美女と野獣(1946)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
46%
36%
9%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

詩人ジャン・コクトーがシネマへその触手を伸ばして来るであろうことは当然考えられていたことだが、どんなジャンルにその触手を伸ばしてもコクトーでなければならない功績を残している彼がシネマの世界へ何をもらたすか、これが最も興味深い所であった。これまでに彼がシネマに関係した作品は四本あるが、第四作の「美女と野獣」では台本だけでなく演出までやっている。題材は十八世紀のありふれたおとぎばなしであり、彼自身巻頭タイトルに自筆で「世界は今あらゆるものを破壊し去ろうと熱中しているが、おとぎばなしが天国へ寝そべったまま連れて行ってくれたあの少年時代の信頼感と素直さとを取りもどしたい」という意味のことを述べてはいるが、何事も一筋なわでは行かぬコクトーのことである。この映画で彼が何を描写しようとしたか、これを探し出すことは誠に津々たる興味をそそるものである。美術のクリスチャン・ベラアル、作曲のジョルジュ・オーリックその他一流のスタッフの一丸となって創り出した交響詩的なニュアンスは旧来の映画にはなかった香気を充満させている。主演のジャン・マレーはコクトーに見出された新しい二枚目で日本では初めての顔。なおこの映画は1946年フランス映画コンクールの授賞作品で巴里ラ・マドレエヌ劇場で三ヶ月の長期興行に成功している。

1946年製作/フランス
原題:La Belle et la Bete

ストーリー

昔、年老いた商人がいた。末娘のベルは美しく優しい娘で、いつも意地悪の二人の姉にいじめられていた。彼女は腕白な兄の友達アヴナンから求婚されていたが、父の世話をするために拒んでいた。父は自分の船が沈んだので破産を覚悟していたが、その一せきが無事入港したと聞いて喜んだ。二人の姉は宝石や衣しょうをお土産にねだったが、ベルは唯バラの花が欲しいといった。父が港に着いてみると船は債権者に押収されてしまい止むなく夜道を馬に乗って帰って来る途中、何時の間にか道を踏み迷ってこれまで見たことも聞いたこともない荒れ果てた古城に行き当った。人影もなく静まり返った場内の異様な恐しさに逃げ出して庭に出るとそこには香しいバラの花が咲き誇っていた。ベルのことを想い出してその花を一輪手折った時、突如眼前に一個の怪物が現われて立ちふさがった。形は人間だが全身に毛がそそり立ち、物すごい形相をして彼をにらんでいる。野獣はこの古城の主であった。大切なバラを盗んだ罰に命をもらうといったが、もし娘の一人を身代りによこせば一命を助けてやると約束し父を魔法の馬に乗せて帰した。ベルはこの話を聞いて責任を感じ父の生命を助けるために白馬に乗って単身野獣の居城へおもむいた。野獣は醜怪なその容ぼうにもかかわらず優しく堂々たる言葉で毎夜七時に食事の時だけ会いたい。そして「私の妻になっておくれ」と問います、といったがベルは「いやです」と答えた。美女と野獣の生活はこうして始まったが、ベルは次第に野獣のやさしい心に幸福な自分を見出すようになって来た。会いたい人の顔をみられる魔法の鏡でベルが父の顔を見ると、父は心労のため病床にふし、家財はみんな差押えられていた。父想いのベルは野獣に一週間の約束で家へ帰ることとなり、野獣は信頼の形として宝庫ダイアナ亭の金の鍵と、何処にでも行ける手袋を与え、一週間経って帰って来なければ自分は心労のために死ぬであろうというベルが家に帰ると父は急に元気になったが、二人の姉妹のせん望と、ベルを思うアヴナンの野望とが一緒になってベルの金のかぎを奪い、兄とアヴナンは野獣を退治して宝物を奪う計画を樹てた。ベルのお迎えにに来た白馬に乗って城に着いた兄とアヴナンはまづダイア亭の宝物をねらった。一方、ベルは魔法の鏡で野獣をみるとベルを慕う余り苦もんする野獣の姿を見出して、直ちに魔法の手袋をはめて野獣のもとへ行くと彼は正にもん絶せんとするところであった。アヴナンは亭の屋根を破り、中へ潜入しようとした途端、傍に立っていた彫像ダイアナがその手にもつ弓をやをら持ち上げて放った矢に、背を射抜かれ、突如野獣に変身してしまった。あたかもその時ベルの介抱にもかかわらずついにもん絶したと思った野獣の姿はかき消すように消えて、こつ然と輝くばかりの美しい王子が現われた、それはアヴナンによく似た王子だった。王子は長い間魔法使いのために野獣にされていたが、今、ベルの愛のひとみは元の姿に帰れたと語り、あなたは私の妃だといってベルを擁し、雲の上をはるか王子の城へと飛んでいった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5Adieu, La Belle. 芸術の総合デパートや!

アキ爺さん
2020年2月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

もともとは1740年に書かれた物語の「美女と野獣」。これまでに何度も映画化されているのですが、今回は1946年のジャン・コクトー版を観てみました。流石「芸術のデパート」と称されたジャン・コクトーだけあって、ベルが初めて野獣の屋敷に来るシーン等見せ方が美しいです。白黒なのに惹き付けられる物があります。スゴいな、コクトー。

ベルを演じたジョゼット・デイ。美女という割にはちょっと歳いってるかなっと思って検索してみると公開当時27歳。うーん、ギリギリでしょうか?もうちょい過ぎたら「美魔女と野獣」になっちゃいそうです。っと思って2017年版でベルを演じたエマ・ワトソンを検索するとこちらも公開当時27歳!未だに自分の中でハーマイオニーだったので意外な年齢にビックリ。そりゃ、自分も歳取るわけだ。

野獣さん、ディズニー版と比べるとモフモフ感が足りないですね。1週間ベルに会えないと死んじゃうって、怖い見た目と違ってウザギメンタルでした。可愛い所あるやん。

屋敷のアームキャンドルとか自動ドアとか、壁の人とか当時は色々と頭を捻りながら作ったんだろうなぁってのが伝わってきます。昔の映画のいかにも「演じてます」風な話し方はちょっと苦手なのですが(なので個人的にはどうしても昔の映画の評価は低くなり勝ちなのですが)、本作は所々いい感じの絵を撮っていたのに感心しました。芸術のデパートは伊達じゃなかったです!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アキ爺

5.0色褪せない天才コクトーの仕事

2019年11月15日
Androidアプリから投稿

コクトーの 美意識/感性を観ることが 出来た

特に マントを着たベルが 野獣の館の中に導かれてゆく場面が、素晴らしい

扉を開けてから スローモーションで駆け入る彼女と なびくマントの美しさ、迎える燭台
階段を上り 豪華な装飾の扉の前で迷う彼女(と揺らぐマント)の絵画のような美しさ
更に カーテンが風にはためく廊下を 立ったまま滑ってゆき、部屋に吸い込まれてゆく様な展開

他にも 見処満載で、楽しい

この映画は 愛人ジャン・マレーの為の映画でもある
彼は人柄も良さげで「完璧な王子」に近いとも思うのだが 二人は別れてしまう
天才は(物語の主人公と違って) 欲深いものなのだろうか

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
jarinkochie

5.0これぞ美。

2018年7月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

興奮

萌える

第2次世界大戦直後に制作されたと聞く。

そんなことは微塵も感じさせない豪華さ。動きのたおやかさ。
正直、ヒロインとヒーローは本来私好みの顔ではないのだけど、観ているうちにため息が出る。
品格とはこういうものか。媚びない強さ。

映像美に酔う。
次々に現れる調度。
絹のドレスの衣擦れ。
そして、次はどんな仕草でどんな台詞をどういうのだろう。背筋が伸びるような気がする。

ディズニーがミルキーのようなロマンティックなら、この映画は最高級ワインのようなロマンティック。決して甘いだけではなく、香高く、味わい深く、手ごたえもがっしり。

庶民には絶対手が届かない世界。

ベルの前では紳士的にふるまう野獣の中にある激しさ。
ベルに拒絶されては、森の中で己を傷つける。
己の中の獣性と必死に戦っている。
孤独が際立つ。
そしてさびしさで息絶える。
観ていて切なくなった。受け入れてもらえないってその位苦しい。

ベルは最初から野獣を受け入れているわけではない。
安易に人(野獣)を受け入れずに、己のプライドを保とうとする思慮深い姿。
そのくせ、その衣装で実家に行ったら姉達が嫉妬するでしょ、という無神経さ(?)も持ち合わせている。
でも、約束したことは守ろうとする誠実さ。その約束をした相手が誰であっても。

媚びない、なれ合わない。
だのに、少しずつ心が近づいていく。

そんな二人に、ベルの姉達、求婚者が絡む。一波乱、二波乱。

己の中の獣性。恐れ。高潔。誠実。嫉妬。卑しさ。
この映像美の中に、けっして美しいだけではない、様々な人間の心が渦巻く。
なのに、決して品位を損なわない。
彫刻のように刻み込まれている。

美やロマンティシズムを語るなら、そして本物のゴージャスに浸りたい時に、視聴すべき作品だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とみいじょん

4.5美しき獣

neonrgさん
2016年1月19日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

圧倒的に美しい野獣と美術。
魔法のような演出。
この映画を見たマレーネ・ディートリッヒが
「私のステキな野獣はドコに行ったの?」と言ったのもうなずけます。
ブルーレイで見たかった。
93点。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
neonrg
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る