スウィーティー(1989)

解説

「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオンの長編第一作。両親から才能を見込まれて育った娘が、いつの間にか世間からかけ離れていく様子を描いたブラックなホーム・コメディ。1989年度ジョルジュ・サドゥール賞受賞。

1989年製作/オーストラリア
原題:Sweetie

ストーリー

少女の時からスターを夢見るスウィーティー(ジュネヴィエーヴ・レモン)は、大人になっても普通人の常識を持てないでいる。感情の赴くままに行動する彼女は、人間というより動物のよう。妹のケイ(カレン・コルストン)はそんな姉を毛嫌いするあまり、感情を表に出せない人間になっており、占いに自分の心を託している。自由奔放な姉と、自分の殻に閉じこもる妹は、何事にもぶつかり合う。芸術家肌の父親はやさしいが頼りなく、業を煮やした母親は家出中だ。家族はばらばらのようで、どこか離れられないでいるのだが、そんなある日、スウィーティーは動物のように素っ裸で木に登り、あげくに転落して死んでしまう。そして、家族のそれぞれがスター気取りだった小さい頃のスウィーティーを思い浮かべるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 カンヌ国際映画祭(1989年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ジェーン・カンピオン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く

他のユーザーは「スウィーティー(1989)」以外にこんな作品をCheck-inしています。