スージー・ウォンの世界

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リチャード・メイスンの小説をポール・オスボーンが舞台劇化した東洋ドラマの映画かである。シナリオ執筆は「八月十五夜の茶屋」のジョン・パトリック。「逢うときはいつも他人」のリチャード・クワインが監督をうけもっている。香港ロケのキャメラを担当したのは「北西戦線」のジョフリー・アンスワース。音楽はジョージ・ダニングが作曲した。出演するのは「騎兵隊」のウィリアム・ホールデンと新人ナンシー・クワンのほか、「香港定期船」のシルビア・シムズ、「ガラスの靴」のマイケル・ワイルディング、ローレンス・ネイミスなど。主としてイギリス系俳優によるキャストが組まれている。製作は「尼僧物語」「或る殺人」のレイ・スターク。

1960年製作/アメリカ
原題:The World of Suzie Wong
配給:パラマウント

ストーリー

新境地をひらこうと香港に来たアメリカの画家ロバート・ロマス(ウィリアム・ホールデン)は美しい中国娘と知り合った。大金持の娘ということだったが、彼女はロバートが泊まる安ホテルを溜り場にしている売春婦の1人。名前をスージー・ウォン(ナンシー・クワン)と言った。ロバートは銀行へいき、紹介されてあった頭取のオニール(ローレン・ネイスミス)に会い挨拶をした。オニールにはケイ(シルビア・シムズ)という美しい秘書がついていた。銀行から戻ったロバートはスージーを呼んで絵のモデルにした。彼女は部屋へ呼んで肉体を要求しないロバートを不思議に思った。食事を共にしたあとスージーはロバートの女になりたいと言い出した。人種や境遇の違うことからロバートは断ったがスージーは機会あるごとに迫った。しかし、モデルになっている彼女にロバートは次第にひきつけられるようになった。一方、ケイもオニール邸での食事でロバートと時間を共にして以来、彼を愛するようになり、ロバートの絵の買手を見つけようと奔走した。ある日、スージーの客ベン(マイケル・ワイルディング)がロバートを訪れ、スージーを譲ってくれといって連れ去った。ロバートの彼女への愛はつのった。彼は戻ってきたスージーの愛を受け入れた。2人の幸福な生活が始まったがスージーに小さな男の子がいることが分かった。ロバートは彼女をとがめず子供の養育を引き受け、絵の勉強に用意した金をあてた。わずかな金は直ぐなくなり、オニールに頼み銀行で働かせてもらおうとしたが、スージーと結婚するなら重役が反対すると断られた。スージーはロバートに絵の勉強をつづけさせるため“働き”に出ると言い出した。ロバートは怒って彼女を追い出した。が、彼はその行方を何日も探した。ある日、突然スージーが帰ってきた。子供を隠してあった場所に地崩れがあったというのだ。2人が駆けつけたとき子供は死んでいた。涙にくれるスージー、その肩を抱くロバート。2人はもうけっして離れることがないだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第18回 ゴールデングローブ賞(1961年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) ナンシー・クワン
最優秀作曲賞 ジョージ・ダニング
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る