ホールドアップダウン

劇場公開日

12%
32%
32%
12%
12%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

2003年の「ハードラックヒーロー」で息の合ったコラボレーションを見せたV6とSABU監督が、再びタッグを組んだクライム・ムービー。「幸福の鐘」や「DRIVE ドライブ」で海外からの評価も高いSABUが、バラエティ番組などで鍛えられ笑いのセンスが光るV6をより個性的なキャラクターとして完成させた。共演に「リンダ リンダ リンダ」の香椎由宇、古田新太、バナナマン。

2005年製作/97分/日本
配給:ジェイ・ストーム

ストーリー

サンタクロースの格好で銀行強盗をした木俣(井ノ原快彦)と佐川(三宅健)は、盗んだ金をコインロッカーに隠そうとする。しかし小銭がないことに気がつき、道端で歌うストリート・ミュージシャンの沢村(岡田准一)から小銭を奪う。沢村は交番へ駆け込むが、だれも沢村の言うことに真剣に取り合ってはくれない。仕方なくひとりで木俣と佐川を追う沢村だが、刑事コンビ・木場(坂本昌行)と星野(長野博)の運転する車にはねられてしまい、その拍子にロッカーの鍵を飲み込んでしまう。危ない銃マニアである木場は、子だくさんの星野に「あいつらの大金を手に入れないか」と、悪魔のささやきを…。気を失った沢村は、木場と星野の運転する覆面パトカーに積み込まれるが、途中で目を覚ます。「あの~、トイレに行きたいんですけど…」。急に起き上がった沢村に驚き、パトカーは前方のライトバンに衝突。そこから現れたのは、金属バットを手にした見るからに凶暴そうな男だった…。木場と星野がバット男と闘っているすきに、衝突のショックで再び気を失った沢村は、川に流され下流まで流れ着いてしまう。そこを通りがかったのが、元牧師でデコトラ運転手の平松(森田剛)だった。人生に絶望して川に身を投げて自殺を考えていた平松だが、長髪にヒゲ面の沢村を見て神様と勘ちがい、もう少し生きてみようと考え直す。一方その頃、冒頭のサンタ強盗二人組は警察で取調べを受けていた。電車マニアの木俣は、偶然にも自分と同じ電車好きの婦人警官(香椎由宇)と意気投合し、そこへ刑事・木場と星野が帰ってくる。サンタ強盗をわざと逃がして、金を取りに行ったところをおさえて金を横取りしようと考える木場。そこに金属バット男がやってきて、署内で発砲事件が発生! 混乱に乗じて木俣と佐川は逃走するが、その後を木場と星野も追いかける。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

1.0V6のメンバー名が半分しかわからない

kossyさん
2018年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 予告編を見ると、かなり派手なクライム・アクション。しかもコインロッカーの鍵をめぐって意外な展開があるとのこと。もしかすると、時間軸をもいじってV6のメンバーが激しく交差するのではないかと、うかつにも期待してしまったのです。観ると決まれば、名前がわからないことや時系列のトリックがあると理解不能になるんじゃないかと思い、チラシにて念入りに予習したのが間違いのもとでした。

 銀行強盗の二人、刑事二人、ストリートミュージシャン、元牧師のトラック運転手。それぞれが交通事故や犯罪と鍵によって運命が交差し、意外な展開が・・・と、ここまで予習して、その後の展開にワクワクしてスクリーンに集中する。するとどうでしょう!面白いのは予告編で見たシーンだけ・・・その後は寂れたホテルで乱闘するだけ。たしかに、SABU監督の『弾丸ランナー』や『ドライブ』の面白さを積めこんであるのですが、その面白さが前半で終わってる。これじゃ予告編とチラシだけで充分じゃないですか・・・

 面白いシーンはあった。『タクシードライバー』へのオマージュと、井ノ原快彦と香椎由宇の電車オタクバトルだ。ここだけは笑えたけど、他はやばい。最もやばいのは、森本レオの悲惨なシーンで笑いを取ろうとしていることでしょう(子供も観るんだから)。V6メンバーの中で、唯一俳優として通用しそうな岡田准一に演技させてないことも失敗。他の映画で活躍してるからという理由でそうした配役にしたのかどうかは知らないけど、そんな仲良しクラブ感覚で映画を作ったって・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0V6狂騒劇

近大さん
2018年11月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

2003年の『ハードラックヒーロー』に続く、SABU監督とV6のタッグ作。
SABU監督作と言えば、最近は人間ドラマも多いが、初期の頃は、登場人物に次々災難やトラブル続き、走って走って走る疾走感溢れるエンターテイメント。本作もそれ。

V6がそれぞれ演じるのは…
サンタの格好をした2人組の銀行強盗。(井ノ原と三宅)
ストリート・ミュージシャン。(岡田)
ちょっとあぶない刑事コンビ。(坂本と長野)
人生に絶望している元牧師。(森田)
2人組銀行強盗の凡ミスから、転がるように話が展開していく。

強盗で手に入れた金をコインロッカーに隠そうとするも小銭が無く、ストリート・ミュージシャンから奪う。
ストリート・ミュージシャンに追い掛けられ、鍵を落とす。
鍵を拾ったストリート・ミュージシャンは刑事の車に跳ねられ、鍵を飲み込んでしまう。
警察に連行された2人組強盗の一人は女性警官と恋に落ち、逃走する。
刑事コンビの一人が誤って署長を撃ってしまい、逃走する。
意識不明のストリート・ミュージシャンは元牧師のトラックに乗せられ、カチンコチンに。元牧師はある場所に向かう。
刑事コンビが後を追う。2人組強盗も後を追う…。
…と、まあ、話の展開を整理するのが大変なくらい、色々な事が起こりすぎ。
でも、テンポ良く、シュールでクスッと笑え、予測不可能で飽きはしない。
…終盤までは。

終盤、全員がある場所に集う。
突然ホラーチックになったかと思えば、全員入り乱れての大乱闘。
何だか急に失速し、意味不明。
色んなジャンルをごちゃ混ぜし、一応最後はハッピーエンド風に迎えるけど、最後まで前半の勢いのまま突っ走って欲しかった。

鬼才SABU監督作でもあり、V6のアイドル・ムービーでもある。
V6は一癖ある登場人物をそれぞれ快演。
中でも、岡田クンの扱われ方が酷くて笑える。ある意味、一番美味しい役柄だったけど。

併せて『ハードラックヒーロー』も簡易レビュー。(検索しても作品タイトル無し)
八百長試合で買ってしまい、ヤクザや警察から追われる6人の逃走劇。
よりSABU監督らしい作風の小粋なクライム・ムービー。
採点★★★

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

2.0岡田くんが余りにも出番が少ない、眠い

がんもさん
2015年11月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

岡田くんが余りにも出番が少ない、眠い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
がんも
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る