シュワルツェネッガー ラスト・アクション・ヒーロー

劇場公開日

シュワルツェネッガー ラスト・アクション・ヒーロー
8%
52%
32%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

映画好きな少年が、スクリーンの中のアクション・ヒーローと共に大冒険を繰り広げるファンタジー・アクション。監督・製作は「ザ・スタンド」のジョン・マクティアナン、共同製作は「ファイティング・キッズ」のスティーヴ・ロス、エクゼクティブ・プロデューサーは本作の主演でもある「キンダガートン・コップ」のアーノルド・シュワルツェネッガー。ザック・ペンとアダム・レフの原案をもとに、「ラスト・ボーイスカウト」のシェーン・ブラックと、デイヴィッド・アーノットが共同で脚本を執筆。撮影は「パワー・オブ・ワン」のディーン・セムラー、音楽は「リーサル・ウェポン3」のマイケル・ケイメンが担当。他の出演は、「バーチャル・ウォーズ」のオースティン・オブライエン、「エイリアン3」のチャールズ・ダンス、「ローデッド・ウェポン1」のF・マーリー・エイブラハム、「モブスターズ 青春の群像」のアンソニー・クイン、「フィッシャー・キング」のマーセデス・ルール、「炎の少女チャーリー」のアート・カーニーなど。他にティナ・ターナー、ロバート・パトリック、シャロン・ストーン、ハマー、ジャン=クロード・ヴァン・ダム、チェヴィ・チェイス他がカメオ出演している。

1993年製作/アメリカ
原題:Last Action Hero
配給:コロンビア映画

ストーリー

ニューヨークのタイムズ・スクエアにある映画館パンドラ。そのうらぶれた二番館に入りびたっているアクション映画ファンの少年ダニー(オースティン・オブライエン)は、今日もロサンゼルス市警のスーパー・コップ、ジャック・スレイター(アーノルド・シュワルツェネッガー)が活躍するシリーズもの「ジャック・スレイター」に夢中。ウェイトレスの母アイリーン(マーセデス・ルール)と2人暮しの孤独な少年が信じられるのは、映画の中の夢の世界だけだった。ある日ダニーは、映写技師のニック(ロバート・プロスキー)の手伝いで、次回上映作「ジャック・スレイター」のフィルム・チェックに立ち会えることになった。ニックは、ダニーに一枚の光り輝くチケットを与えた。それは別世界へのパスポートだという。ひとり映画館の座席に身を沈めたダニーの前で映画は始まった。南カリフォルニアのギャングの大ボス、ヴィヴァルディの邸宅。そこでジャック・スレイターの又従弟フランク(アート・カーニー)が痛めつけられている。彼の前に組織の殺し屋ベネディクト(チャールズ・ダンス)が不気味な姿を現した。スレイターが現れた時、フランクは虫の息の下から組織の動きを伝えてこと切れた。怒りのスレイターは逃げる殺し屋たちを追撃する。その時、ダニーの魔法のチケットが輝き、ダニーはスクリーンの中の世界に呑みこまれた。突然現れた見知らぬ少年に目を丸くするスレイター。ダニーは凄場面の連続に大喜びする。前後の展開をよく知っているダニーを不思議がるスレイターと上司のデッカー警部補(フランク・マクレー)。デッカーはスレイターに、ダニーと一日パートナーを組むよう命じた。ダニーはスレイターをヴィヴァルディの屋敷へ案内した。出てきたベネディクトと火花を散らす。ヴィヴァルディはベネディクトにスレイターの抹殺を命じた。その頃スレイターはダニーを連れて別れた妻の家へ。そこへ、ベネディクトたちが侵入してきた。ダニーはチケットが入った財布をベネティクトに巻き上げられ、相変わらず大暴れしてしまったスレイターはデッカーに警察バッジを取り上げられてしまう。しかし、ダニーからヴィヴァルディ一味の大虐殺計画の予兆を伝えられたスレイターは超人的な活躍で粉砕。ベネディクトは、ヴィヴァルディを射殺すると、魔法のチケットの力で現実の世界へ逃げこんでしまう。ダニーとスレイターもそれを追うが、ベネティクトは映画の世界から、スレイターの子供を殺したザ・リッパー(トミー・ヌーナン)を連れ出し、スレイターを演じる現実のスター、シュワルツェネッガーを殺してしまおうと、スレイター・シリーズ最新作のブレミア会場へと向かった。ダニーとスレイターも駆けつけ、2人を倒すが、スレイターはベネディクトに撃たれ重傷を負う。ダニーはパンドラの受付に残っていた魔法のチケットの半券を使い、スレイターを映画の世界の中に戻した。そしてスクリーンの中では、スーパー・コップ、ジャック・スレイターの物語は続いていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5BS朝日吹替版鑑賞。 シュワちゃん好きの少年がシュワちゃん映画の世...

2020年4月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

BS朝日吹替版鑑賞。
シュワちゃん好きの少年がシュワちゃん映画の世界に入り込む。面白い設定だ。ズバズバと映画世界の内容を言い当てる少年。前半はワクワクした。しかし、アニメの同僚、ETパロディあたりからおかしくなり始める。やりすぎだ。そしてちと、長い。
誰もが楽しめる作品にしたかったようだが、それよりアクションでバンバン攻めて欲しかった。コメディとしては中途半端だ。小ネタはいいが、マニアックでよくわからないものも多い。
ところであの死神は今も現実の世界なのか(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0古き良き時代感たっぷり

2020年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

単純

寝られる

映画ファンの少年が映画の世界に入って一緒に事件に立ち向かうストーリー。
シュワちゃんファンには楽しい映画かも。
私はファンではないけれど、なんか古臭い演出が妙に楽しめましたw

■1993年公開ですが、この映画の時代感は80年代っぽい印象ですね。
自転車のハンドルにポンポンのふさふさ付けてるのとか妙にウケましたw

■シュワちゃんだったから最後見れたけど・・
他の役者さんだったら、果たして最後まで見れただろうか・・・
駄作だとは思うんですよw
でも子供の頃に観てたら最高に面白かったんだと思う。
要するに子供向けって事ですゎw

所々に笑いの要素も入れてるし、発想も悪くないんですけどね。
夢があるファンタジーアクション映画なんだけどなぁ~
だけども・・つまらない(;´∀`)
シュワちゃんファンにはお勧めw

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
▼・ᴥ・▼ marron

0.5今の時代には合ってないかも

yta07さん
2020年1月9日
iPhoneアプリから投稿

年末深夜にテレビ放送していた。
20年近く前の作品なので仕方ないのかもしれないが、見ていて恥ずかしいほどクサい台詞、読める展開、不自然な爆発、あからさまなCG。

ただ、映画の展開を皮肉ったものや、ヒットした映画を絡めながらのストーリーはおもしろい。

公開当時なら楽しめたのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
yta07

4.0不思議な魅力が詰まった作品

2019年12月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館、TV地上波

楽しい

何せ、本人と本人が演じてる役が交錯すると自嘲気味のセリフが飛び出すと言うセルフパロディがそこかしこで炸裂する。
観ている観客が言いそうな事がまともに飛び出すのは笑ってしまう。
そりゃそうだ、1980~90年代のアクション映画はあんな作品が山ほどあった。
主人公の補正やご都合主義など、ほんとうに頭空っぽにして観るのが礼儀だった。

古き良きアクションの嗜み方を主人公の少年が示してくれる。
このオーバーアクション(笑)
特に意味のないかっこいいだけのセリフ(笑)

それで良いんだ。
これはシュワルツェネッガー主演作品なのだから…。
公開当時はシュワルツェネッガー観に行って、注文通り、期待通りのシュワルツェネッガーを観られて満足したものだったが、久々に地上波で放送してて見たら懐かしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(コロナが当たり前の世界)
すべての映画レビューを見る(全21件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「シュワルツェネッガー ラスト・アクション・ヒーロー」以外にこんな作品をCheck-inしています。