テレーズ

劇場公開日

テレーズ

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

19世紀末に実在した聖処女テレーズの信仰に人生を捧げた姿を描く。製作はモーリス・ベルナール、監督は「別離」のアラン・カヴァリエ、脚本はカミーユ・ド・カサビアンカ、撮影はフィリップ・ルスロ、音楽はアラン・ラサシャーニュが担当。出演はカトリーヌ・ムーシェ、オーロール・プリートほか。87年のセザール賞6部門(作品・監督・脚本・新人女優・撮影・編集)受賞。

1986年製作/フランス
原題:Therese
配給:巴里映画

ストーリー

フランスの北の寒村リジュー。テレーズ(カトリーヌ・ムーシェ)は、マルタン家の五人姉妹の末っ娘。彼女は幼児期から繊細で、いつも夢見る少女だ。姉たちもすでに修道女になっており、テレーズも厳しい戒律で知られる同じカルメル会に入る決心をした。しかし、父はまだ幼いテレーズが厳しいカルメル会に入ってしまうのが忍びなく反対する。しかし、テレーズの決意は固かった。いよいよイエスに嫁ぐ日、純白の衣装に身を包み、父や姉たちの祝福を受けるテレーズ。修道院での生活が始まった。掃除や料理、祈祷で過ぎる日々。そんな矢先、彼女は吐血する。肺を病んでいたのだ。修道院にはリュシー(エレーヌ・アレクサンドリディ)という娘がいた。「2千年も前に死んだ男、それも存在したかもわからない男を愛するなんてバカげている」というリュシー。そんな彼女にイエスの愛を優しく説くテレーズ。ある日修道院を訪れた母がわりの姉セリーヌ(オーロール・プリート)が父の死を告げた。イエスの降誕祭。修道女たちはいつになく心華やいだ。思いがけない来訪者たちでにぎわう修道院。そんな空気に背を向けるリュシーは、テレーズに特別な感情を向ける。これを見た修道長は、二人が会うことを禁じた。再び倒れるテレーズ。病は相当に進んでいたのだ。修室を去り病室に移った彼女は、イエスのことを思った。そっとテレーズに手紙を送るリュシー。最後の聖体拝領が行なわれた日の夜、彼女はテレーズの思い出の品々に身を包み修道院から逃走した。1897年9月。臨終の苦悶の中で、テレーズは最後まで、イエスへの愛を唱えながら帰天した。24歳の若さだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 カンヌ国際映画祭(1986年)

受賞

コンペティション部門
審査員賞 アラン・カバリエ

出品

コンペティション部門
出品作品 アラン・カバリエ
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く