Born to beワイルド

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

全米ティーンのアイドル3人がみずみずしい少年たちを演じた感動ドラマ。野生動物の優れたドキュメンタリストであり、数々の映画、テレビ番組の監督・プロデューサーでもあるマーク・ストーファーの実体験をもとに映画化。監督は「エンジェルス」のウィリアム・ディア。脚本はストーファーの体験をもとにデイヴィッド・マイケル・ウィーガーが脚色。製作はマーク・ストーファーと「シティスリッカーズ」のアービー・スミス、ジェームズ・G・ロビンソン。製作総指揮は「ディアボリカ」のゲーリー・バーバー、ビル・トッドマン・Jr、「ポストマン」のスティーブ・ティッシュ。撮影は「ザ・ファントム」のデイヴィッド・バー。音楽は「ソルジャー」のジョエル・マクニーリー。美術は「クルーレス」のスティーヴン・ジョーダン。衣裳はマリー・E・マクレオド。主演は「ピノキオ」のジョナサン・テイラー・トーマス、「キャスパー」のデボン・ソーワ、「ポストマン」のスコット・ベアストー、共演は「暗闇のささやき」のジェイミー・シェリダン、「タイタニック」のフランシス・フィッシャーほか。

1997年製作/106分/アメリカ
原題:Wild America
配給:東宝東和

ストーリー

マーシャル(ジョナサン・テイラー・トーマス)、マーク(デボン・ソーワ)、マーティ(スコット・ベアストー)のストーファー三兄弟はアーカンソー州フォート・スミスで生まれた。映画が最高の娯楽であった60年代、兄弟の楽しみも8ミリフィルムを撮り、友人にその映像を見せること。三男のマーシャルはそのたびに危険なスタントを演じさせられた。ある夏、父のマーティ・シニア(ジェイミー・シェリダン)と母のアグネス(フランス・フィッシャー)が兄たちに16ミリのカメラを与える。マーティとマークは珍しい動物を撮影し、フィルムをテレビ会社に売ることを思いつく。マーシャルもこっそりついていき、兄弟たちの冒険が始まった。ボロボロの車に乗り、アメリカの大自然へ挑む兄弟。アリゲーターに襲われ、ヘラジカに追われながらも撮影を続けていた彼らは、熊が集団で冬眠するという伝説の洞窟にたどりつく。熊に襲われそうになりながら必死でカメラを回し、無事帰還。父の急な入院で一時は映画上映をあきらめた長男のマーティだったが、マーシャルの挑発で上映を決意。フィルムはつたないものだったが、上映会のあとに真っ先に拍手したのは父のマーティ・シニアだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「Born to beワイルド」以外にこんな作品をCheck-inしています。