ヒッチャー(1986)

劇場公開日

ヒッチャー(1986)
14%
57%
23%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ブレードランナー」のルトガー・ハウアーが謎の殺人ヒッチハイカーを怪演し大ヒットを記録したサスペンススリラー。陸送の仕事をするジム・ハルジーは、シカゴからサンディエゴへと向かう砂漠地帯で、1人のヒッチハイカーを拾う。その男ジョン・ライダーは、ハンドルを握るジムの喉元にナイフを突きつける。一瞬の隙を見てライダーを車から突き落としたものの、その後も彼は執拗にジムを付け狙う。警察やウェイトレスのナッシュも巻き込み、事態は最悪の方向へと転がっていく。主人公ジム役に「アウトサイダー」のC・トーマス・ハウエル。「ボディ・ターゲット」のロバート・ハーモン監督がメガホンをとった。2021年1月、東京・シネマート新宿ほかにてHDニューマスター版をリバイバル公開。

1986年製作/97分/アメリカ
原題:The Hitcher
配給:アンプラグド
日本初公開:1986年5月3日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)Filmverlag Fernsehjuwelen. All rights reserved.

映画レビュー

4.5リバイバルのおかげで改めて知った本作の美しさ

村山章さん
2021年2月28日
PCから投稿

なにせVHS時代の映画であり、テレビのロードショー番組で観た印象が強かったので、これほどまでに撮影の美しい映画だったのかと改めて気付かされた。

世の中には理由の有無に関わらず酷い暴力は存在していて、いつなんどき晒されるかわからないというテーマ性は、最近ならS・クレイグ・ザラー監督などに受け継がれている。決して短絡的なジャンル映画でないことはわかっていたつもりだが、『刑事ジョン・ブック 目撃者』でハリウッドデビューしたばかりのジョン・シールが撮影監督を務めたこともあって、ルックとしても妥協のない一級品に仕上がっている。B級のカルト作とは趣きが違う、堂々たるアート作品だと思う。

本作の立案者でもある脚本のエリック・レッドの監督作『ジャッカー』もドライブを主軸に置いたとても好きな映画だが、レッドも本作の監督ロバート・ハーモンも、その後のキャリアで本作を超えたとは言い難い。素材、演出、撮影、演技、すべてが揃ったことで、関わった誰もが思っていた以上のものが生まれてしまったのではないか。まさに映画が起こした奇跡のひとつだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.0詳述せずに恐怖を描く、引き算の美学

2021年1月6日
PCから投稿

初めて観たのは日曜洋画劇場か何かだった気がする。当時、小学生だった私はルトガー・ハウアー演じる謎の男が怖すぎて、途中で観るのをやめた。だが40代の今、ニューマスター版となって帰ってきた本作を再見すると、これがビックリするほど面白かった。かつては幼心に「どうして殺人鬼を乗せちゃうんだろう?」と不思議でならなかったが、改めて見ると、何も無い一本道で主人公がウトウト眠りかけ、眠気覚ましの話し相手が欲しくて彼を乗せたという、いわば心理的な流れがきちんと描かれていることに驚かされる。これに加え、本作の鑑賞中、頭の片隅にずっと「殺人鬼はもしかすると彼の分身なのでは?」という仮説が残存するのも面白い。何を描くか、描かないかを慎重に見極めた本作だからこそ、詳述しない部分がかえって観る側の想像力を刺激する。何もかもがたっぷりと過剰だった80年代、この引き算の美学を実践できた本作は凄いし、だからこそ恐ろしい。

コメントする
共感した! (共感した人 11 件)
牛津厚信

3.5【1986年の作品を2022年に観るからこそ勝手に騙される面白さがあるのかもしれない】

3104arataさん
2022年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

難しい

・1986年公開のアメリカのサイコ・サスペンス映画。
・AmazonPrimeで検索した時に、2021年と記載されていたので「あれ?1986年では?」と思ったのですが、どうやら、2021年にリバイバル上映されたようです。
・アルバイトで車を長距離陸送する主人公の青年ジムが、大雨の中、車を陸送中に一人のヒッチハイカー(自らをジョン・ライダーと名乗る)を拾うのですが、目的地を訊いても答えずに静かに茶化すだけ。そのまま車を走らせると、何もない場所で停止している車を見つけたので、再び止まろうとするジムに「止まるな」と命令し、ジムのアクセルを踏む足を手で押して車を走らせようとするジョン。不可解に思いその理由を尋ねると「さっきヒッチハイクした車。持ち主の手足、頭を分解したからもう歩けないよ。君もこれからそうなる」という趣旨の恐ろしい答えが返ってきた。それをきっかけにジョンから逃げるジムの話が始まる。途中、ジョンは他の人をどんどんと殺していくが、警察に殺人犯として疑われるのは逃げているはずのジム。一体どういうことなのか。ジョンとはいったい。 という大枠ストーリー。

[お薦めのポイント]
・絶妙なフェイクで観客の混乱を誘う(もしかしたらフェイクしている気がないのかもしれませんが笑)
・真相を、結末を観たくて目が離せなくなります。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

[物語]
・言い過ぎてしまうとネタバレになってしまうので控えますが、恐らく、サスペンス好きの人ならば中盤辺りに「なぜジョンではなく青年ジムが警察に追われているのか」という疑問に対して「ある結論」を推察すると思います。しかし、その推察に対する根拠の決定打もなく物語が進んでいくと「では一体どういう状況?思わせぶりなフェイクか?」と混乱させられると思います。その先の結末は、観てのお楽しみ、という事で。笑
・個人的には、「想像の風呂敷を広げられたわりに、割と単純な終わり方」で肩透かし感をくらいました💦が、もしかしたら、勝手にこっちが想像を膨らませただけで、制作者の意図はなかったのかもしれませんので、自己中な肩透かしかもしれません。笑 にしても、そのような想像を膨らませる幅を持たせてくれていたので、最後まで「で結局真相は?結末は?どうなのよ!」と目が離せなくなりました。そういう意味ではしてやられた(引き込まれた)物語でした。

[演出]
・映画「激突」のような緊迫感もありつつ、それだけではないんです。一旦、気持ちを緩ませたところで、ホラーのようにズズズゥーっと恐怖が追いかけてくるような物語の構成や演出。緩急がしっかりしたサイコ×ホラー×サスペンスと言っても過言ではないかと。

[映像]
・1980年代の映画なので、もちろん映像は粗目です。でも、物語や演出・演技のおかげで、2022年現在もなんの問題なく物語に没頭できました。

[音楽]
・舞台が何もない田舎の一本道。時おり、モーテルやドライブインなどがある程度。何もない寂しさの中で、サイコなキャラクターに追われる状況を、余計なBGMを省いて表現することで、その世界に没頭できた気がします。音を極力省くことも意味のある演出だなぁ、と改めて感じました。所々、差し込まれるBGMは1980年代のサスペンス~って感じの曲目でした。それもまたある意味雰囲気があってよかったです。

[演技・配役]
・ジムを演じる「C・トーマス・ハウエル」さん、ジョンを演じる「ルトガー・ハウアー」さん。どちらも凄い!ばっちりの配役だと思いました。
・トーマスさんは、最初は本当にしがないアルバイターにしか見えないのですが、後半になるにつれて、かっこよい青年に見えてきます。たった100分程度の映画の中でこうも最初最後の印象が異なるように魅せる演技は(もちろん演出も)やはり素敵です。
・一方、ルトガーさんは終始不気味な人を演じきってくれています。でも、よくあるサイコ映画のように「ただ不気味で不死身」な感じとはちょっと違うんです。どこか人っぽさも混じっていて、内に秘めたサイコな部分はぱっと見では表面に出ていないのですが、ちょっとのぞき込むとサイコが渦巻いている感じ?よくあるサイコパス像とはかけ離れた人物を演じられている気がして、感じたことのない恐怖(≒見ごたえ)を感じました。いやぁ、最後まで謎なキャラでしたが、その演技は凄かったです。

[全体]
・色んな思考を張り巡らせながら、恐怖に震えながら、緊迫感にドキドキしながら、約100分間を愉しませてもらいました。オチは賛否両論あるかと思います。世の中では、どんどん色んなサイコ映画、サスペンス映画が生まれているので、結論付けに対する求めるものも増えてきているからです。同じ土俵で1980年代の映画を評価してはならないとは思いつつ、鑑賞するとどうしても期待してしまうものですね💦 ただ、その部分を差し引いても、見ごたえのある映画だったと思いますし、むしろ観客の目が肥えてきた今だからこそ「勝手にフェイクにハマれる」面白さとなっているのかもしれません。
・まずは、100分間のハラハラ、ドキドキ、どうなるの?を単純に楽しめるエンタメ作品として、一度鑑賞されてみてはいかがでしょうか。ありがとうございました。

#映画 #ヒッチャー #TheHitcher #1986年 #アメリカ映画 #洋画 #サイコ #サスペンス #スリラー #ロバート・ハーモン監督 #エリック・レッド脚本 #C・トーマス・ハウエル #ルトガー・ハウアー #
#全体3.6 #物語3.5 #演出3.5 #演技3.8 #配役3.7 #映像3.6 #音楽3.5

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
3104arata

4.0胸をえぐられるようなスリラー

2022年3月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

凄い映画でした。

雨の夜に一人のヒッチハイカーを車に乗せた事により、ドライバーの青年に悲劇が訪れる。

謎の連続殺人鬼に目をつけられてしまった青年。
逃げても逃げても執拗にいかけてくる男。
まるでスピルバーグ監督の「激突!」を更に凶悪に、恐ろしくしたような感じ。

ハッピーな展開ばかりが映画じゃない、と言わせるかのような絶望感と、冷酷で残忍な殺人を何とも思わない非道さは見る者の心をえぐられます。

猟奇的殺人映画の先駆けのような今作は、世界中の様々な有名監督たちも絶賛。
もしかしたらあの名作映画の登場人物も、この作品の影響を受けているのかもしれません。

乗せたら最期、死のドライブが始まる……

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
びぃあぃじぃ
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ヒッチャー(1986)」以外にこんな作品をCheck-inしています。