バンド・ワゴン(1953)

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
14%
32%
45%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「巴里のアメリカ人」のコンビ、製作アーサー・フリード、監督 ヴィンセント・ミネリの手になるテクニカラーのミュージカル1953年作品である。主演は「イースター・パレード」のフレッド・アステアと「雨に唄えば」のシッド・シャリッシという新チーム。オリジナル・シナリオは「雨に唄えば」のライター・チーム、ベティ・カムデン=アドルフ・グリーンの共作で、音楽監督は、「ショウ・ボート(1951)」のアドルフ・ドイッチェ、撮影は「彼女は2挺拳銃」のハリイ・ジャクスンの担当。歌曲はハワード・ディーツ作詞、アーサー・シュワルツ作曲で、ミュージカル場面の振付にはマイケル・キッドがあたった。アステア、チャリッシをめぐって、オスカー・レヴァント(「巴里のアメリカ人」)、ブロードウェイのミュージカル・スタア、ナネット・ファブレイ、ジャック・ブキャナンらが助演。

1953年製作/112分/アメリカ
原題:The Band Wagon
配給:MGM映画会社

ストーリー

ダンス映画でその名を謳われたトニイ・ハンター(フレッド・アステア )も、いまや自分の人気が下り坂になったことを悟らねばならなかった。そこへブロードウェイ時代からの親友レスター(オスカー・レヴァント)とリリー(ナネット・ファブレイ)のマートン夫妻が、とくにトニイのためにミュージカル・コメディを書きあげたからといって、しきりに誘いをかけて来た。トニイは舞台に自信がもてずためらったが、やはりニュー・ヨークへ行く決心をした。マートン夫妻の新作は、「バンド・ワゴン」といったが、かれらの売り込みに乗って来たのは、高尚な芸術を目指すジェフリイ・コードヴァ(ジャック・ブキャナン)という男で、彼は「バンド・ワゴン」を「ファウスト」の近代的音楽劇化に折込もうとした。これを知ってトニイやマートン夫妻はがっかりしたが、ジェフリイが説得上手のうえに金蔓もにぎっているので、彼のアイディアをそのまま受け入れることにした。ジェフリイはトニイの相手役に意表をついてクラシック・バレエの新星ガブリエル“ギャビイ”・ジェラード(シド・チャリシー)を選んだ。トニイとギャビイは新しい仕事への不安で、初めから喧嘩をしたが、ある夜、2人だけで語り合い、お互いの誤解やわだかまりもすっかり解けた。いよいよ芸術的「バンド・ワゴン」はニュー・ヘヴンで幕をあけたが、ジェフリイのあまりにも現代ばなれしたアイディアのため、興行は惨々な失敗に終った。だがトニイやマートン夫妻は自分たちの「バンド・ワゴン」をあきらめなかった。トニイは今度の失敗はジェフリイが楽しさを盛り込むことを忘れたためだと考え、踊りや歌に明るく楽しい創意を加えたショウに作りあげた。そして公演のために、トニイは自分の秘蔵の絵画をみんな売り払った。自分の非をみとめたジェフリイもこの新しいショウに参加することになった。トニイたちはニューヨーク公演に大事をとって、まず地方都市を打って回った。この巡業中、トニイのビャビイを愛する気持ちは次第につのっていったが、彼はこれを自分の胸一つにおさめ、淋しくあきらめていた。しかし、ギャビイも心秘かにトニイを愛していたのだ。ブロードウェイの披露公演は大成功だった。そのお祝いのパーティで、ギャビイはトニイに愛を打ち明け、トニイの喜びは絶頂に達した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第26回 アカデミー賞(1954年)

ノミネート

脚本賞 ベティ・コムデン アドルフ・グリーン
作曲賞(ミュージカル) アドルフ・ドイッチ
衣装デザイン賞(カラー)
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0舞台裏ミュージカル

odeonzaさん
2019年11月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
odeonza

3.0ザッツ・エンターテインメント

kossyさん
2018年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 仲間と新しいミュージカルを作ろうとする。リリーとレスターの脚本家夫婦。振付師ポール、そしてトニー。しかしバレリーナはとにーと喧嘩してしまい、雰囲気はよくなかった。

 なんとかスポンサーも得て次々と公演。中ではコミカルなTripletsが好きだ。ザッツ・エンターテイメントはもちろんMGMの看板になったけど、この映画を観るよりはダイジェスト版の『ザッツ・エンターテイメント』だけ観てもいいような気がする。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0ザッツ・エンターテイメント!

あき240さん
2018年6月28日
Androidアプリから投稿

フレッド・アステアが出ていてこれか?
というのも少しの辛抱
終盤、炸裂します
本場の本物の芸を堪能しましょう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

4.5☆☆☆☆★★ 《プランを変えよう》 今日は急に休みになった為。映画...

2018年2月25日
iPhoneアプリから投稿

☆☆☆☆★★

《プランを変えよう》

今日は急に休みになった為。映画館3館を梯子し計4本観たのだが、出掛ける前に再見したこちらが神作品すぎたのか?今日観た作品のレビューを書き込む意欲が全く湧かない…とゆう(。-_-。)

オープニングのオークションと共に、本物のエヴァ・ガードナーが登場する等。
今ではすっかり落ち目に成り下がってしまった、元ミュージカルの大スターであったトニー・ハンターことフレッド・アステア。
おそらく戦前から彼を見続けていたファンだったならば、ショックを起こして心臓が張り裂けんばかりであったであろう。

かくして新進気鋭の演出家のコルドバを迎え、この舞台は船出をする。

だが…。

コルドバは野心溢れる演出家だったのが悪かった(笑)
エンターテイメントよりも芸術に趣きを置いており、トニーの意図する【真のミュージカル】とは違っていたのだ。
…とは言え、彼は舞台の構想を話す。その時の台詞。

「演劇とはエンターテイメントだ、ビル・ロビンソンの魅惑のリズムと…分かってる彼は階段で踊った」

…と言いながら、本物のビル・ロビンソンさながらのステップを踏みながら階段を上がるコルドバ。この場面1つで、如何にこの作品がミュージカル愛に溢れているかを知る事が出来る。

⬇︎ タップダンスの神様 ビル・ロビンソン YouTubeから
https://youtu.be/fIQJzcldzAw

⬇︎ シャーリー・テンプルとの名コンビぶり
https://youtu.be/fIQJzcldzAw

コルドバは振り付けに知り合いのポール(ジェームズ・ミッチェル)そして彼の恋人であるバレエダンサーのガブリエル(シド・チャリース)をトニーの相手役に配す。

ジェームズ・ミッチェルとシド・チャリースはダンスパートナーとして何度も共演した名コンビ。
この作品の翌年には『我が心に君深く』で素晴らしいダンスを披露している。

⬇︎ 『我が心に君深く』YouTubeから
https://youtu.be/1uhP-rh9dOo

舞台は生き物だ!舵取りの力量で平穏な船出となるか、それとも嵐に巻き込まれてはあえなく沈没してしまうのか…。
そんな周囲の心配をよそに舞台の舵取りを始めるコルドバ。
最早誰にも彼を止める事は出来なくなってしまう。
とにかくコルドバ役のジャック・ブキャナンが素晴らしい。
その舞台に賭ける情熱と熱量には、誰もが圧倒されてしまう感じが良く出ている。

勿論主演のアステアの素晴らしさは折り紙付き。
特にミュージカルコメディーとして、この作品の根底を支えているのは、アステアの数多いコメディー演技の賜物だと断定出来る。
例えば♫シャイン・オン・ユア・シューズ♫の場面等は、一体どれだけのギャグが積み重なれているのか…を数えてみたら分かるし。 ※ 1 初めてシド・チャリースと顔を合わせ、思わず階段を使い身長を見比べる場面。そしてリハーサルシーンに於ける独立宣言こそは、アステアのコメディー演技の真骨頂に他ならない。

そんなコメディー場面として忘れてはいけないのが、支援者達がプレビュー公演の際に見せる唖然とした顔、顔、顔(^^)
単純では有るがこの素晴らしい演出。
監督ビンセント・ミネリの演出はまさに神懸かりとも言える場面の連続。
♫シャイン・オン・ユア・シューズ♫を例にすると。ホットドッグを欲しそうな男の子が居て、数々のゲームに興じる背の高い女性。そして寂しそうにうなだれている靴磨きの黒人男。
それらアンサンブルの中にアステアが加わり、明るく楽しい歌とダンスのハーモニーが奏でられる。
その色彩設計の素晴らしさと、目眩く映像の魔術。

更に反目していたアステアとチャリースだったが、やっと心を通わせ合う♫ダンシング・イン・ザ・ダーク♫の世界遺産級ダンス。
馬車に乗る2人。聞こえて来るメロディー。
「踊りたい」…とゆう2人の気持ちが、最高潮に達するまでのその演出の素晴らしさ。
リハーサルシーンでの何気ない動きが、このダンスシーンには入っており、「何故2人は急に踊っているのに動きが合うのか?」と言った疑問を抱かせない様になっている。
実は劇場のスクリーンで、初めてこの場面を観た時には、思わず号泣してしまった程だった。

かくしてこの舞台に観客の審判はくだされ、全ては無駄に終わる…かと思いきや。

そう!《プランを変えよう》

ミュージカルには魔術が起こるのは必然なのだ!

エキストラ達とのアンサンブルが素晴らしい♫アイ・ラブ・ルイーザ♫等を挟んで、遂に♫プランを変えよう♫が。

この楽曲こそがこの作品のキモだと言える。
アステアの代名詞と言える山高帽と燕尾服にステッキ。
洗練された2人の粋。
これぞミュージカルと言える白眉の場面だ!

ところがこれで終わりでは無いのがこの作品の凄いところ。
この後にプロダクションナンバーの《ガール・ハント・バレエ》が!
ここで【セクシーダイナマイト】こと、シド・チャリースの魅力が爆発する。
振付マイケル・キッドによる斬新なこの場面によって、『バンド・ワゴン』はミュージカルの枠を超え、映画の歴史に残る名作に引き上げられたと言って良いのだろうと思う。
但し、あまりの斬新さ故に以後のミュージカル作品が。それまでのタップダンスを中心とした個人のパフォーマンスから、大勢のダンサーが同じ動きをする群舞へと移行するきっかけを作ってしまった事実は。ミュージカルの歴史にとって諸刃の剣だったのかも知れないのだけれども。

⬇︎ 翌年にマイケル・キッドが振付した『掠奪された七人の花嫁』YouTubeから
https://youtu.be/TygmMPbwfjA

そして映画は全てのエンターテイメントを賛美する♫ザッツ・エンターテイメント♫で締めくくられる。

ちくしょう!また泣かされたぜ!

※ 1 そう言えば、このアステアがチャリースの身長を気にするシーンは。実際に映画撮影前にアステアが本当にチャリースとの共演をごねた実話らしいし。映画同様に撮影が進むにつれ、周りのスタッフ・共演者との関係が良くなって行ったとのこと。
また、チャリースが「作品を博物館で観た…」とゆう台詞は。『バンド・ワゴン』から遡ること2年前。『恋愛準決勝戦』で共演したジェーン・パウエルが、初めてアステアと顔を合わせた時に、緊張のあまりに言った言葉だった。
その様に。トニー・ハンター=フレッド・アステアは現実に起こった出来事等を辛辣に反映させた、或る意味では残酷な話でも有るのだろう。
しかし出来上がった作品には、その様な雰囲気は微塵も感じさせられず。全編でミュージカル愛に溢れた完璧な作品…と言わせて貰いたい。

初見は【さよなら日比谷映画フェスティバル】より日比谷映画館で『イースターパレード』との2本立て
その後に、やはり『イースターパレード』との2本立てで銀座文化1にて

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
松井の天井直撃ホームラン
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る