if もしも‥‥

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
21%
72%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した異色の青春映画。イギリスの名門パブリック・スクール。厳しい校則や威張り散らす上級生たちに嫌気がさした主人公ミックは、仲間のジョニーとウォレス、さらに下級生の美少年やコーヒーショップで働く少女とともにある計画を企てる。後に「時計じかけのオレンジ」で大ブレイクした怪優マルコム・マクダウェルがアナーキーな反逆児ミックを演じ、センセーショナルな映画デビューを果たした。

1968年製作/111分/イギリス
原題:If....

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0伝統に抵抗する若者の極端な空想を結末に描くイギリス・ニューシネマのスチューデント・パワー

2020年4月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

規律の服従を強いる全寮制名門校を舞台に、反逆児の過激な抵抗をシンボリックに描いたリンゼイ・アンダーソン監督の野心作。その表現は、人物も背景もオーソドックスな構図に収められて、落ち着いた流れを持つ演出です。映像の色調も伝統的な映画作りに合っています。時に前衛的な映像の遊び、盗んだオートバイに乗ってたどり着いたドライブインの小さなレストランでの女子店員とのシーンは制作年代を象徴するもの。主人公たちが受ける鞭打ちの体罰シーンは、模範的なカメラアングルとカット割りで痛みがひりひり伝わる巧みな表現。ラストのミックをリーダーとした反逆分子の赴くままの爆発を放つ凄惨な解決、このイギリスらしいブラック・ユーモアが衝撃的な余韻を残す。

ジョン・フォード監督の記録映画で解説を担当したアンダーソン監督、後にリリアン・ギッシュで「八月の鯨」を撮った映画愛溢れる映画理論家の、品の良いレジスタンス映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav (グスタフ)

3.0なんか芯喰ってない感じの映画

2019年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1968年かあ。あれこれ言う資格なさそう、だが。。

スポーツとか科学技術といっしょで映画もレコードは常に更新されてきて今がある。1968年のレコードは遥か下方にあったりする。

でも、ごく稀に時代を飛び越えてある意味で更新されないままのレコードが存在したりもする。て、この作品のことではない。この作品を観て、時代のスピードって残酷だなあ、と思ってしまったのである。

その時代で革新的であればあるほど、置き去りにされる可能性は高い。トレンドってやつですね。元々がその方向で時代の方が合ってくる、って場合は生き残りやすい。

個人的な見た感覚でいうと、計算して風潮を汲み取った感じがして、なんか芯喰ってない感じの映画。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
okaoka0820

3.03人の革命

kossyさん
2019年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 割礼の検査、自転車で教室に入る教師、ひどい授業とひどい監督生。嫌になるのもよくわかる。軍隊教育のシーンもあったが、普通の学校でこういうのがあるのだろうか。。。

 所々モノトーン映像に切り替わるのだが、これにどういう意味があるのかと、こればかり考えていた。1回観ただけじゃわかりませんよね。狂気の沙汰に変貌していく過程は見ごたえがあるのですが、マクダウェルの戦争オタクはある程度わかるものの仲間が増えていく過程が理解できず、ここだけはもっと描いてほしかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0放っておけない映画

Helenaさん
2017年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

『時計じかけのオレンジ』を観た関連で観ました。

イギリスのパブリックスクールを舞台にした作品は沢山あるけど、この映画はただの学園ものでは全くない。"時計じかけ"を先に観たせいもありどうしても、アレックスと関連させてしまう。(キャラも見た目も)

現実の話とif(もしも)の空想の部分が両方描かれるが具体的にどのシーンが現実かどうかを判断するのは鑑賞者次第。

人によって様々な見方ができる映画。見るたびに新しい角度から見れそう。

・『時計じかけのオレンジ』、小説『ライ麦畑でつかまえて』が好きな方
・反骨精神、パンク精神がある方

にとってはとても興味深い作品だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Helena
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る