恐竜グワンジ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウィリアム・バストの脚本の「チビッコの大脱走」のジェームズ・オコノリーが監督した怪獣もの。撮影は「栄光の座」のアーウィン・ヒリアー(ダイナメーションという特撮方法を使用)音楽は「レーチェルレーチェル」のジェローム・モロス、編集はヘンリー・リチャードソンが担当した。出演はテレビ「ミスター・ノバック」のジェームズ・フランシスカス、「愚か者の船」のギラ・ゴランほか。製作はチャールズ・H・シニア、共同製作と特殊効果をレイ・ハリーハウゼン。

1969年製作/アメリカ
原題:The Valley of Gwangi
配給:ワーナー

ストーリー

1912年頃。メキシコに住むジプシーのカルロスは“禁断の谷”と呼ばれている渓谷の入り口で兄が死んでいるのを発見した。何者かによって、ひどく攻撃され、手には麻袋を握っている。そして数年。カルロスは近くの町のサーカスに入った。女座長のテレサ(ギラ・ゴラン)のもとで働いていたが、ある日のこと、テレサのかつての恋人で、今はライバルのサーカスで働くタック(ジェームズ・フランシスカス)がやって来た。カルロスは、例の麻袋を彼に見せ、彼は古生物学者に見せた。すると、その袋の中身は、すでに5000年前に死に絶えたはずの動物だという。それを聞いたサーカスの連中、これは商売になると、ジプシーたちに道案内させ、禁断の谷に向かった。そこは、世にも恐ろしい怪獣の谷だった。とりわけ、グワンジと呼ばれる怪獣は身の丈35メートルもある。怪獣どおしの血みどろの争いも展開され、カルロスは殺される。しかし、ふとしたはずみに、グワンジは、落ちてきた岩石の下敷きとなり、身動き出来なくなった。一行はグワンジを生け捕りにして帰り、サーカスの見せ物とした。さて開幕の日、グワンジは暴れ出し町は大騒動。町はずれの寺院まで追いつめたが捕まえるすべもない。その時タックは、寺院にあった中世の槍をグワンジの頭がい骨めがけて打ちこんだ。さすがの恐竜にも致命的な一撃であった。苦しみにのたうち、燃えるランプを倒し、炎のかたまりと化した寺院の中で、息絶えていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「恐竜グワンジ」以外にこんな作品をCheck-inしています。