薔薇色のロレーヌ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新鮮な少女に恋した老人の哀歓を描く。製作はジャン・ピエール・ラサム、監督・脚本「反撥」「袋小路」「吸血鬼」などポランスキーのシナリオ・ライターとして有名なジェラール・ブラッシュで、これが処女作。撮影はパトリス・ビエルス、音楽はウォーレス・コレクション、編集はケヌー・ペルティエが各々担当。出演はミショル・シモン、パティ・ダーバンヴィル、ポール・プレボワ、アラン・リボルトなど。

1970年製作/99分/フランス
原題:La Maison
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

ルイ・コンピエーヌ(M・シモン)は、姉のカロリーヌが死んで以来、従順な召使いパスカル(P・プレボワ)と二人暮しで、一切外出はしない、自然科学を研究する老科学者だった。ある夜、ロレーヌ(P・ダルバンビル)という少女がスペインからヒッチハイクの途中、一晩の宿を乞うため、昔、学者で彼女の父とつきあいのあったコンピエーヌを訪ねてきた。ロレーヌが、最近なくなった姉のカロリーヌとそっくりなのでコンピエーヌは嬉しくなった。姉の思い出は年老いた彼にとって忘れ難く、今では生きるよすがとなっていた。ロレーヌも住みごこちがよさそうなこの家に当分落ちつくことにした。コンピエーヌは姉の若い頃の服をロレーヌに与え、昔姉と、一緒に踊ったレコードに合わせてダンスをしたり、海辺での思い出を秘めたスライドを見せたりした。彼の心は薔薇色にときめきいつしかロレーヌの姿が姉に変わっていった。ある朝、ロレーヌを起こしに部屋に入ると、見知らぬ青年がベッドにもぐりこんでいた。彼女と一緒にヒッチハイクをしていた恋人のエチエンヌ(A・リボルト)だった。コンピエーヌは怒鳴りつけたがそれは自分のやきもちと淋しさだと判ったとき、ちょっぴりうらやましいまなざしで二人をみつめた。ロレーヌとエチエンヌがそわそわしているので尋ねると、明日はロレーヌの十八歳の誕生日だった。コンピエーヌは二人の若い友人たちを呼んで盛大なパーティを開いてやろうと思った。早速、あわただしい準備か始まった。当日部屋には、豪華な食事、酒、それにワルツやロックの音楽が溢れ、我を忘れてみんな楽しんだ。だが躍動する若い生命を前にしてコンピエーヌはふと淋しさを感じた。自分の老いた体をみると、死に脅やかされ、いたたまれなくなった。一人こっそり部屋に戻ると、青酸カリのビンをみつめた。だが物質は滅びるが、精神こそ不滅であり、若さだという認識がわいたとき、眼の前の薬も水に見えてきた。パーティも終りロレーヌもエチエンヌも家を去っていった。コンピエーヌに残されたものは、姉カロリーヌの思い出と古い家、そして確かに老いさらばえていく肉体と若い精神だった。森閑とした家のまわりは、もう乳白色のもやにつつまれた夜明けが近づこうとしてた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る