スキャンダル(1976)

劇場公開日

20%
40%
40%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ブルジョア女性をモノにし、彼女達のすむ階級へ復讐する下男の行動を描く。製作はシルヴィオ・クレメンテッリ、監督は「青い体験」のサルヴァトーレ・サンペリ、脚本はオッタヴィオ・ジェンマとS・サンペリ、撮影はヴィットリオ・ストラーロ、音楽はリズ・オルトラーニが各々担当。出演はリザ・ガストーニ、フランコ・ネロ、レイモン・ペルグラン、アンドレア・フェレオル、クラウディオ・マルサーニなど。

1976年製作/イタリア
原題:Lo Scandalo
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

ヒツトラーの軍隊が侵入してくる数カ月前のフランスはプロバンスの5月。女盛りのエリアーヌ(リザ・ガストーニ)は薬局を経営、夫アンリー(レイモン・ペルグラン)は大学教授であり、町の名士である。2人には15歳の娘ジュスティーヌ(クラウディオ・マルサーニ)がいた。ある日、店の雑役夫アルマン(フランコ・ネロ)が、女店員ジュリエット(アンドレア・フェレオル)とまちがえ、エリアーヌを暗闇で抱いてしまったことから、スキャンダルは始まった。すでに夫との性交渉のないエリアーヌは、アルマンを怒ったが、彼女には彼の肉体が忘れられない。名士夫人としてたかが下男に、と思っても肉体は無意識に……。それに感づいたアルマンはある夜、エリアーヌにむりやりフェラチオをさせた。以来、彼女はアルマンの愛の奴隷と化し、主従関係は逆転してしまう。一方、アルマンはジュリエットとも関係を続け、2人の情事をエリアーヌは目撃した。嫉妬する彼女。アルマンはジュリエットの前で、エリアーヌに裸になれ、と命じる。屈辱にたえるエリアーヌ。翌日、アルマンは店を辞めた。だが、彼を忘れられないエリアーヌは、ジュリエットに彼を連れ戻しにやらす。やがて、勝ちほこった笑顔で帰ってくるアルマンは、再びエリアーヌに精神的拷問を加えた。彼のSEXを得るため店の前で裸で娼婦のように立つエリアーヌ。今や理性などない彼女は、それがスキャンダルになろうとも、彼との激しい性の歓びさえあればよかったのだ。さらに、アルマンはジュスティーヌにも接近する。狂乱して反対するエリアーヌは、ついに夫にすべてを告白するが、アンリーは涙を浮かべるだけであった。パーティの席上ではエリアーヌと下男アルマンのスキャンダルがささやかれる。そんなある日、アンリーの大切なコレクションをこわしてしまったジュスティーヌは叱られ、それを機に彼女はアルマンに近づいていく。絶望の底のエリアーヌは毒薬をあおった。折しも空襲は激しさを加え、ブルジョワ階級は戦争と共にその姿を崩壊しつつあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0五十年前?ウチが産まれる前の作品!でも凄い・・

2019年5月22日
スマートフォンから投稿

楽しい

興奮

知的

凄い!全盛期の団鬼六先生も凄いけど、やっぱりサディズムマゾヒズムの本場イタリアフランスは凄い。

下男が雇い主の教授夫人を陵辱し支配する、て物語。

羞恥プレイから始まり、関係の周囲への開示、三人プレイから、親子丼まで!
スカトロジー以外の全ての変態を網羅。
(*そもそもスカトロジーはサディザムマゾヒズムとは対極の下品な行為だ!)

素晴らしい!名作だ!!!

五十年前にコレてのは脱帽。

GYAOの無料視聴。
☆は、劇場公開¥1200円水準で④!

・・見るべし(=´∀`)人(´∀`=)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えびかに伯爵
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る