海辺の生と死

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
海辺の生と死
8%
43%
32%
10%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

極限まで追い詰められた夫婦の姿を描き、小栗康平監督により映画化もされた島尾敏雄の私小説「死の棘」に、敏雄の妻である島尾ミホの小説「海辺の生と死」や敏雄による短編小説「島の果て」などの内容を織り交ぜ、敏雄とミホをモデルとした男女が出会い、2人が結ばれるまでの時間を満島ひかり主演で描く。第2次世界大戦末期の奄美群島・加計呂麻島(かけろまじま)。朔(さく)隊長率いる海軍特攻艇の部隊が島に駐屯することとなった。国民学校教師であるトエは、島の子どもたちからも慕われ、隊員たちとの酒盛りよりも島唄を習いたがる朔という男の姿を好意をもって見つめていた。ある日、トエは朔から「今夜9時頃浜辺に来て下さい」と記された一通の手紙を受け取る。その手紙にトエは胸の高鳴りを感じていた。島尾ミホをモデルとした主人公トエ役を満島が演じる。監督は「かぞくのくに」などでプロデューサーを務め、「アレノ」で監督デビューを果たした越川道夫。

2017年製作/155分/G/日本
配給:フルモテルモ、スターサンズ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

インタビュー

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14

(C)2017 島尾ミホ/島尾敏雄/株式会社ユマニテ

映画レビュー

4.0満島ひかり覚悟の演技

カメさん
2019年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:4.0
私はこの作品を見て初めて心底、戦争が憎く、そして当時のアメリカを恨みました。
数多の特攻隊や戦争映画がありますが、そういった気持ちになるのは初めてです。
このテーマは時代がどんなに移り変わっても、伝えいく必要がある普遍的なテーマだと感じます。選択肢が無いまま死んでいった人達の為に。
選択肢が無くなった若い2人の恋。それは死という絶対的な事柄を前に、2人を盲目的にさせたのか、それともよりクリアに真っ直ぐな気持ちさせたのか。おそらく後者であると感じる。
満島ひかりの真っ直ぐな演技が胸に刺さり、当時の現実がリアルに押し寄せる。
虫や鳥は今日も変わらず鳴き続ける。波は変わらず今日も寄せては返す。島民だけが自分達が決めたルールで死んでいく。
選択肢が無い、選択肢がないのですよ。村人の声が聞こえてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
カメ

3.5極限だから?

いつこさん
2018年12月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

生死の境にいるからこそ2人は恋に落ちたのだろうか。終戦後はすっかりその気もなくなってしまったという感じ。死に損ねて生きている意味も分からなくなってしまった?でも原作者夫婦の実話ということは結ばれたんだよなぁ。
終戦間際の沖縄の離島がどのような状況だったのか、リアルに伝わった。極限の状態でも時間はゆっくり流れ、歌も歌うし踊りも踊る。ただ台詞の間や沈黙の時間が長く、退屈に感じてそこまで島時間に浸ることはできなかった。満島ひかりの歌と裸は良かった。先生でも子供っぽくて、好きな人の前では子供のように甘えるのがまた可愛かった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いつこ

4.0戦争映画

2018年10月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

この作品はいわゆる戦争映画じゃないですね
「この世界の片隅に」の世界を民間人と兵隊さんの
日常に置き換えた作品。
満島ひかりのおっぱい観たい人はぜひ(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しげぼん

2.5戦時下のラブストーリー

2018年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

寝られる

第二次世界大戦の末期、奄美の女教師(満島ひかり)と海軍特攻隊士官(永山絢斗)の恋物語。
2時間半を超える大作で、熱演ではあるが、私のような感度の鈍い人間にはやはり退屈。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「海辺の生と死」以外にこんな作品をCheck-inしています。