南京1937

劇場公開日

0%
0%
0%
0%
100%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日中戦争下の南京で日本軍が行ったいわゆる“南京大虐殺”を描いた実録歴史ドラマ。監督は「太陽山」のウー・ツゥニュウ。製作は「フェイス/オフ」など監督として著名なジョン・ウー。製作総指揮はワン・インシャン。脚本はシュー・ティエンション、リャン・シャオシェン、ホン・ウェイチェン。音楽は「悪魔を憐れむ歌」などハリウッドでも活躍するタン・ドゥン。出演は「ロアン・リンユイ 阮玲玉」のチン・ハン、「シャブ極道」の早乙女愛ほか。

1995年製作/110分/香港・中国合作
原題:南京1937/Don't Cry Nanking
配給:「南京1937」全国上映委員会

ストーリー

1937年、南京。第二次上海事変のあおりで、成賢(チン・ハン)とその妻で身重の理恵子(早乙女愛)と二人の子供・春子と小綾は上海から南京に移るが、戦火はすぐに拡大。包囲された南京で小学校の教師・劉書琴(リュウ・ルーイン)は従軍中の恋人天遠(チェン・イーター)の身を案じながら、仕事の合間に生徒の家族に疎開を勧めたりしている。同年12月10日、日本軍の南京攻撃が始まり、同12月18日、捕虜と市民5万7000人が殺された。成賢の提案で一家は難民キャンプに移動。成賢は中国人と分かるや連行された。理恵子らは国際救急委員会のテントにたどりつき、成賢も台湾兵のなさけで見逃された。だが、その時には日本軍が難民キャンプに乱入、書琴らを犯し、理恵子にも暴力をふるった。暴虐の荒らしが去った後、理恵子は子供を出産。だが、日本軍の虐殺はまだ続いていたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

0.5事実か?虚偽か?

2014年3月11日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

真偽は国同士で言い合っているから、置いておいて、映画としては………日本人として観たら“気分が悪くなる"この一点に尽きる。

中国人が観たら日本兵憎し………としかならない。

この映画は日中の関係は悪化させる要素しかないと思うから、忘れたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る