インド行きの船

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

イングマール・ベルイマン監督の長編第三作目にあたり、フィンランドの劇作家マッティン・セーデルイェルムの同名戯曲の映画化。

1947年製作/スウェーデン
原題:Skepp till Indialand
配給:日本ヘラルド

ストーリー

港町の劇場の踊り子サリー(イェートルド・フリード)をめぐって、老いたサルベージ船の船長アレクサンデル(オルガー・ローウェンアドラー)とその息子ヨハンネス(ビルイェル・マルムステーン)が対立し、二人は激しく争い合う。その結果、サリーは息子の元へ走り、父親はその失望と、次第に悪化する眼病を憂いて自殺する。ヨハンネスは七年後の再会を約束して航海へ旅立つ。七年後、一人前の航海士になって帰って来たヨハンネスはサリーを連れてインドへ船出するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く