ポカホンタス

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ポカホンタス
10%
49%
31%
9%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカ先住民族の娘とイギリス人探検家の運命的な恋を、ミュージカル・タッチで描いたディズニーの長編アニメ第33作。監督は「ビアンカの冒険 ゴールデン・イーグルを救え」のマイク・ガブリエルと、「アラジン」の作画監督を務め本作が初監督となるエリック・ゴールドバーグの共同。脚本はカール・バインダー、スザンナ・グラント、フィリップ・ラズプニック。製作は、ブロードウェイの舞台で演出・製作・舞台監督などを務め、本作で映画に初進出したジェームズ・ペンデコスト。作画監督は「美女と野獣(1991)」「リトル・マーメイド」「アラジン」と、ディズニー第2の黄金期の作品群に参加したグレン・キーン。音楽はアカデミー音楽賞受賞の「アラジン」(アカデミー音楽賞受賞)のアラン・メンケンがスコアを書き、挿入歌の作詞は、ミュージカルの著名な作詞家スティーヴン・シュワルツ。主題歌はヴァネッサ・ウィリアムズのカラー・オブ・ザ・ウィンド』。声の出演は「マーヴェリック」の俳優メル・ギブソン、ネイティヴ・アメリカンの女優アイリーン・ベダード、「プレタポルテ」のリンダ・ハント、「若草物語(1994)」のクリスチャン・ベール、現代アメリカ先住民運動のリーダー的存在でもある俳優ラッセル・ミーンズ、「美女と野獣(1991)」のデイヴィッド・オグデン・スティアーズほか。第68回アカデミー賞で、音楽(ミュージカル・コメディ部門)、オリジナル主題歌の2部門を受賞。

1995年製作/81分/アメリカ
原題:Pocahontas
配給:ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン

ストーリー

1607年、ロンドン。勇敢な軍人ジョン・スミス(以下、声優:メル・ギブソン)は、ラドクリフ総督(デイヴィッド・オグデン・スティアーズ)率いる探検隊に参加。一行を乗せた帆船は、北米大陸のヴァージニア植民地を目指す。そこでは先住民族のパウアタン族が、自然と共存して平和に暮らしていた。パウアタン首長(ラッセル・ミーンズ)の一人娘ポカホンタス(アイリーン・ベダード)は、このところ、不思議な夢ばかり見ていた。精霊グランドマザー・ウィロー(リンダ・ハント)に助言を求めると、「その夢は、自分の進む道は自分で見つけろということさ」と言われる。上陸したスミスはポカホンタスと出会い、たちまち恋に落ちる。ポカホンタスは彼に自然と調和する生き方を教えた。一方、貪欲なラドクリフは金鉱を求めて土地を荒らし回った。パウアタン族は1人が撃たれて負傷したのをきっかけに戦闘体制をとり、両者は一触即発の状態に。その夜、ポカホンタスとスミスが逢引していると、彼女の身を案じた部族の戦士ココアムがスミスに襲いかかり、スミスの開拓者仲間トーマスに撃たれた。トーマスを逃がして捕まったスミスは、処刑されることに。ポカホンタスは「彼を殺すなら自分も殺して」と叫ぶ。首長はその姿にうたれ、殺し合いをやめると宣言。その時、ラドクリフは彼を狙って銃を撃つが、スミスは捨て身でかばって重傷を負う。開拓者たちはラドクリフを捕らえた。出航の日、スミスは「一緒に行こう」と言い、父も「自分の信じる道を進みなさい」と促した。だが、ポカホンタスはこの土地に留まる道を選び、愛する人を乗せた船をいつまでも見送った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第68回 アカデミー賞(1996年)

受賞

作曲賞(ミュージカル/コメディ) アラン・メンケン
主題歌賞

第53回 ゴールデングローブ賞(1996年)

受賞

最優秀主題歌賞

ノミネート

最優秀作曲賞 アラン・メンケン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0久々に観たがカラーオブウィンドの美しさはいつ観ても変わらない。内容...

2020年5月5日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

久々に観たがカラーオブウィンドの美しさはいつ観ても変わらない。内容はあまりない感じがするが、ミーコやハチドリが可愛い!先住民と開拓者との自然と発展との抗争を描いている作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あかねちん

5.0男のためのプリンセス映画???

tさん
2019年2月3日
PCから投稿

知的

本作は、当時の女の子に受けたのかな?
まるで、男のための「プリンセスもの」のように見えた。
(メル・ギブソンが声をやっているからか笑???)

最近のプリンセスもののパターンは、何かに束縛されたプリンセスが解放されるお話。
・・・がしかし、この映画、解放されているのは、むしろジョン・スミスのほうじゃね?と思った。
映画の序盤は、「外の世界へ出たいポカホンタス」が演出されるのだが、途中からその辺の設定がどうでも良くなってきて、中盤以降は、「クソ俗な社会から出たいジョン・スミス」の方が演出が濃い気がした。

劇中、ポカホンタスはジョン・スミスに対して、
「俗社会、既成概念にがんじがらめにされているのはむしろあんただぜ、ジョン・スミス。」と言わんばかりのミュージカル説教(笑)しますし・・・(笑)

「男は冒険を求めているんだ!」というメッセージがむしろ濃い気がする。
だって、ポカホンタスがすげー自由なんだもの。
この映画は、彼女を束縛するもの、の描写が弱い・・・というか、元々が自由なインディアンには合わないよね、その設定。

これ別に貶してるわけじゃなくて、インディアンの楽園であるアメリカ大陸の描写が美しいってだけの話。映画はとっても面白いです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t

2.0先住民族

kossyさん
2018年12月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ポカホンタスとであった冒険家ジョン・スミスはたちまち恋に落ちる。先住民族とイギリス人は均衡を保っていたが、2人が逢引する現場を目撃したポカホンタスの許婚が襲い、イギリス人のトーマスが撃ち殺してしまう。スミスは責任を取って自ら殺したと言って部族に捕らえられる。殺されそうになるがポカホンタスがかばうことになって・・・それでもイギリス人の非道さは、ここがチャンスだとばかりに攻撃開始。スミスが傷ついて本国に送り返されることになった。

 なんともベタな展開。ハチドリやアライグマを楽しいキャラに設定して、子供にわかりやすいような展開である。結局、スミスを見送るだけで終わってしまうポカホンタス。こういう選択をしたのは理解できるのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0カラー・オブ・ザ・ウィンドだけでも見る価値はあり

cure0101さん
2016年11月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

美しいアニメに音楽、ディズニーらしい作品。
続編の2のストーリーは賛否が分かれると思うが個人的には面白かった。
1のキャラが好きな人にはオススメ出来ないが…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
cure0101
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る