天と地

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
8%
53%
31%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ゲリラから娼婦に、そしてアメリカ軍人と恋に落ちて渡米、異なる文化圏での生活を経た後に、再び祖国の地を踏んだヴェトナム人女性の数奇な運命を通して、ヴェトナム戦争の意味を問う大作。実在する女性レ・リー・ヘイスリップの同名回顧録を原作に、「JFK」のオリヴァー・ストーンが監督・脚色。「プラトーン」「7月4日に生まれて」とともにストーンの「ヴェトナム三部作」を成すといわれる。製作はA・キットマン・ホーとロバート・クライン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「スリー・リバーズ」のアーノン・ミルチャンと「クリフハンガー」のマリオ・カサール。撮影はストーン作品の常連であり「ア・フュー・グッドメン」のロバート・リチャードソンがそれぞれ担当。音楽は日本から「十五少女漂流記」の喜多郎が参加している。主演は本作が映画初出演のヘップ・ティー・リーと「JFK」のトミー・リー・ジョーンズ。「抱きしめたいから」のジョアン・チェン、「キリング・フィールド」のハイン・S・ニョール、「ハリウッドにくちづけ」のデビー・レイノルズらが脇を固めている。

1993年製作/アメリカ
原題:Heaven and Earth
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

1949年、フランス支配下のインドシナの農村で、小作農民のプング(ハイン・S・ニョール)夫婦に女の子が生まれた。未熟児のゆえ間引きを勧められたが、母親のママ・プング(ジョアン・チェン)はこの子にも生きる権利があると断り、レ・リーと名付けて慈しんで育てた。レ・リー(ヘップ・ティー・リー)が10代になったころ、ヴェトナム戦争が勃発。2人の兄はヴェトコンに身を投じて北へ行き、村に残ったレ・リーもヴェトコンのスパイとして働く。だが、南ヴェトナム軍に捕らえられたレ・リーは過酷な拷問を受ける。なんとか兵士を買収して村に戻った彼女に、村人は仲間を売った二重スパイの烙印を押す。身も心も引き裂かれた彼女は、ママと一緒にサイゴンを出る。闇市でたくましく生きる2人。裕福な妻帯者との初恋、妊娠、出産を経て、娼婦にまで身を落としたレ・リーの前に、アメリカ海兵隊のスティーヴ・バトラー少佐(トミー・リー・ジョーンズ)が現れる。彼はレ・リーを真剣に愛し、彼女もまたそれを受け入れる。北の攻撃が激しさを増したころ、彼女の胎内に愛の結晶が宿った。1975年、彼らは2人の子どもを連れ、夫の故郷サン・ディエゴへ向かう。異国からの花嫁を迎えたのは、スティーヴの母アビゲイル(デビー・レイノルズ)だった。最初は、なじめなかったアメリカ社会にも順応し、小さな事業をまかせられるまでになる。だが、第三子をもうけたころからスティーヴの戦争後遺症が顕著となり、夫婦の間がおかしくなった。悩み抜いた末に離婚を決意するレ・リー。離婚訴訟の準備のさなか、スティーヴは絶望感からみずからの命を絶った。彼女は今さらながら彼の愛情を感じるが、すべては遅かった。1986年、苦難の末にアメリカで成功したレ・リーは、14年ぶりに故郷の土を踏む。彼女は老いたママと今では政府の高官になっている兄との感動の再会を果たした。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第17回 日本アカデミー賞(1994年)

ノミネート

外国作品賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5ある女性の劇的なる半生

Bell_rayさん
2018年7月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Bell_ray

3.5巨匠オリバーストーン流石!

2016年3月27日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みきねこ

4.0ベトナム人の女かわいそう

2012年3月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ベトコンゲリラだった少女が都会に出て妊娠して米軍兵と結婚してアメリカに渡って生活するという一代記。運命に翻弄されっぷりが凄まじく、また戦争シーンは迫力があるものの、そもそもベトナム人女性の人生に関心があまりないので2時間半もある映画を最後まで見るのが苦痛だった。

 こういった誰々の一代記という映画を最近立て続けに見ていると、こうこうこうでこうでありましたと場面場面が流れていって物語としての醍醐味があまりない作品が多い。実話に基づいているから仕方がないのかもしれないが、その点『わが母の記』は「あの時母はなぜあんな事をしたのか」というミステリー要素があって見事だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る