華麗なる週末

劇場公開日

3.30
29%
14%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ノーベル文学賞作家、ウィリアム・フォークナーの同名小説を「肉体の遺産」でフォークナー作品を手がけたアーヴィング・ラヴェッチとハリエット・フランク・ジュニア夫妻が脚色。「女狐」のマーク・ライデルが監督した。撮影をリチャード・ムーア、音楽をジョン・ウィリアムス(2)、美術をチャールズ・ベイリーとジョエル・シラーがそれぞれ担当した。製作は、アーヴィング・ラヴェッチとアーサー・クレーマーが担当。出演は「ブリット」のスティーブ・マックイーン、「かわいい女」のシャロン・ファレル、「真夜中のカーボーイ」のルース・ホワイト、「コマンチ族の怒り」のウィル・ギア、「アメリカの影」のルパート・クロス、「情熱の狂奏曲」のファノ・ヘルナンデス、「波止場」のクリフトン・ジェームズ、ミッチー・ボーゲル少年など。テクニカラー、パナビジョン。1969年作品。

1969年製作/アメリカ
原題:The Reivers
配給:東和

ストーリー

20世紀初めのアメリカ南部の町。11歳のルーシァス(ミッチー・ボーゲル)は朝から落ち着かない。“ボス”と呼ばれる祖父(ウィル・ギア)が、町ではじめて車を買ったのだ。使用人のブーン(スティーブ・マックイーン)、黒人のネッド(ルパート・クロス)も興奮気味だ。そんなある日、祖父たちは親戚の葬式のため、ルーシァス、ブーン、ネッドを残し出かけることになった。祖父は3人に、車に乗ることを禁ずると言い渡していった。しかし、そんな禁句もなんのその、ブーンは、ルーシァス、ネッドと共に、メンフィスへドライブとしゃれこんだ。メンフィスで3人は、ブーンのなじみの女コリー(シャロン・ファレル)のいる娼家に宿をとった。何も知らぬルーシァスは、コリーの美しさに驚き、いっぺんで好きになってしまった。一方、ネッドは、インチキ話に乗せられて、車と駄馬を交換してしまった。怒ったブーンは、やっとのことで車をとり返した。このメンフィス行きは祖父たちにバレたが、ルーシアァスにとっては、忘れられぬものとなった。そしてルーシアァスに慕われたコリーは、娼家から出てブーンの幸福な妻となった。(東和配給*1時間48分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第42回 アカデミー賞(1970年)

ノミネート

助演男優賞 ルパート・クロス
作曲賞(ミュージカルを除く) ジョン・ウィリアムズ

第27回 ゴールデングローブ賞(1970年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) スティーブ・マックィーン
最優秀助演男優賞 ミッチー・ボーゲル
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「華麗なる週末」以外にこんな作品をCheck-inしています。