ブレインデッド

劇場公開日

39%
38%
19%
0%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

毒牙を持つ“ラットモンキー”のためにゾンビ化する人々の姿を描くスプラッタ・ホラー。監督は「ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス」のピーター・ジャクソン、製作はジム・ブース、スティーブン・シンクレアの原案をもとに、ジャクソン監督とシンクレア、フランシス・ウォルシュが共同で脚本を執筆。撮影はマレー・ミルネ、音楽はピーター・ダセントが担当。主演は舞台を中心に活動するティモシー・バルム、スペイン出身のダイアナ・ベニャルヴァール、ニュージーランドのヴェテラン人気女優エリザベス・ムーディ。

1992年製作/104分/ニュージーランド
原題:Braindead
配給:松竹富士

ストーリー

一九五七年、ニュージーランド。スマトラ群島の小島スカルに生息する毒牙の混血種“ラットモンキー”が、ウェリントン動物園にやって来た。雑貨屋のスペイン娘パキータ(ダイアナ・ベニャルヴァール)は、タロット占いの祖母が予言した“運命の恋人”ライオネル(ティモシー・バルム)を動物園に誘う。後をつけてきた彼の母ベラ(エリザベス・ムーディ)は、二人のキスを盗み見る際、ラットモンキーに噛まれてしまう。ベラの傷は悪化し、全身が腐り死を迎えたかに見えた。しかし彼女は蘇り、看護婦マクタヴィッシュ(ブレンダ・ケンドール)を噛み殺してしまう。ゾンビ化した二人をライオネルは地下室に軟禁する。母の葬式を終え、一安心と思いきや、再びベラは墓場で蘇り、不良青年とマクラダー神父(スチュアート・デヴァニー)が餌食となり、地下室の住人となる。そしてとんでもないことに、看護婦と神父の間にゾンビ・ベビー“セルウィン”まで誕生してしまった。一方、屋敷を狙うレス叔父さん(イアン・ワトキンス)が地下室の秘密を知り、屋敷を強引に譲り受け、大パーティーを催す。ゾンビたちの攻撃が始まり、パーティー客は続々と餌食となっていく。パキータとライオネルは叔父とともに交戦し、ゾンビたちを退治した。そして家を焼き捨てたライオネルは、恋人パキータを抱き寄せるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

映画レビュー

3.0微かなピュア、端整な構成。巧い。

2021年6月1日
iPhoneアプリから投稿

念願の初見。
楽しんだ。
チープで露悪な過剰の先に微かなピュアが有るらしいのが味噌。
乱雑の極みに見えて何故か端整で無駄の無い構成。
巧い。
ピージャクの成果は「乙女の祈り」「第9地区(製作)」だが、その起点がコレなのが面白い。
中古DVDの骨董価格程の値打ちは無いが。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きねまっきい

2.5芝刈り機は有能だなあ

散歩男さん
2019年12月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

噂には聞いてたこのタイトル。まじめに観てもしょうがない気もしたので前半は倍速で消化。ゾンビ化したのがウヨウヨ出てきて普通にみた。

ラスト20分の死闘は死霊のはらわた ミーツ 物体Xといったところ。即物的で倫理観が完全にぶっ壊れてむしろ爽快!ここまでふっきれた描写ができるのは並の感性ではない。演出した人間も演じた人間も尊敬に値する。

ピーター・ジャクソンはこれで名を売ったわけで、突き抜けることが重要だと教えてくれる映画ですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

4.0100人(?)斬り

kossyさん
2019年7月30日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

 前半の過保護の母親とマザコン青年、ドラッグストアの娘パキータの関係。それとゾンビ化した母親、看護婦、神父を隠し通そうとするライオネルに大笑い。究極のスプラッター・ゾンビ映画には恐怖心だけではなくお笑いの要素が不可欠だ。

 神父のカンフーシーンと、神父・看護婦のSEX狂いの上赤ん坊まで出来てしまうドタバタホラーも素晴らしい。ラストの芝刈り機での100人斬り(?)もすごい。ここまで来ると気持ちいいくらいトランスしてしまいそうになる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

4.5ぶっ飛びメーターが振り切っている

shotgunさん
2019年7月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

堅物の母親と暮らすライオネルは運命的な出会いをした女性と動物園に行くが…。
ピーター・ジャクソンの伝説的スプラッタ映画。前半部分は少し趣味が悪い程度の表現で済んでいたが終盤は完全にやりたい放題。あまりにもぶっ飛びすぎてて楽しいですが人にオススメはできない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shotgun
すべての映画レビューを見る(全12件)