ピクニック(1955)

劇場公開日

11%
56%
33%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

原作はブロードウェイでロング・ランを続け、1953年度のピュリッツア賞とニューヨーク劇評家賞を獲得したウィリアム・インジの舞台劇で、これを「地上より永遠に」でアカデミー賞を得たダニエル・タラダッシュが脚色し、「ミスタア・ロバーツ」を脚色したジョシュア・ローガンが始めて監督した。撮影は「愛しのシバよ帰れ」のジェームズ・ウォン・ホウ、作曲は「長い灰色の線」のジョージ・ダニング。主な出演者は、「慕情」のウィリアム・ホールデン、「殺人者はバッジをつけていた」のキム・ノヴァクを始め、久しく銀幕から遠ざかっていたロザリンド・ラッセル、「蜘蛛の巣」の新星スーザン・ストラスバーグ、ベティ・フィールドなど。

1955年製作/114分/アメリカ
原題:Picnic
配給:コロムビア

ストーリー

9月の第1月曜日――労働休日の朝まだき、カンサスの小さな町に貨車からおりたのはハル(ウィリアム・ホールデン)という青年であった。無1文の彼は、実業家を父に持つ大学時代の友人アラン(C・ロバートストン)を頼って来たのだが、沿線沿いにあるポッツ家の庭仕事をさせて貰うことで、やっと朝飯にありついた。半裸体で仕事を始めたハルの姿は、庭つづきのオウェンス家の人たちの注目の的となった。オウェンス家はフロー夫人(ベティ・フィールド)、姉娘マッジ(キム・ノヴァク)、妹娘ミリー(スーザン・ストラスバーグ)、それに同居人のローズマリー(ロザリンド・ラッセル)の4人暮らしだった。さて、この町では夏の最後の一夜を楽しむために、町中の人たちが総出でピクニックに出かける習慣があり、マッジはアランと、ローズマリーはハワード(アーサー・オコンネル)と。そしてハルもアランから自動車を借りて、ミリーと一緒に参加することになった。カンサスは禁酒の州だというのに、ハワードがウィスキーを忍ばせて来たのはどういうわけだろう。学校教師のローズマリイはそのウィスキーのおかげで陽気になり、ミリーを相手にダンスを始めたが、ミリーは踊り方を知らない。見かねたハルが踊って見せていると、マッジがやって来た。ハルとマッジの踊りは周囲の人たちも溜息をもらすほどだった。ローズマリイがハルにからみ出した頃、ミリーが悪酔いをして大騒ぎとなり、すべてがハルの仕業と誤解されてしまった。すっかりしょげ返っていたハルを慰めたのはマッジである。ひねくれ気味のハルにマッジの体が押しかかり、2人の唇が合わされた。ハルにマッジをとられた腹いせに、アランはハルを自動車泥棒だと訴えた。その夜、隣町のハワードの家に泊まったハルは、こっそりマッジを呼び出して結婚を申し込んだが、返事を聞かないうちに貨車が来たので飛び乗った。ハルを追ってマッジがバスに乗ったのは、それからまもなくのことである。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第28回 アカデミー賞(1956年)

受賞

編集賞 チャールズ・ネルソン ウィリアム・A・ライオン
美術賞(カラー)  

ノミネート

作品賞  
監督賞 ジョシュア・ローガン
助演男優賞 アーサー・オコンネル
作曲賞(ドラマ/コメディ) ジョージ・ダニング
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

5.0キム・ノヴァクに尽きる‼️

2020年12月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

当時の人々にとってキム・ノヴァクは後のドヌーブかヘップバーンかと言う存在。原節子かキム・ノヴァクと言うくらい当時の女性にも人気のあった女神であろう。時代がどれ程過ぎ去ろうとも美を焼き付ける大切な役割を映画は持っていると言える。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mark108hello

4.0演劇と映画の理想的な結晶

Gustavさん
2020年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

ヒロインを演じたキム・ノヴァクの美しさが最大の魅力だ。女性の美貌を崇拝する当時の恋愛観と結婚観の上に創作された人間ドラマ故、その効果は絶大であった。ヒッチコックの「めまい」に並ぶノヴァクの女性美を堪能する。
ウィリアム・ホールデンの友人役の若いクリフ・ロバートスンは、中年男のイメージがあったので驚いた。母親役のベティ・フィールドと独身教師役のロザリンド・ラッセルの演技がしっかりしていることに感心する。スーザン・ストラスバーグも悪くない。当時人気スターの絶頂期にあったホールデンとノヴァクは映画的演技の自然さで良いし、周りの演劇芝居の演技力が見事に二人を支えている。舞台出身のジョシュア・ローガン監督がシネマスコープのフレームを演劇の舞台の様に使い切った演出の巧さを見せつける。舞台では出せない、カンサスの田舎町の夏の情景が映像美として立派なのに満足する。撮影が名手ジェームズ・ウォン・ハウ。演劇と映画の両面から楽しめるアメリカ映画らしい秀作だ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav

3.5キム・ノバック、ああキム・ノバック、キム・ノバック❗

2020年1月3日
Androidアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0ピクニックに行きたくなる

kossyさん
2018年11月29日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る