サクリファイス(1986)

劇場公開日

40%
40%
16%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

言葉を話せなかった少年が話せるようになるまでの1日を、その少年の父の行動を通して描く。製作はカティンカ・ファラゴー、エグゼキュティヴ・プロデューサーは、アンナ・レーナ・ウィボム、監督・脚本は「ノスタルジア」のアンドレイ・タルコフスキーで、これが彼の遺作(86年死去)となった。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はJ・S・バッハ(マタイ受難曲BWV244第47曲)他スウェーデン民族音楽と海音道宗祖の法竹音楽 、美術はアンナ・アスプ、編集はタルコフスキーとミハウ・レシチロフスキーが担当。出演はエルランド・ヨセフソン、スーザン・フリートウッドほか。

1986年製作/スウェーデン・アメリカ・フランス合作
原題:Offret/Sacrificatio
配給:フランス映画社

ストーリー

スウェーデンの南、バルト海をのぞむゴトランド島。誕生日を迎えたアレクサンデル(エルランド・ヨセフソン)が息子の少年(トミー・チェルクヴィスト)と枯れた松の木を植えている。かつて「白痴」のムイシキン公爵の役等で大成功をおさめた名優だったアレクサンデルは今は評論家、大学教授として島で静かに暮らしている。「昔、師の命を守って3年間、若い僧が水をやり続けると、枯木が甦った」という伝説を子供に語るアレクサンデル。そこに郵便夫オットー(アラン・エドヴァル)が祝電をもってやってくる。無神論者というアレクサンデルに、オットーは、ニーチェの永却回帰の話をもちだす。喉の手術をしたばかりの少年は、言葉が言えない。親友の医師ヴィクトル(スヴェン・ヴォルテル)を案内して妻のアデライデ(スーザン・フリートウッド)が来るが、アレクサンデルは子供との散歩を続け独白をくり返す。ヴィクトルのプレゼントのルブリョフのイコン画集にみとれるアレクサンデル。妻は、舞台の名声を捨てた夫に不満をもっている。娘のマルタ(フィリッパ・フランセン)も、小間使のジュリア(ヴァレリー・メレッス)も魔女と噂される召使いのマリア(グドルン・ギスラドッティル)も、夫婦の不仲には慣れている。急に姿が見えなくなった子供を探していたアレクサンデルは、突然失神する。白夜の戸外。アレクサンドルは、自分の家とそっくりな小さな家を見つける。通りかかったマリアが、自分で作ったのだという。子供は2階で眠っていた。アレクサンデルが階下へ降りると、テレビでは核戦争の非常事態発生のニュースを報じているが、途中で通信が途絶えた。電話も電気も通じない。パニックに陥る人々。いつも自分の願望とは逆な結果に終わってきたと嘆くアデライデ。子供に気を使う小間使のジュリアを、感謝の気持ちを込めて抱き寄せる彼女。アレクサンデルはヴィクトルのカバンの中にピストルをみつける。隣室ではヴィクトルを誘って服をぬぐマルタ。アレクサンデルの口から、初めて神への願いが発せられる。「愛する人々を救って下さい。家も、家族も、子供も、言葉もすべて捨てます」と誓う。ソファーに眠り込んだアレクサンデルをオットーが起こしにくる。そして彼は、マリアの家に行き愛せ、という。マリアを訪れたアレクサンデルは、彼女に母の思い出を話し、抱き合った。朝、目ざめたアレクサンデルは、光の中、神との契約を守るべく、自らを犠牲に捧げる儀式をはじめた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第39回 カンヌ国際映画祭(1986年)

受賞

コンペティション部門
国際映画批評家連盟(FIPRESCI)賞 アンドレイ・タルコフスキー
芸術貢献賞 スベン・ニクビスト
審査員特別グランプリ アンドレイ・タルコフスキー

出品

コンペティション部門
出品作品 アンドレイ・タルコフスキー
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0

Takterusさん
2020年12月16日
スマートフォンから投稿

幸せ

調和。映像作品の極み。
脚本、台詞といったストーリーの裏で、
映像感覚のストーリーが進行する。
表と裏はひっくり返りながらエンディングへと向かっていく。
タルコフスキー作品の観賞後は、普段の見慣れた景色がいっそう美しく見えてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takterus

5.0正にタルコフスキー監督版「生きる(黒澤明監督)」

2020年4月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

幸せ

10年ぶりくらいに鑑賞。

タルコフスキー監督らしい重厚な芸術的映像美が究極の域にまで達している。終始ゆったりとした長回しが印象的。ゆっくりとじっくりと降り注ぐような息を飲む美しいシーン達が至極絶品。どれも思慮深くて興味深い劇中の会話、予想を遥かに超えてくるストーリー展開にも圧倒され、その世界に引き込まれた。

あるひとつの側面から考えてみれば、タルコフスキー監督版「生きる(黒澤明監督)」と捉えることが出来る。たとえ周りに否定され、見放されても、嘲られ、狂人だと思われても、ひたすら己を捧げて、こつこつと周りに愛情を注ぎ続ければ、いずれ自分自身の人生にも光りが宿り、生が蘇る。テーマとメッセージ共にタルコフスキー監督が愛した黒澤映画のひとつである「生きる」へと通ずるものを感じた。本作における核戦争勃発が「生きる」における末期癌余命宣告。そしてタルコフスキー監督自身が本作の撮影時に末期の肺癌におかされていたというのだから、本作撮影時のタルコフスキー監督の生き様自体がもはや黒澤監督の「生きる」とリンクする。その結果必然的に、本作における核戦争勃発とタルコフスキー監督の受けた末期癌宣告を結びつけずにはいられなかった。タルコフスキー監督は最終的に本作を息子に捧げている。父アルセーニイと同様にかつて家族を捨てたアンドレイが、死を目の前にして、息子への思いを自身の流儀でもある芸術という形にして生を吹き込んだ。自身も父アルセーニイから詩を通して受け継いだ魂を、同じく芸術という形で、しかも芸術としてはこれ以上無い高尚な形で遺した。タルコフスキー家に脈々と流れる芸術家の血の集大成と言っても過言ではない傑作だと思う。最後のテロップでは「希望と確信をもって」と力強く息子に捧げている。父として息子に残した最後の大きい思いに胸が熱くなった。

そして人類の核兵器所持に対する警告や、あるがままの自然に手を加えることの愚かさなど、タルコフスキー監督のメッセージに深く共感できるものがあった

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
バンデラス

5.0色々な比喩や暗喩があり会話も哲学的で、2時間半もあるので正直疲れるが

2019年11月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

スウェーデンの湖畔を舞台に戯画的な人物配置で、終末戦争の恐怖を美しい映像で描く。

そういえば1986年頃くらいまで、核戦争の脅威が残っていたなと思う。その後すぐにソ連は崩壊したが。

スウェーデンの巨匠ベルイマン組の名撮影監督スベン・ニクベストの映像は流石の一言。室内から屋外の暗い場面も雰囲気十分にあり見応えあり。

最後の屋敷が燃える場面は、カメラの故障で再度セット組んで再撮影したらしいが。

タルコフスキーの遺作で深夜のテレビ放送の時に、鑑賞したと思うが全く覚えてないので、初見状態だが、色々な比喩や暗喩があり会話も哲学的で、2時間半もあるので正直疲れるが、まあ良く出来た作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミラーズ

3.5やっと観た!こちらも粉砕…

CBさん
2019年10月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

今回、早稲田松竹さんのおかげで、とうとう、それも「サクリファイス」「ノスタルジア」の二本立てという豪華組み合わせで、観ることができた。
観念的な映画だろうから、今回は予習してから行った、ということは、「ノスタルジア」のレビューで書いた通り。そして、そんな予習も吹き飛ばされた点も書いた通り。タルコフスキー監督、甘くなかったわ。

ただ、こっちのがまだついていきやすかった。
世界最終戦争が始まってしまったが、主人公がお手伝いさんとベッドを共にすれば、それを変えられるって、なんじゃいって話なんだが、主人公には幼い頃の何らかのトラウマがあって、そう簡単な話ではない。お手伝いさんは魔女だし。

と、わかったように書いても、自分でも何言ってるかわからない。何度も書くが、さすがタルコフスキー監督。

「それらは象徴ではなく比喩であり、スクリーンの中で起こっていることは現象である」と監督は答える。何かの例えなのね、教えてはもらえないけど。

この、投げかけておいて「自分で考えてね」という突っ放したスタイルが、俺がこの監督の作品を好きな理由かもしれない。

犠牲という意味のタイトルから連想し過ぎかもしれないが、だいぶ宗教入っている感じ、それもキリスト教。だから余計俺には、わからないのかも。(自分は八百万の神で、科学至上主義)

二本立てを堪能したわけだが、結論は、俺には、「ストーカー」「惑星ソラリス」が精一杯だってことかな。

ただ、観てないという長年の懸念を解消できたのは、やはり嬉しい。「鏡」や他の作品が来たら、また出かけていって、粉砕されてこよっと。
その機会が来るのは、また5年後くらいかなあ。

2020/9/10 追記
このレビューじゃ、タルコフスキー監督を誤解されかねないので、早稲田松竹さんの、短いが的確な紹介を載せておきます。
> 実際に訪れたカタストロフに抗うために自らを神に捧げる男

う〜ん、素晴らしい。「早稲田松竹 タルコフスキー」で出る紹介も是非参照ください。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 2 件)
CB
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「サクリファイス(1986)」以外にこんな作品をCheck-inしています。