欲望の翼

ALLTIME BEST

劇場公開日

欲望の翼

解説

ウォン・カーウァイ監督が1990年に手がけた長編第2作で、1960年代の香港で若者たちが織り成す恋愛模様を疾走感あふれる映像美で描き、カーウァイ監督の名を一躍世界に知らしめた青春群像劇。ヨディはサッカー場で売り子をしていたスーに声をかけ、ふたりは恋に落ちる。しかしヨディは、自分が実の母親を知らないことに複雑な思いを抱えていた。スーと別れたヨディは、ナイトクラブでダンサーとして働くミミと一夜をともにする。部屋を出たミミはヨディの親友サブと出くわし、サブは彼女に一目ぼれする。夜間巡回中の警官タイドはスーに思いを寄せるが、スーはヨディのことを忘れられずにいた。キャストにはレスリー・チャン、マギー・チャン、カリーナ・ラウ、トニー・レオン、アンディ・ラウ、ジャッキー・チュンら香港映画界を代表する人気スターが集結。日本初公開は92年。2018年2月、Bunkamuraル・シネマほかにてデジタルリマスター版が公開。

1990年製作/95分/香港
原題:阿飛正傳 Days of Being Wild
配給:ハーク
日本初公開:1992年3月28日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)1990 East Asia Films Distribution Limited and eSun.com Limited. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.0香港映画の“熱気”が伝わってくる奇跡的な傑作

和田隆さん
2020年9月4日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
和田隆

3.5【”君との一分を忘れない・・。”死ぬまで欲望のままに飛ぶ、屈託した想いを抱える男を軸にした、スタイリッシュで虚無感が漂う、異色の香港青春映画。】

NOBUさん
2022年7月19日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

知的

難しい

■実の母を知らず、心が通じない義母と暮らす屈託した想いを心に抱えて生きる男・ヨディ(レスリー・チャン)。
 彼はサッカー場で働くスー(マギー・チャン)と恋仲になるが、堅実な関係を望む彼女の気持ちに応えられない。
 一方、別れてもヨディを忘れられないスー。
 夜間巡回中の警官・タイド(アンディ・ラウ)は、そんな彼女に徐々に想いを寄せていく。

◆感想

・全体的に、虚無感が漂う映画である。だが、その雰囲気の中に流れるラテンミュージックが印象的である。

・屈託した想いを心に抱えて生きる男・ヨディは、”一分は、短いが長い・・”等と、スーに声を掛け、あっと言う間に、彼女の心を惹きつけるシーンなどは、気障と言っても良い程である。

・ヨディは、スーと結婚する気などサラサラなく、別の女ミミ(カリーナ・ラウ)とも遊び半分で、付き合い始める。

<今作は、ウォン・カーウァイ監督のスタイリッシュ且つスノビズムが横溢している作品である。(ヨディが実の母に会いに行き、会って貰えず振り返りもせずに歩き去るシーンなど。)
 ストーリー展開は粗い。
 だが、不思議な魅力を湛える作品である。
 ラスト、トニー・レオンが登場し、映画は終わるが、続編を考えていたのかな・・。

 故レスリー・チャン、カリーナ・ラウ、マギー・チャン、ジャッキー・チュン、トニー・レオン、アンディ・ラウという、香港のスター勢揃いの作品でもある。>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
NOBU

1.0プチストーカーだらけ

2022年1月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

ストーリー:金持ちの養母に育てられた青年は寂しげな雰囲気もあってやけにもてる。女を取っ替え引っ替え。養母の愛憎を振り切り実の親を探したい。

どうにもこうにも陰鬱でついてゆけない。見る人見る日の体調によって受け止め方は違うかもしれないが、とにかくもう私には無理です。
明るい女が出てくるとほっとする。

今週の気付いた事:水の使い方が下手な映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら

2.5うら寂しい雰囲気が漂う卑屈な主人公と女性たち

M.Joeさん
2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

花様年華のマギー・チャン、トニー・レオンが出演しているとあって見てみた。ストーリーとしては何かを抱え身勝手な主人公(レスリー・チャン)と、彼を愛する二人の女性の話であるが、主人公の生みの母捜しの段階から違う様相を呈してくる。
私には前半の恋愛映画としては、夜かビルの中、雨で、うら寂しい雰囲気が漂い、とても卑屈でこじれた感がある。女性たちの愛する気持ちは、どこから来るのか。それが伝わってこなかった。私には女性たちも現実を見てこの男と早くケリをつければいいのにと思ってしましました。
私の好きなラテン音楽がところどころで挿入され、主人公が一人ステップするシーンが良かったが、それ以上のものでなかったのが残念。男女で踊るわけではない。
後半の展開もそれほどのものではなかった。

Netflix

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
M.Joe
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る