殺しが静かにやって来る

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
殺しが静かにやって来る
15%
35%
40%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「続荒野の用心棒」のセルジオ・コルブッチが、ヴィットリアノ・ペトリリ、マリオ・アメンドラ、ブルーノ・コルブッチと脚本を共同執筆し、さらに監督したマカロニ・ウエスタン。撮影はアレハンドロ・ウローア(アレクサンダー・ウローア)、音楽は、エンニオ・モリコーネ。出演は、「女性上位時代」のジャン・ルイ・トランティニャン、その他クラウス・キンスキー、フランク・ウォルフなど。

1968年製作/105分/イタリア
原題:Il grande silenzio
配給:20世紀フォックス

ストーリー

アメリカ西部の町、スノーヒルは、殺し屋が占領する恐ろしい町だった。殺し屋のボスはロコ(K・キンスキー)。ロコの黒幕は、判事のポリカット(L・ビスチリ)たった。そんな町に、幼時、両親をポリカットに殺されたサイレンス(J・ルイ・トランティニャン)がやって来た。ロコに夫を殺されたポーリン(V・マクギー)に代金千ドルで、復讐を頼まれたのだった。しかし、ポーリンは千ドルを、ポリカットの奸計でつくることができず、それを知ったサイレンスは、無償で仇討ちをひきうけた。酒場でロコと戦かおうとしたサイレンスは、ロコの部下に襲われ重傷を負った。が、ロコも、ポーリンの夫殺しで、保安官ゲデオン(F・ラルフ)に、逮捕された。ゲデオンは、この無法の町の秩序回復のために心を砕いている一人だった。一方、サイレンスは、ポーリンの家で手当てをうけていたが、やがて、二人は愛し合うようになっていった。しばらく平穏な日が続いた。が、それもロコの手下たちが、留置所を襲い、ロコを救出したため、終りをつげた。傷つきながらも再びロコと対決したサイレンスは、その場にかけつけたポーリンとともに、ロコの銃のため、命を絶たれたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ゾンビーバー
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • HUNT 餌 ハント・エサ
  • バッド・マイロ!
  • プライマル・レイジ
  • ビッグ・バグズ・パニック
  • マングラー
  • ジーパーズ・クリーパーズ
  • リターン・オブ・ジーパーズ・クリーパーズ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10

(C)Adelphia/Les Films Corona/Beta Film 1968

映画レビュー

5.0モリコーネといったら何か? 戦場のピアニスト?違うだろ ニューシネ...

2020年11月16日
iPhoneアプリから投稿

モリコーネといったら何か?
戦場のピアニスト?違うだろ
ニューシネマパラダイス?

何だよ、それ

モリコーネと言えば殺しが静かにやって来るかガンマン大連合、夕陽シリーズに決まってるだろ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あらいあらお

3.5雪原下の不条理西部劇

h.h.atsuさん
2020年7月26日
iPhoneアプリから投稿

Sergio Corbucci監督のDjangoもニヒリズムで満たされた衝撃的な作品だが、この作品は観賞後さらに輪をかけて虚無感を感じさせられる。

Ennio Morriconeの物哀しいメロディが作品全体を覆っている。
勧善懲悪の本場米国のウエスタンとは異なり、ヨーロッパ映画の土壌が作品の奥深さを形成していく。ラストシーンは今観ても衝撃的だ。

クロサワ映画に影響を受けたマカロニウエスタンは、本家ウエスタンを換骨奪胎して新たなフィルム・ノアールをつくり、さらに「必殺仕置人」のような日本の時代劇にあらたな影響をあたえていく過程がおもしろい。

Djangoのときはマシンガン、今回の主人公の武器は自動拳銃。使用する武器もユニーク。

ラストの決闘に向かう降雪のシーンは日本の仁侠映画を連想させる。

父母の暗殺者に自身もノドを切られ言葉を発せられない主人公(サイレンス)の無言の演技も強烈だが、敵役ロコを演じるK・キンスキーの怪演も強烈。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
h.h.atsu

4.0情緒もねぇ情けもねぇ生まれてこのかた見たことねえ

あしたさん
2020年5月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ストーリーはあくまで推進力として最低限に。
なるほどわかりました。
あとは静寂と殺戮だ。
オーケー大好物です。
ラスト最高ですしね!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あした

3.0こんな終わり方ありかよ

2019年11月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

子供の頃、両親を殺され、話すことが出来ないように喉を切られた男が主人公(ジャン=ルイ・トランティニャン)。
早撃ちで、悪徳賞金稼ぎを殺しながら復讐の相手を探していた。
同じく早撃ちの賞金稼ぎの凄腕で相手をすべて殺してしまう男(クラウス・キンスキー)がいた。
こんな終わり方ありかよ。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る