件なのだ。 他人の生を尊重することは、 イデオロギーとは関係なく、人類の持つ暗黙の共通認識といってもいい。

 この映画は、そんな共通認識を真っ向から否定する。 そして、人間が人間の物語を残虐に引き裂く光景を、まるでホームドラマのように描き出す。 殺人鬼が観客に向かって不敵に微笑むが、 この映画には、物語づくりに安住しようとする人間の営みなど愚であるとでも言っているかのような、極めて挑発的なメッセージが込められている。

 ミヒャエル・ハネケ監督は、42年ドイツ生まれのオーストリア育ち。 あの時代、かの地に育ったことが、作品に影響していることは否定できないと思う。 自分の感性を通して見えた世界と、そこから養われた独自の価値観を、 一切の忖度なくストレートに映画化した―という印象だ。

 カンヌでは、途中退席も目立ったらしい。 さすがに、この物語を共有しようと思う者はいないだろう。 実際、二度、三度と見返したい作品ではない。 正義の主人公が悪を八つ裂きにする予定調和の映画文法に慣れきっている観客に対する、 一種のアンチテーゼだったのかもしれない。  いずれにせよ、 人間が生きるこの世界の有り様の一端を、 この映画によって我々の眼前に突き付けることに成功したことだけは確かだ。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Garu
すべての映画レビューを見る(全29件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ファニーゲーム」シリーズ関連作品