叫びとささやき

劇場公開日

叫びとささやき
13%
32%
42%
10%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、19世紀末のスウェーデンの大邸宅を舞台に、4人の女性の愛と孤独、生と性を強烈な色彩で描いた人間ドラマ。広々とした屋敷で暮らす上流階級の女性アグネスと召使のアンナ。アグネスの両親は既に他界しており、姉カーリンと妹マリアも結婚して家を出ていた。ある日、病気で死の床にあるアグネスを見舞うため、カーリンとマリアが屋敷にやって来る。「野いちご」のイングリッド・チューリン、「不良少女モニカ」のハリエット・アンデルセン、「仮面 ペルソナ」のリブ・ウルマンが3姉妹役を演じた。第40回アカデミー賞で撮影賞を受賞。日本では1974年に初公開。2018年「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でリバイバル上映。

1972年製作/91分/スウェーデン
原題:Viskningar och rop
配給:ザジフィルムズ、マジックアワー
日本初公開:1974年1月19日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)1973 AB SVENSK FILMINDUSTRI

映画レビュー

4.5暗転ではなく赤転する画面。赤で統一されたインテリア。“叫び”は本音で“囁き”はその場しのぎ?“そして“沈黙”は宇宙の、世界の、人生の、人間の実相?

2022年5月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

①ついに観たぞ、『叫びとささやき』!って感じ。②ベルイマンの全作品を観ているわけではないが、ベルイマンは人間というものに期待していないように思う。かといって失望したり絶望しているという意味ではないですけど。個人的には、失望されたり絶望されると寂しいが、あまり期待されるとなあ、と思う方だか話が逸れましたね。③いくら親子でも分かり合えないところがある。でも仕方ないもん。違う個人だから。だから結局全て呑み込んで今まで通り付き合っていくしかない。ベルイマンの『秋のソナタ』はそんなメッセージを発した映画だったと思う(リヴ・ウルマンの演技は凄かった)。この映画でも同じ人間観が観てとれる。④ラストから遡ろると、マリーナからアンナに渡されたアグネスの日記の9月13日には『』

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.0赤が強烈な印象を作り出すがキツイ。 三姉妹の愛憎は息が詰まりそう。...

2022年4月3日
iPhoneアプリから投稿

赤が強烈な印象を作り出すがキツイ。
三姉妹の愛憎は息が詰まりそう。虚構と実像を織り混ぜながら人間の醜さを描いているように感じた。慈母のようなアンナの存在だけがこの映画の中の救いだが、重くのしかかってくるような作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0ベルイマン

kossyさん
2022年3月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 がんで死んだはずのアングネス。やってきた姉カーリンと妹マリーアのことが心配なので、死しても2人をベッドに呼ぶ。

 3姉妹それぞれの回想シーンが展開するけど、顔が似ているため混乱しそうにもなる。性格の違いを見事に表現した脚本は素晴らしい出来。現実と過去を繋ぐ赤い画面のフェードイン&アウトが上流階級の闇を表現しているようで感情を揺さぶられる。3姉妹と使用人アンナそれぞれのクロースアップは陰影が強調されていて、喪服の黒、壁の赤が不気味なコントラストを保っていた。そして、安らぎを覚える白。アンナが胸元を露に死にゆくアングネスに母親のような態度で寄り添う光景が印象に残る。

 医者との浮気が原因で自殺する夫というエピソードもあったけど、彼女たちの欲望に渦巻く世界も聖なるアンナによって浄化されるような。終盤には心霊的な怖さもあったが・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0映像美

2021年7月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

娯楽映画ではなく映像芸術として眺めると
逆に深層心理が浮かび上がってくる
アップの表情にものの見事に…
台詞はいらない

財産と美貌は与えられたのに
母親からスキンシップな愛を与えられず
大人になってから苦しむ三姉妹
全員かわいそう…
子供を失って仕えてきたメイドもかわいそう

誰しもどこかにサディスティックな性癖を隠し持っていることに気付かされるのでは?

日常だけを生きてちゃダメよ
この日常が真理だなんてバカバカしい
もっと映画を心底楽しもう❣️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mamagamasako
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る