野郎どもと女たち

劇場公開日

0%
17%
17%
33%
33%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

原作はニューヨークの下町を舞台にアメリカ的風俗詩を描いた短編小説作家デーモン・ラニョンの“サラ・ブラウン嬢の挿話”で、ジョー・スワーリングとエイブ・バロウズがミュージカル・プレイにアダプトし、1950年ブロードウェイで上演した。スワーリングとバロウズの台本から、「裸足の伯爵夫人」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色・監督した。撮影は「トロイのヘレン」ノハリー・ストラドリング、作詩・作曲は舞台同様「アンデルセン物語」のフランク・ローサー、音楽監督と演奏指揮はジェイ・ブラックトン、舞踏振付けは「いつも上天気」に自身出演した「略奪された7人の花嫁」のマイケル・キッド。主な出演者は、「デジレ」で共演したマーロン・ブランドとジーン・シモンズ、「見知らぬ人でなく」のフランク・シナトラの他、舞台で同役を演じたヴィヴィアン・ブレイン、スタッビー・ケイ、B・S・プリイ、ジョニー・シルヴァなど。サミュエル・ゴールドウィン製作。

1955年製作/150分/アメリカ
原題:Guys and Dolls
配給:MGM

ストーリー

タイムス・スクエア近くの街頭で、サラ・ブラウン(ジーン・シモンズ)という救世軍の女軍曹が、魂を救うにはわが許に来たれと熱弁を振っていた。その頃、お調子屋のジョンスン(スタッビー・ケイ)と南街のベニイ(ジョニー・シルヴァ)の2人は、お馬のハリー(シェルドン・レオナード)に出逢った。ハリーは、ネイザン・デトロイド(フランク・シナトラ)の賽ころ博奕の賭場を探していると言ったが、ネイザンは場所を変えて警察の目を逃れていた。ジョンスンとベニイの2人は理髪屋でネイザンを探しているブラニガン警部(ロバート・キース)に出逢ったが、警部は今にネイザンの賭場を押えてやると言った。ネイザンは近頃シケていた。場所を貸してやろうというジョイは、前金1000ドル出せば車庫を貸すと言う。お蔭で、14年も婚約している恋人アデレイド(ヴィヴィアン・ブレイン)にプレゼントすらできない。彼は、町に大博奕打ちのスカイ・マスタスン(マーロン・ブランド)が来ていると知り、彼に1000ドルの賭をしないかと云うが仲々乗らない。この時街を救世軍の楽隊が通った。ネイザンは先頭のサラを指して、彼女をハバナへ連れて行けるかどうか1000ドルの賭をしようと言い、スカイは承知した。サラの伝道はさっぱりで、辞職してボストンに帰ろうかと考えていた。そこへスカイが入って来て、罪人を12人連れて来ようと約束し、サラは深夜大集会を盛会にできると思い承知した。スカイはサラをキューバに連れ出していたが彼女の純真さと愛を知り、手をつけずにその夜遅く2人でニューヨークに帰った。伝道所に帰ると、警察の車が来て中から出て来た博奕屋どもを捕えた。サラはスカイも一味と思いこんだが、楽隊員のアヴィド(R・トーミィ)からスカイは一味と関係がないときいた。お調子屋とスカイが秘密の賭場に行くとビッグ・ジュールのインチキ賽でネイザンが裸にされていた。スカイが12人の罪人のことを話しても皆嫌がって応じない。止むなくスカイは、たった1度の博奕でこれを決めることにした。夜半2分前、カートライト将軍とサラの前に、博奕屋がぞろぞろと現われた。彼らが懺悔している最中、ブラニガン警部が飛び込んできて、伝道所を賭場にした、と息まいたがサラの証言で疑いは晴れた。サラはスカイを探す途中、ネイザンを追い求めていたアデレイドに出会い、自分達の誤解を認めた。やがて、ミンディ料理店では、ニューヨーク中の野郎共と女たちの列席の上、2組の結婚式が挙げられた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

ノミネート

撮影賞(カラー) ハリー・ストラドリング
作曲賞(ミュージカル) ジェイ・ブラックトン シリル・J・モックリッジ
衣装デザイン賞(カラー) アイリーン・シャラフ
美術賞(カラー)  

第13回 ゴールデングローブ賞(1956年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジーン・シモンズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0KISSじゃない方のジーン・シモンズ

としさん
2020年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年11月14日
映画 #野郎どもと女たち (1955年)鑑賞
#マーロン・ブランド と #フランク・シナトラ が組んだミュージカル
ま、話は単純なんだけどミュージカルなんで時間は長い
一番印象的なのはヒロインの #ジーン・シモンズ がとてもキレイだったこと
他にもいろいろ出てるようだけど印象なかったな

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

1.0やっぱミュージカルは苦手だ。

エイジさん
2015年3月10日
Androidアプリから投稿

単純

う~ん。やっぱミュージカル風映画は苦手だ~。マーロンブランドやフランクシナトラが出演してるからちょい我慢出来るかと思ったけど無理でした(笑)ミュージカル映画って映画に入り込めない所が苦手だ。ストーリーもそんなに展開も無く。飽きて止めてしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
エイジ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る