アダムス・ファミリー(1991)

劇場公開日:

解説

チャールズ・アダムス原作で、TVシリーズ化されたこともある漫画“The Addams Family”(TVタイトルは『アダムスのお化け一家』)の映画化。監督は「ミラーズ・クロッシング」などのカメラマンで、これが監督デビューとなるバリー・ソネンフェルド、製作は「心の旅」のスコット・ルーディン、エグゼクティヴ・プロデューサーはグラハム・プレース、脚本は「ビートルジュース」のラリー・ウィルソンと「シザーハンズ」のキャロライン・トンプソン、撮影は「殺したいほど アイ・ラヴ・ユー」のオーウェン・ロイズマン、音楽は「シティ・スリッカーズ」のマーク・シャイマンが担当。

1991年製作/アメリカ
原題:The Addams Family
配給:コロンビア・トライスター
劇場公開日:1992年4月25日

ストーリー

鉄の門に閉ざれた館。ここには不気味なアダムス一家が住んでいる。当主のゴメス(ラウル・ジュリア)と妻のモーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)、彼らの子供たちウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)とパグズリー(ジミー・ワークマン)、モーティシアの母グラニー(ジュディス・マリーナ)、執事のラーチ(カレル・ストライケン)、そして「ハンドくん」と呼ばれる切断された手…。一家の弁護士タリー(ダン・ヘダヤ)は借金で首が回らず、高利貸しのアビゲイル(エリザベス・ウィルソン)にそそのかされてアダムス家の財産を狙っていた。アビゲイルの息子ゴードン(クリストファー・ロイド)が25年間行方不明になっているゴメスの兄フェスターにそっくりなのに目をつけ、彼をフェスターに仕立て上げて一家を乗っ取ろうというのだ。そんなこととは知らないゴメスは兄との再会に大喜びだが、長女ウェンズデーだけは疑いの目を向ける。秘かに一家の財産のありかを捜すうち、子供たちもゴードンになついてくるが、一家でパーティーが開かれた日、ウェンズデーにアビゲイルとの会話を聞かれてしまう。ゴードンたちに追われてウェンズデーは、墓地に逃げる。ウェンズデーの姿が見えないことを心配したアダムス一家が総出で彼女を捜すうち、タリーとアビゲイルによって邸から締め出されてしまう。裁判で一家の財産はニセのフェスターに渡る判決が出されてしまったのだ。仕方なく一家はそれぞれ仕事を始めたが、すっかり元気をなくしたゴメスに見かねてモーティシアは、アダムス邸に向かうがあえなく捕まってしまう。ハンドくんに知らせを受けたゴメスは愛する妻の救出に向かい、タリーとアビゲイルを倒す。そしてその時のショックでゴードンは失っていた記憶を取り戻す。実は彼は本物のフェスターで、記憶を失っている間にアビゲイルの養子となっていたのだ。こうしてアダムス一家は再び邸に戻ることができたのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第49回 ゴールデングローブ賞(1992年)

ノミネート

最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) アンジェリカ・ヒューストン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.5【キャラが濃すぎる不気味なお化け一家アダムス家の面々が面白い作品。彼らの財産目当てに長年行方不明だった兄が戻って来て大混乱。】

2024年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

興奮

■当主のゴメス、妻で魔女のモーティシア以下、不気味な洋館に暮らすアダムス一家。
 そこへ、長年行方不明だったゴメスの兄フェスターが現れる。
 再会を喜ぶ一家だったが、実はそのフェスターは、一家の財産横取りを狙う顧問弁護士タリーが送り込んだニセモノで、タリーが金を借りているクレイブン夫人の息子、ゴードンだった。

◆感想

・アダムス一家は皆何処かオカシイが、憎めない。

・特に手首だけのキャラクター「ハンドくん」は秀逸である。

・ゴメスの妻で魔女のモーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)の娘、ウエンズデー(クリスティーナ・リッチ)も一切笑わない印象的な娘で有る。

<ナカナカだったので、第二作も観ようかな。>

コメントする 1件)
共感した! 1件)
NOBU

5.0デレレレンッ!

2023年11月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、VOD

楽しい

興奮

萌える

絶対好きな世界観と言われ続けてようやく鑑賞。

いやこれめっちゃ好きなやつじゃん、なんで教えてくれないの????
シンプルなゴシックとちょっぴりセクシーさもありながら、きっちりと毒味のあるユーモラスが重なっていてとてもいい。これを求めていたのかもしれない…
なんでこれが好きなんだろう?と調べてみたら、どうやらティムバートンが影響を受けた世界と…いやそりゃ好きです…。

意外とラーチが好みでした。長身無口サイコー

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ゆーにゃん

1.5子供向け

2023年2月19日
iPhoneアプリから投稿

小学生の頃に見たら好きになりそう。ウェンズデイは可愛い

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

1.0なんか

2022年12月25日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

面白くありません。
どの部分が面白いのか全然分かりません。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
まっくん
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アダムス・ファミリー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「アダムス・ファミリー(1991)」以外にこんな作品をCheck-inしています。