ボーマルシェ フィガロの誕生

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

『フィガロの結婚』『セビリャの理髪師』などの劇作家にして、発明家・裁判官・実業家・武器商人、はたまた国際スパイと八面六臂の活躍で知られるピエール=オーギュスト・カロン・ド・ボーマルシェ(1732~99)の半生を描いた時代物。監督は「殺られる」などのフィルム・ノワールで名を挙げ、「Mr.レディMr.マダム」など、娯楽作で知られるベテラン、エドゥアール・モリナロ。製作は「死への逃避行」「しあわせはどこに」のシャルル・ガッソ。脚本・脚色・台詞は、サシャ・ギトリの未完成の原作戯曲を基に、モリナロとジャン=クロード・ブリスヴィルが執筆。撮影はミヒャエル・エップ、音楽は「チャタレイ夫人の恋人」のジャン=クロード・ブティ。美術はジャン=マルク・ケルデュリエ、編集はヴェロニク・パルネ、衣裳はシルヴィー・ド・セゴンザック。主演はエリック・ロメールの常連俳優として、主に名バイプレーヤーとして知られる「愛の報酬」のファブリス・ルキーニ。共演は「深夜カフェのピエール」のマニュエル・ブラン、「哀しみのスパイ」のサンドリーヌ・キベルラン、「シラノ・ド・ベルジュラック」のジャック・ウェベール、「夜のアトリエ」のクレール・ヌブーほか。また、「とまどい」のミシェル・セロー、「美しき諍い女」のミシェル・ピコリ、「百一夜」のジャン=クロード・ブリアリらベテラン勢も顔を見せる。

1996年製作/100分/フランス
原題:Beaumarchais, l'Insolent
配給:セテラ・インターナショナル

ストーリー

18世紀。パリ。ボーマルシェ(ファブリス・ルキーニ)は、貴族社会で異彩を放つ劇作家として、また自由人としての進歩的な発言と行動で民衆にも人気があった。そんな彼に敬服し、行動を共にするようになったのが、ボーマルシェが心服していた哲学者ヴォルテールの元から来た青年ギュダン(マニュエル・ブラン)。ボーマルシェの傍には、年の離れた愛人で進歩的な女性マリ=テレーズ(サンドリーヌ・キベルラン)が常にいた。裁判官もつとめるボーマルシェは、審議中に決闘を挑んできたショールヌ公爵(ジャック・ウェベール)相手に巧みな剣捌きを見せ、またも評判を高めた。そんな風評を聞いて、国王ルイ15世(ミシェル・セロー)はボーマルシェを呼び、スパイの仕事を命じた。英国に赴いた彼は、性別不明の敏腕スパイ、騎士デオン(クレール・ヌブー)と接触、重要文書を手に入れることに成功した。前途洋々の彼だったが、手がけたフランス座で上演した『セビリャの理髪師』は失敗、さしもの彼も挫折感を味わう。ボーマルシェは彼の支持者で病床にあったコンティ公(ミシェル・ピコリ)から、同作の主人公フィガロの続編を見たいと言われるが、これはギュダンの画策だった。二人の男の友情は、ボーマルシェの度重なる浮気に怒ったマリ=テレーズが、当てつけにギュダンと一夜を明かしても、破れることはなかった。かくして新作『フィガロの結婚』は完成したが、体制批判の多い内容に許可がなかなかおりず、前途は多難。初演日。落ち着かず、居合わせた司祭(ジャン=クロード・ブリアリ)に祈りを求めるボーマルシェ。不安がこうじて逃げ出そうとしても、外には彼のファンの群衆が彼を追い返す。幕明け。公演は大成功。観客の喝采に感動するボーマルシェ、そしてギュダンとマリ=クレール。だが、その場で彼は、国王の名前で逮捕された。獄中でギュダンに新たな上演を頼む手紙を綴る彼の元に、国王からの使者が釈放を告げる。ボーマルシェは「王と議会の皆さんが『フィガロの結婚』を見てくれたら出てもいい」と言うと、不敵な笑みを浮かべた。王は拒否しなかった。だが、これが後のフランス革命の第一歩だと知る者はいなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ボーマルシェ フィガロの誕生」以外にこんな作品をCheck-inしています。