子ぎつねヘレン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
子ぎつねヘレン
10%
29%
47%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

北海道の大地を舞台に、目と耳が不自由な子ぎつねと東京から引っ越して来た少年の心の交流を描いたヒューマンドラマ。監督は、本作が初の劇場用作品となる『ワンダフルライフ』の河野圭太。写真家でエッセイストの竹田津実による『子ぎつねヘレンがのこしたもの』を基に、「ジェニファ 涙石の恋」の今井雅子が脚色。撮影を「変身」の浜田毅が担当している。主演はTVドラマ『みんな昔は子供だった』の深澤嵐と「イントゥ・ザ・サン Into the Sun」の大沢たかお。

2005年製作/108分/日本
原題:Helen The Baby Fox
配給:松竹

ストーリー

カメラマンの母・律子(松雪泰子)の仕事の都合で、北海道の森の診療所で獣医をしている律子の幼なじみで“将来のお父さん”になる筈の矢島(大沢たかお)のもとに預けられることになった小学生の太一(深澤嵐)は、ある春の日、道端で1匹の子ぎつねを拾う。そして、どうやら母親とはぐれたらしい子ぎつねに自身の姿を重ね合わせた彼は、子ぎつねを診療所に連れ帰るのだが、実はその子ぎつねは目と耳が不自由だったのである。そんな子ぎつねに“ヘレン”と名付けた太一。「体力をつければ、手術を受けられるかもしれない」と言う矢島の言葉を信じた彼は“サリヴァン先生”となってヘレンを育て始める。やがて“ドクター・キタキツネ”の異名を持つ獣医大学の上原教授(藤村俊ニ)によって精密検査が行われることになった。ところが結果は太一の予想に反していた。しかも、このままではヘレンが教授たちの研究材料にされる!「ヘレンには僕が必要なんだ」。ヘレンを大学病院から取り戻した太一はそれからも献身的にヘレンの面倒を看た。だが、ヘレンは度々発作を起こすようになり、遂に息絶えてしまう。しかし、ヘレンと過ごした3週間は、太一に、そして周囲の人たちに生きることの意味を教えてくれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0キツネと少年

としさん
2020年8月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2020年8月22日

映画 #子ぎつねヘレン (2005年)鑑賞

北海道の獣医の元に預けられた小学生が母親からはぐれた子ぎつねを拾う
子ぎつねは頭に怪我を負い視覚・聴覚・嗅覚を失っていた
ヘレン・ケラーにちなんでヘレンと名付けた子ぎつねを懸命に育てるお話

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とし

3.0サリバン君と連発されると、アン・バンクロフト(2005.6.6没)を思い出しました。

kossyさん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 ほふく前進ネタだけでも喜ぶことができるお子様なら満足できるでしょうけど、最初から大人の観客をバカにしたかのような脚本だったかもしれません。矢島親子(小林涼子が大沢たかおの娘なのかどうかも不明)がヘレンを発見した冒頭シーンからいや~な予感がしたのです。いくら動体視力が優れていても、あの速度で車を走らせていてキツネが動いてないことを確認できるシークエンスにするには編集の荒さが出ていたのではないでしょうか。そして予感は的中しました・・・

 動物病院を知らない警官・阿部サダヲや謎の老婆・吉田日出子、伏線のように思わせておいて全く無意味な人物設定。少年と動物診療所の大沢たかおの関係にしたって、最後にわざとらしいサプライズを持ってくるにしては不自然すぎる初期設定。「お前か~」という対面シーンがあるため観客はあれこれ想像するはずですが、この想像するという労力が報われないまま置いてけぼりにされそうになるのです。この原因は、幾分浮いているキャラの松雪泰子をストーリーの中に溶け込ませるには無理があったからでしょうけど・・・子ぎつねヘレンだけに注目してもらいたいのなら、無駄な人間ドラマを省いてドキュメンタリータッチに作ったほうが好感度が上がると思います。

 子ぎつねの糞を採取して研究室に送った直後のシーンでエキノコックスが発見されます。さすが北海道は郵便が届くのが早いとわかり、びっくりしました。さらに物語は進み、太一少年の学校生活なども映し出され、キタキツネの知識をさりげなく棒読みする同級生がいたりします。「あぁ、いい友達もいるんだぁ~」と心を和ませてくれるのですが、前後の関係がハッキリしません。とにかく脇の登場人物が不自然すぎて可哀想になってきます・・・逆に、九官鳥や犬のロッシ(コッシではありません)の演技はとても良かったです。

 だからといってひどい映画か?と言われると、そうではなく、いい点もいっぱいありました。北海道の自然、特に草原のさざなみ映像は好きです。また、CGで描いたファンタジーっぽい映像はお子様にとっては情操教育となり、いいのではないでしょうか。そして、伏線が全くなさそうだったのに、太一が将来カメラマンになるのではないかと思わせるところは上手くできてました。さらに音楽はかなり素敵♪

 生命の尊さを子供に教えることはいいことですけど、それにしては苦痛と安楽死についてかなり説明がなされていました。難しいテーマだと思いますが、お子様たちはどのように捉えているんでしょう。「楽しかったに違いない」というのは人間のエゴのような気もするし・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

2.5命に係わるということは

2018年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

主人公の男の子が子供のキツネを拾ってくる。
獣医をしている家主に診てもらうが、目が見えない、耳が聞こえない、鼻が利かないなど先天的な病気があることがわかる。
主人公の母親は自由人でかなり放任主義だったが、主人公はこのキツネの面倒を見ることが出来るのか。
身近で命を感じることは大切。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.0短い生命をどう生きる

由由さん
2015年9月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

目が見えず耳が聞こえず鳴くこともできない野生動物を育てることの大変さというのが、それほど描かれておらず、突然病気になるなど、流れが不自然で、あまりリアリティを感じなかった。
ただ、最後は、ヘレンが太一君と出会えて、幸せに過ごすことができたと思った。人間でも他の動物でも、短い生命をどう生きるかということが大事で、出会いを大切にしたいと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
由由
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る