ハイランダー 悪魔の戦士

劇場公開日

ハイランダー 悪魔の戦士
ハイランダー 悪魔の戦士
0%
40%
40%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

16世紀のスコットランドと現代のニューヨークを舞台に不老不死の宿命を負った若者の運命を描く。製作はピーター・S・デイヴィスとウィリアム・N・パンザー、監督は「レイザーバック」のラッセル・マルケイ。グレゴリー・ワイデンの原案を基にワイデンとピーター・ベルウッド、ラリー・ファーガソンが脚色。撮影はジェリー・フィッシャー、音楽はマイケル・ケイメンが担当。出演はクリストファー・ランバート、ロクサーン・ハートなど。

1986年製作/116分/イギリス
原題:Highlander
配給:東北新社=松竹富士

ストーリー

1536年、スコットランドの荒野。コナー・マクロード(クリストフ・ランベール)率いるハイランダー(高地民族)の一族が黒い騎士と呼ばれる獰猛クルガン(クランシー・ブラウン)率いるフレイザー一族と激しい交戦を展開し、コナーは死亡した。しかし、彼は蘇りそのためにかえって村人たちの不信をかい、村から追放された。山奥でヘザー(ビーティ・エドニー)という女性と結婚し鍛冶屋を始めるコナー。それから5年、ラミレス(ショーン・コネリー)というスペイン人がコナーの前に現われ、意外な事実を告白した。自分を含めて、コナー、クルガンらは、首をはねられない限り永遠の時を生きる運命にあり、彼らは“究極の宝”を求めて未来の“集合の時”へ向けて戦い抜くよう運命づけられているという。その後、、ラミレスはクルガンに首をはねられた。不老不死のコナーは、ヘザーが老いて死んでゆくのを永遠の若さのまま見とどけることになる。その辛さから二度と人を愛さないと心に誓った。現代のニューヨーク。マジソン・スクエア・ガーデンの地下駐車場で無惨な死体が発見された。事件を追う市警の女性鑑識課員ブレンダ(ロクサーン・ハート)は、事件現場から、紀元前600年頃のものと思われる太刀の破片を発見し調査を続けた。やがて彼女はナッシュという若い古物商と知り合い、その男の神秘性に惹かれるものを感じた。執拗に彼の身許を調べ、彼が、700年代から生き続ける不死の存在と知り、愕然とした。彼はコナーだった。コナーの内部にも再び愛が甦ってきた。一方、行く先々で殺りくの限りを尽していたクルガンは、ブレンダを誘拐した。彼女を救出するために廃工場へ行くコナー。そこで戦闘の末にクルガンの首をはねた。その後、高原で談笑するコナーとブレンダの姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

4.0クイーンの挿入歌がマッチしてます!

あき240さん
2019年7月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

冒頭いきなりクイーンの挿入歌でタイトルバックが始まります
クレジットにクイーンが大きく誇らしげに表記されています
フレディ・マーキュリーの歌、クイーンの演奏は、本作の世界観と特徴あるカッコいいMTV風の映像に見事にマッチしています
劇伴自体は別の音楽家が映画らしいもので用意されていて、クイーンの挿入歌は全部で数曲の挿入要所要所で使われます

素晴らしいB級映画です!
誉め言葉です!念のため

お話は中世から生きる不死身の人間達が、現代のNYで剣で戦うというもの

基本構造はスーターウォーズのジュダイの騎士の所を抜き出して、チャンバラだけにしたものと思えば良いです

ショーン・コネリー演じるラミレスはオビ・ワン・ケノービ、クルガンはダース・ベイダーです

謎の日本刀も登場したりしてうれしく楽しいです
チャンバラシーンも様になっています

クルガン役のクランシー・ブラウンは007のジョーズを思わせるなかなかの怪演です

16世紀のスコットランド高地
メル・ギブソンのブレイブハートの8年前の作品ですが、恐らく本作のビジュアルがそれに影響を与えていると思います
本作以前にこのような映像は思い当たりません

カッコいいシーンが多いです
決めポーズは本作の4年前に公開のシュワルツェネッガー初主演のコナン・ザ・グレートからの引用が散見されます

肩の凝らない楽しい娯楽作品でした
なるほど続編が何本も出てシリーズになっているわけです
もっとこの設定、この世界観、この映像でお話を続けて観たいと思えるものです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240
すべての映画レビューを見る(全1件)