ベルベット・ゴールドマイン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ベルベット・ゴールドマイン
9%
39%
45%
5%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

70年代前半に流行したグラム・ロック・ムーヴメントを背景に、あるスーパースターの肖像を描き出した一編。監督・脚本は「ポイズン」のトッド・ヘインズ。製作は「ポイズン」「KIDS」「I SHOT ANDY WARHOL」のクリスティーヌ・ヴァション。製作総指揮は「愛・アマチュア」のスコット・ミークと、アメリカを代表するロック・バンド“R.E.M.”のヴォーカリストであるマイケル・スタイプ、そしてサンディ・スターン。原案はジェームズ・ライオンズとトッド・ヘインズ。撮影は「ポイズン」「クラム」「モハメド・アリ かけがえのない日々」のマリース・アルベルティ。音楽監修は「KIDS」「普通じゃない」「ガンモ」のランドール・ポスター。作曲はカーター・バーウェル。美術はテレク・ジャーマン作品で知られるクリストファー・ホッブス。編集は「ポイズン」のジェイムズ・ライオンズ。衣裳は「マイケル・コリンズ」のサンティ・パウエル。出演は「普通じゃない」のユアン・マグレガー、「マイケル・コリンズ」のジョナサン・リース・マイヤーズ、「ハッピィブルー」のトニ・コレット、「ある貴婦人の肖像」のクリスチャン・べール、「アベンジャーズ」のエディ・イザード、「フル・モンティ」のエミリー・ウーフ、「英国式庭園殺人事件」のマイケル・フィーストほか。舞踏界の大物リンゼイ・ケンプも特別出演している。

1998年製作/124分/イギリス・アメリカ合作
原題:Velvet Goldmine
配給:日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=テレビ東京提供)

ストーリー

1984年、ニューヨーク。ヘラルド紙の記者アーサー(クリスチャン・べール)は、70年代初頭のロンドンでカリスマ的人気を誇ったロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイド(ジョナサン・リース・マイヤーズ)の追跡調査を編集長から依頼される。ブライアンは74年に暗殺されるが、実はそれは自ら仕組んだ偽装殺人だったことがやがて発覚し、スターの座を引きずり下ろされ、その後は行方不明になっていた。実は10代の頃、ブライアンの崇拝者だったアーサーは、物憂げな表情でかつてのロンドンを思い出していた。60年代後半のロンドン。ロック青年だったブライアンは、アメリカ人のマンディ(トニー・コレット)と結婚してからクラブで歌うようになり、やがてセシル(マイケル・フィースト)というエージェントもつく。そして71年、ブライアンはアメリカから来た“ワイルド・ラッツ”のヴォーカリスト、カート・ワイルド(ユアン・マグレガー)のステージに大きな衝撃を受けた。72年になり、レコード会社の社長ジェリー(エディ・イザード)が新しいマネージャーについたブライアンは、“ヴィーナス・イン・ファーズ”というバンドを従え、宇宙時代のキャラクター、マックスウェル・デイモンをステージで演じ、一躍カリスマに昇りつめた。ニューヨークでカートと再会したブライアンは、ドラッグとセックスにふける熱狂的な日々を過ごした。しかしブライアンは、マックスウェル・デイモンという架空の役柄を演じることに疲れ始めていた。やがてカートとはレコーディングをめぐって対立。行きづまったブライアンは、74年2月「ワールド・ツアーの最終日にステージ上で偽装暗殺される。しかし4か月後、狂言が発覚される。ファン達は皆激しく失望した。ブライアンは妻マンディとも離婚し、75年のグラム・ロック埋葬コンサートの客席に人目を忍んで現れたが、それ以来、消息を絶っていた。10年後、彼の行方を追うアーサー。やがて彼は、現在人気絶頂のロッカー、トミー・ストーンが、実はブライアンであったと気づく。トミーのコンサート会場を後にして小さなパブに入ったアーサーは、カートの姿を見つける。カートは、かってブライアンから譲り受けた、オスカー・ワイルドが持っていたという伝説のエメラルドのピンをアーサーに渡そうとするが、アーサーは自分にはその資格はないと断る。こうして、彼の自分探しの旅に一つのピリオドが打たれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

受賞

コンペティション部門
最優秀芸術貢献賞 トッド・ヘインズ

出品

コンペティション部門
出品作品 トッド・ヘインズ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0もっと、グラマラスにもっと、スキャンダラスに70'sロンドン、世界を変えられると思っていた。

2020年5月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年5月26日

映画 #ベルベット・ゴールドマイン (1998年)鑑賞

#デヴィッド・ボウイ と #イギー・ポップ をモデルにした映画と言われている

グラムロックの雰囲気は感じられる映画でしたが、ボウイがメジャー路線に走って、政府の犬になりさがるかのような描写はいただけない
レッツダンス!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たくはるあかね

2.0ボウイが楽曲提供を拒否

kossyさん
2018年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 デビッド・ボウイをモデルにしたグラムロック全盛期のイギリス。ビートルズがいなくなって模索していた時代だ。ちょうど音楽の本質よりもファッション性が重視され始めた頃、イギリスのロックシーンは退廃の一途を辿っていたように思う。失業率も10パーセントを超えていて、パンクロックが生まれたのもこの頃。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5stay gold

yuitosさん
2017年5月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

デヴィッド・ボウイとイギーポップを模したキャラの織りなすグラムロック全盛の煌びやかな黄金期。自由を得ようと世界と戦うつもりが己の創り上げた虚構に飲みこまれ、俗物へと成り下がる。精神性か金か。虚像に翻弄される嫁のセリフはクリスチャンベイル含む全員に言える事。惚れた側の負けなんだな。監督の愛と憎しみを感じる作品。人生はイメージだ。僕は君を狂わせる。エンドロールにトムヨーク居て驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yuitos

2.5ロックンロールの真似事

2017年2月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

単純

興奮

E・マクレガーがまんま"The Stooges"の曲を歌っているのはウケた。

ボウイ&イギーってな感じでコレがノンフィクションだったらロマンティックで素敵だが全てがマガイモノな雰囲気でPV的な場面もダサいとは言わないがパチモン感が大部分を占めちゃってる。

D・ボウイで"ジギー・スターダスト"でロックンロールの自殺者でボウイはI・ポップのプロデュースもしていたしネ。

今やオスカー俳優のC・ベイルも芋臭くてダサさ全開で田舎モン丸出し。

「トレインスポッティング」で一世を風靡してのコレだったからE・マクレガーは格好良かったが今やフォースの住人な訳で。

「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」か「ジギー・スターダスト」観てれば良し。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ベルベット・ゴールドマイン」以外にこんな作品をCheck-inしています。