王は踊る

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実在のフランス国王ルイ14世と宮廷音楽家リュリの秘められた愛の物語。監督・脚本は「カストラート」のジェラール・コルビオ。原作はフィリップ・ボサンの『リュリ、もしくは太陽の音楽家』。撮影はジェラール・シモン。美術は「聖なる狂気」のユベール・プイユ。衣裳は「シリアル・ラヴァー」のオリヴィエ・ベリオ。出演は、「年下のひと」のブノワ・マジメル、「君が、嘘をついた。」のボリス・テラル、「パトリオット」のチェッキー・カリョ、「パリのレストラン」のクレール・ケーム、「ティコ・ムーン」のヨハン・レイゼンほか。

2000年製作/115分/ベルギー・フランス・ドイツ合作
原題:Le Roi Danse
配給:日本ヘラルド映画(アミューズピクチャーズ=日本ヘラルド映画 提供)

ストーリー

1643年、ルイ14世(エミル・タルディング)は5歳にしてフランス国王になる。だが14歳になった今も政治の実権を握っているのは、母のアンヌ(コレット・エマニュエル)と宰相マザラン(セルジュ・フイヤール)で、ルイに与えられた権利はギターとダンスだけだった。その頃、イタリアからやって来た音楽家にして舞踏家のリュリ(ボリス・テラル)と出会ったルイは、彼の振り付けたダンスによって太陽王のイメージを人々に知らしめていく。そして1661年、ルイ(ブノワ・マジメル)が22歳の時、マザランが死去。全権を握ることになったルイは、まず王立舞踏アカデミーの設立を命じ、フランスの改革をはじめる。スペインの王女マリ=テレーズ(ヴェロニク・マイユ)と政略結婚したルイは、リュリにもマドレーヌ(セシール・ボワ)という娘との結婚を命じる。しかしリュリは実は男色家で、ルイを密かに愛していた。一方、どんどん権力を増していくルイは、作家モリエール(チェッキー・カリョ)の活動を支援したり芸術活動に力を入れていくが、やがて母が死の床につき、名実ともに国を支配する立場になると、芸術に対する興味が失せてしまう。1687年、リュリは怪我がもとで足を切断する必要に迫られるが、王と踊った足は切れないと手術を拒否、そのまま息を引き取るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0太陽王

kossyさん
2021年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 1653年、新しいヒールの高い靴をもらい舞台の中央に立ったルイ14世。頭の後ろに後光がさすような飾りをつけ、まるで太陽の化身のような神々しさが溢れる。「太陽王」とイメージされた一瞬だ。これがフロンド(貴族)の乱を鎮圧したのか?

 8年後、宰相マザランが死ぬと宰相を置かずに統治すると宣言するが、ダンスアカデミーを作るなどのたまってた。現在のバレエの原型ともなったダンスを確立した功績。リュリとモリエールのコンビによって出来上がった歌曲など興味深いエピソードが多い。

 ジャン=バディスト・リュリはフランス国籍を取得したものの男色だとの悪評もあり、次第にルイから寵愛を失いつつあった。フランスオペラの集大成を作ると約束してルイの寵愛を取り戻すところが彼の望み。そのためには喜劇を合作し続けたモリエールをも裏切ることになった。

 ラストの死に際までかなりあっさりと描かれていたけど、オペラが成功した割には愛人以外誰も友人がいなかったという虚しさが伝わってきます・・・

 冒頭シーンに成功したリュリが「国王のテ・デウム」を指揮するシーンがあり、国王の席を用意したのに来なかった・・・そして足を切断しなければならない苦痛のシーン。この史実を知らないとさっぱりわからないぞ・・・で、来なかったのか?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0太陽王とは?

UNEmiさん
2021年2月26日
PCから投稿

ルイ14世と、王を愛した音楽家リュリの物語。

あの当時、バイオリンは首に挟まなかったんだな、とか
ヴェルサイユ宮殿って、ものすごい沼地に建てたんだな、とか
面白い発見があった。

ストーリーは、メインの2人をはじめ、いろんな人のいろんな愛情がぐっちゃぐちゃに絡まって進む感じ。
それぞれが、一番好きな人に好きと言えて、素直に結ばれていれば、こんなドラマは生まれないだろうね。

ルイ14世を演じたブノワ・マジメルはどこまでも美しく、
リュリを演じたボリス・テラルは鬼気迫る。
この2人の映画あってこその映画。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
UNEmi
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る