フランツ・リスト 愛の夢

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

十九世紀ハンガリーが生んだ最高の作曲家フランツ・リストの生涯を、愛人カロリーナ・ビットゲンシュタイン侯爵夫人との恋を中心に描く。監督はマルトン・ケレチ、脚本はレオニード・デリ、イムレ・ケシ、撮影はイシュトヴァーン・ヒルデブラント、音楽はフェレンツ・ファルカス、ピアノ演奏はジョルジ・シフラ(リスト)、スビャトスラフ・リヒテル(ショパン、ベートーベン)が各々担当。出演はイムレ・シンコビッチ、アリアドナ・シェンゲラーヤ、クララ・ルーチコ、イーゴリ・ドミートリエフ、ラリーサ・トレムボベリスカヤ、イーゴリ・オーゼロフなど。

1971年製作/ソ連・ハンガリー合作
原題:Franz Liszt
配給:ヘラルド

ストーリー

ハンガリー生れのフランツ・リスト(I・シンコビッチ)は、幼い頃から天才ピアニストとしてずば抜けた才能をみせ、今は芸術の都パリでサロンの人気を集めていた。リストは、芸術に理解が深いマリー・ダグー伯爵夫人(K・ルーチコ)の励ましで、世界一のピアニストといわれるタールベルグとの弾きくらべに勝ち、センセーションを呼んだ。そして、夫を捨てたダグー夫人とリストは、新しい生活を築き、三人の子供を産んだ。ピアノの神様とたたえられ、ヨーロッパ各地の演奏会は輝やかしい成功の連続だった。そんな中で、どのコンサートにも必ず姿を見せ、熱い視線をリストに送る美女がいた。ロシアの貴族カロリーナ・ビットゲンシュタイン侯爵夫人(A・シュンゲラーヤ)である。十四年に渡るダグー夫人との生活にもピリオドが打たれた。ペテルブルクでの慈善演奏会で、大金を寄付して去ったカロリーナに礼をのべるために彼女の大邸宅を訪れたリストは、夫と別居し、音楽や書物に親しみながらわびしい生活を送るカロリーナの悲しげな瞳に惹かれた。芸術を語り、愛の夢にひたる毎日が続いた。リストにとってカロリーナこそ生涯捜し求めていた理想像であった。しかし結婚の前には多くの障害が横たわっていた。その頃リストは、音楽家にとって最高の栄誉であるワイマールのサクソン公国の音楽監督に任命された。彼は、カロリーナの愛を得て音楽の奥義をきわめようとした。カロリーナは愛のない夫と離婚し、リストと結ばれる糸口をワイマール大公妃に求めようとした。革命と戦争でごったがえしている中、離婚許可はおりなかった。彼女は激しいショックのあまり、宗教生活に入った。年月は流れた。年をとって身体が弱ったリストは祖国ハンガリーに戻り、国立音楽アカデミーの総裁として後進の指導に当ることになった。しかし、カロリーナの面影は忘れることができず、ある日突然彼女を訪ねる。カロリーナは別離してからのリストの作曲活動をきびしく批判した。それは愛すればこその言葉だった。これが生涯の別れとなり、間もなくリストは七十四歳の生命を閉じた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「フランツ・リスト 愛の夢」以外にこんな作品をCheck-inしています。