NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖見聞

劇場公開日

0%
100%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

津軽三味線の始祖である仁太坊の半生を描いた伝記長篇アニメーション。監督は西澤昭男。大條和雄による『ファンタジーミュージック~始祖 仁太坊の一生~』を基に、西澤監督が脚色。撮影監督に瓶子修一と林コージローがあたっている。声の主演に、日野聡と村田貴輝。文部科学省選定、映倫青少年映画審議会推選、青少年育成国民会議推薦。

2003年製作/100分/日本
配給:ワオワールド(配給協力 メイジャー)

ストーリー

江戸時代末期の青森県金木村神原。生まれて間もなく母を亡くし、船頭である父・三太郎に男手ひとつで育てられた仁太郎は、8歳の時に天然痘にかかり失明するも、瞽女のタマナに三味線を習い、その才能を開花させる。そして、11歳で父も亡くし天涯孤独となってからは、門付けで身を立てていくことを決意。タマナの娘・ユキらに支えられながら、次第に評判を得るようになっていく。ところが、仁太郎の三味線を叩くような奏法が、それまでの細棹に合わなくなった。そこで、造り酒屋の御曹司・菊之助の援助で太棹に持ち替えた仁太郎は、その奏法を極めるべく命懸けのイタコの修行に挑戦し、遂に無我の境地に到達することに成功。こうして、津軽三味線の基礎を築いた彼は、仁太坊と呼ばれるようになり、弘前城で開かれた園遊会では、10年にひとりの天才と言われた当道座の田原坊をも呻らせる腕前を披露するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
演出
下司泰弘
アニメーション監督
高岡じゅんいち
脚色
西澤昭男
原作
大條和雄
脚本原案
田中浩司
企画
西澤真佐栄
企画協力
井上義昭
長島慎子
ゼネラルプロデューサー
村上匡宏
協力プロデューサー
近藤光
制作プロデューサー
鷹木純一
絵コンテ
高岡じゅんいち
まついひとゆき
キャラクター・デザイン
高岡じゅんいち
総作画監督
釘宮洋
作画監督
小林利充
外崎春雄
高岡じゅんいち
田中敦子
富沢信雄
松坂定俊
吉崎誠
作画監督補
仙波隆綱
島潟美佳
撮影監督
瓶子修一
林コージロー
撮影
ゴンゾ・ディジメーション デジタル部
美術監督
工藤ただし
音楽監督
クリヤ・マコト
音楽プロデューサー
土屋努
牛田圭子
主題歌
Yae
音響監督
佐藤敏夫
録音
成田一明
音響効果
森川永子
編集
重村建吾
エンディングクリップ編集
小坂俵古
オーケストレーション
天野正道
指揮
天野正道
三味線演奏
上妻宏光
特殊効果
星美也子
3DCG制作
デジタルフロンティア
赤華
CGディレクター
土井淳
3DCGプロデューサー
植木英則
CGプロデューサー
豊嶋勇作
永川清恵
エンディングクリップデジタルエフェクト
牧達也
色彩設定
安達恵子
色指定
安達恵子
エンディングクリップ色彩設定
千葉絵美
音響プロデュース
セラフ
語り
小野木豊昭
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0最後の演奏シーンは凄過ぎる。ほんとうに胸にくるものがある。 少年時...

yonda?さん
2018年10月21日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る