欲情の媚薬

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

一夜の過ちから殺人事件に巻き込まれる男の姿を描いたサスペンス。監督は「スリー・オブ・ハーツ」のユレク・ボガエヴィッチ。製作はスコット・エインビンダー、キャロル・コッテンブルック、「ブロンドの標的」のスティーヴン・ポール。脚本はJ・S・カルドンとデイヴィッド・ウォマークの原案を基にカルドンとユレク・ボガエヴィッチが執筆。製作総指揮はハンク・ポール、カルドンとウォマークの共同。撮影はエリクソン・コア。音楽はマイカル・ロレンク。美術はジャック・ユベール。編集はゲイル・ヤスナガ。衣裳はパリス・リビーがそれぞれ担当。主演は「ダブルチーム」のミッキー・ローク。共演は「シザーハンズ」のアンソニー・マイケル・ホール、「クライシス2050」のアナベル・スコフィールド、「蘭の女」で共演後ローク夫人となったキャリー・オーティスほか。

1996年製作/99分/アメリカ
原題:Exit in Red
配給:コムストック配給(フジテレビジョン=ポニーキャニオン=コムストック提供)

ストーリー

ロサンゼルスの精神科医エド・アルトマン(ミッキー・ローク)は、関係した女性患者が謎の死を遂げたため、パーム・スプリングスへ移った。恋人で弁護士のケイト(キャリー・オーティス)は彼を助けてくれはするが、気持ちは離れている。そんなある日。片田舎の酒場で彼はアリー(アナベル・スコフィールド)というセクシーな美女と知り合う。彼は彼女と一夜を共にするが、それは罠だった。富豪の若い妻である彼女は、愛人で前科者のニック(アンソニー・マイケル・ホール)と共謀して、夫殺しの計画にエドを引きずり込んだのだ。彼を証人に仕立てようという作戦だったが、エドはそれに気づくと、自分に接近してきたニックを叩きのめしてアリーの企みを聞き出した。そこへ奪い取った札束を持ってアリーが現れ、エドは二人に強要されるまま、車を走らせる。だが、警察の検問の前でアリーとニックは互いに撃ち合って果てた。エドは苦い思いをかみしめた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • ジェーン・ドウの解剖
  • エンド・オブ・トンネル
  • ブリムストーン
  • アルカディア
  • トレジャーハンター・クミコ
  • ジュピターズ・ムーン
  • オッズ
  • ブルー・マインド
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る