ベルベット・ゴールドマイン

劇場公開日

13%
36%
46%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

70年代前半に流行したグラム・ロック・ムーヴメントを背景に、あるスーパースターの肖像を描き出した一編。監督・脚本は「ポイズン」のトッド・ヘインズ。製作は「ポイズン」「KIDS」「I SHOT ANDY WARHOL」のクリスティーヌ・ヴァション。製作総指揮は「愛・アマチュア」のスコット・ミークと、アメリカを代表するロック・バンド“R.E.M.”のヴォーカリストであるマイケル・スタイプ、そしてサンディ・スターン。原案はジェームズ・ライオンズとトッド・ヘインズ。撮影は「ポイズン」「クラム」「モハメド・アリ かけがえのない日々」のマリース・アルベルティ。音楽監修は「KIDS」「普通じゃない」「ガンモ」のランドール・ポスター。作曲はカーター・バーウェル。美術はテレク・ジャーマン作品で知られるクリストファー・ホッブス。編集は「ポイズン」のジェイムズ・ライオンズ。衣裳は「マイケル・コリンズ」のサンティ・パウエル。出演は「普通じゃない」のユアン・マグレガー、「マイケル・コリンズ」のジョナサン・リース・マイヤーズ、「ハッピィブルー」のトニ・コレット、「ある貴婦人の肖像」のクリスチャン・べール、「アベンジャーズ」のエディ・イザード、「フル・モンティ」のエミリー・ウーフ、「英国式庭園殺人事件」のマイケル・フィーストほか。舞踏界の大物リンゼイ・ケンプも特別出演している。

1998年製作/124分/イギリス・アメリカ合作
原題:Velvet Goldmine
配給:日本ヘラルド映画配給(日本ヘラルド映画=テレビ東京提供)

ストーリー

1984年、ニューヨーク。ヘラルド紙の記者アーサー(クリスチャン・べール)は、70年代初頭のロンドンでカリスマ的人気を誇ったロック・ミュージシャン、ブライアン・スレイド(ジョナサン・リース・マイヤーズ)の追跡調査を編集長から依頼される。ブライアンは74年に暗殺されるが、実はそれは自ら仕組んだ偽装殺人だったことがやがて発覚し、スターの座を引きずり下ろされ、その後は行方不明になっていた。実は10代の頃、ブライアンの崇拝者だったアーサーは、物憂げな表情でかつてのロンドンを思い出していた。60年代後半のロンドン。ロック青年だったブライアンは、アメリカ人のマンディ(トニー・コレット)と結婚してからクラブで歌うようになり、やがてセシル(マイケル・フィースト)というエージェントもつく。そして71年、ブライアンはアメリカから来た“ワイルド・ラッツ”のヴォーカリスト、カート・ワイルド(ユアン・マグレガー)のステージに大きな衝撃を受けた。72年になり、レコード会社の社長ジェリー(エディ・イザード)が新しいマネージャーについたブライアンは、“ヴィーナス・イン・ファーズ”というバンドを従え、宇宙時代のキャラクター、マックスウェル・デイモンをステージで演じ、一躍カリスマに昇りつめた。ニューヨークでカートと再会したブライアンは、ドラッグとセックスにふける熱狂的な日々を過ごした。しかしブライアンは、マックスウェル・デイモンという架空の役柄を演じることに疲れ始めていた。やがてカートとはレコーディングをめぐって対立。行きづまったブライアンは、74年2月「ワールド・ツアーの最終日にステージ上で偽装暗殺される。しかし4か月後、狂言が発覚される。ファン達は皆激しく失望した。ブライアンは妻マンディとも離婚し、75年のグラム・ロック埋葬コンサートの客席に人目を忍んで現れたが、それ以来、消息を絶っていた。10年後、彼の行方を追うアーサー。やがて彼は、現在人気絶頂のロッカー、トミー・ストーンが、実はブライアンであったと気づく。トミーのコンサート会場を後にして小さなパブに入ったアーサーは、カートの姿を見つける。カートは、かってブライアンから譲り受けた、オスカー・ワイルドが持っていたという伝説のエメラルドのピンをアーサーに渡そうとするが、アーサーは自分にはその資格はないと断る。こうして、彼の自分探しの旅に一つのピリオドが打たれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第51回 カンヌ国際映画祭(1998年)

受賞

コンペティション部門
最優秀芸術貢献賞 トッド・ヘインズ

出品

コンペティション部門
出品作品 トッド・ヘインズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0よすぎ

TK_Filmさん
2022年4月17日
スマートフォンから投稿

楽しい

知的

萌える

10代の頃にアーサーが自分を発見する手がかりとなった音楽があって、それが何故か今では世の中から無くなってしまったし、自分も忘れようとして生きてきた、みたいなところで昔のことを思い出して解決する感じがとてもいい。その思い出はアーティストの関係者達の回想を軸に、ただのファンだったアーサーの思い出と融合して展開する。それを目にする映画の観客の自分も、それが自分の記憶かのように自分の中にイメージとして蓄積していって、深くのめり込んでしまう。すごく面白い体験だった。

デビッド・ボウイ云々というのは確かに重要だけど、それを知らない人が見ても楽しめる映画だと思う。音楽じゃなくても、思春期をふり返る郷愁に共感できると思う。というか、思春期に高まりがちな想像力みたいな、誰にも言えないけど日記に書いて自分で大事にしていたようなイメージや気持ちを、今でも大事にするのって大事だよな、と思わされました。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
TK_Film

4.5ジョナサンリースマイヤーズが最高だ。ユアンマクレガーはほんと歌上手い。

2022年2月14日
スマートフォンから投稿

ジョナサンリースマイヤーズが最高だ。ユアンマクレガーはほんと歌上手い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
collectible

5.0グラムロック

2021年9月26日
iPhoneアプリから投稿

個人的に無駄なぐらいに絢爛で大袈裟こそグラムロックだと思っています
その点でこの映画はグラムロックが何であるかを表現していると思います
グラムロック期のブライアンイーノならおかず無しでご飯三杯は食べれるという人にぴったりの名作

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あらいあらお

3.0「市民ケーン」を模した話術で語られるロックミュージック賛美の伝説映画

Gustavさん
2021年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

1970年前後に活躍した或るロックミュージシャンを追跡したノスタルジックな音楽映画。ロック音楽に詳しくないと充分楽しめないと思うが、オスカー・ワイルド的怪しげな色彩を帯びた美術やデヴィット・ボーイを想わせる独特な衣装と、映像的には個性豊かである。その斬新さとは裏腹に、彼を追い掛ける新聞記者のインタビューと半生を取り入れた構成の話術が、ウェルズの古典「市民ケーン」を参考にしたところがあり、作品としては確りしている。ラストシーンの伝説の歌手が月夜の雲に隠れるシーンが象徴する、不思議な魅力を持った映画。私的には、不得意分野故の限界がある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る