壬生義士伝

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
52%
22%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新選組に参加した、名も無き武士のひたむきな生き様を描いた時代劇。監督は「陰陽師」の滝田洋二郎。浅田次郎の同名小説を基に、「あ、春」の中島丈博が脚色。撮影を「姐御 ANEGO」の浜田毅が担当している。主演は「竜馬の妻とその夫と愛人」の中井貴一と「うつつ UTUTU」の佐藤浩市。第15回東京国際映画祭特別招待、芸術文化振興基金助成事業作品。

2002年製作/137分/日本
配給:松竹

ストーリー

明治三十二年、東京市。冬のある夜、満州への引っ越しを間近に控えた大野医院に病気の孫を連れてやってきた老人・斎藤一は、そこにかつて新選組で一緒に戦った隊士・吉村貫一郎の写真を見つける…。盛岡の南部藩出身の貫一郎は、純朴な外見に似合わない剣術の達人であった。が、その一方で名誉を重んじ死を恐れない武士の世界に身を置きながら、生き残ることを熱望し、金銭を得るために戦った男でもあった。全ては、故郷で貧困に喘ぐ家族のため。脱藩までして新選組に入隊した彼には、金を稼ぎ、愛する家族のために生き残る必要があったのだ。斎藤はそんな貫一郎を嫌ったが、反面、一目置くところもあった。時が過ぎ、大政奉還。一転して賊軍となった新選組は、官軍の制圧に遭い壊滅状態に陥る。ところが、貫一郎だけは脱藩で裏切った義を二度と裏切れないと、たったひとりで最後まで戦い抜いた。そして、傷ついた彼は大阪蔵屋敷の差配役として赴任していた幼なじみの大野次郎右衛門の情けで、官軍に引き渡されることなく、故郷を想いながら切腹したのだった。思いかけず、次郎右衛門の息子・大野千秋から、気になっていた貫一郎の最期を聞くことが出来た斎藤。彼は、貫一郎の娘で今は千秋の妻となった小児科医・みつの診断を終えた孫を連れ、夜の道を帰っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
中島丈博
原作
浅田次郎
企画
石川博
遠谷信幸
企画協力
文藝春秋
プロデューサー
宮島秀司
榎望
協力プロデューサー
渡井敏久
製作プロデューサー
野村芳樹
水野純一郎
クリエイティブ・プロデューサー
中嶋竹彦
プロデューサー補
田村健一
撮影
浜田毅
ステディカム
佐光朗
プロダクション・デザイン
中嶋竹彦
美術
部谷京子
装飾
小池直実
中込秀志
音楽
久石譲
音楽プロデューサー
小野寺重之
録音
小野寺修
音響効果
伊藤進一
照明
長田達也
編集
冨田功
冨田伸子
隊服デザイン
河底美由紀
衣裳
木田文雄
真柴紀子
衣裳コーディネート
江木良彦
製作主任
砥川元宏
製作担当
氏家英樹
助監督
足立公良
スクリプター
赤澤環
スチール
北脇克己
視覚効果
橋本満明
特殊効果
橋本満明
VFXプロデューサー
佐藤高典
CGIプロデューサー
平興史
特殊メイク
原口智生
山田陽
造型スーパーバイザー
原口智生
特殊造型
三木康次
殺陣
諸鍛冶裕太
製作代表
大谷信義
菅谷定彦
鞍田暹
俣木盾夫
石川富康
菊池昭雄
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第27回 日本アカデミー賞(2004年)

受賞

作品賞  
主演男優賞 中井貴一
助演男優賞 佐藤浩市

ノミネート

監督賞 滝田洋二郎
助演男優賞 三宅裕司
助演女優賞 中谷美紀
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

1.0原作読まずに観るならいいかも

2020年5月1日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

原作が好きすぎるので、映画はダメでした。
原作の中で好きだったシーンが皆無
かなり長い小説を2時間ぐらいにするから仕方ないけど、
原作とは全く別モノ
原作好きな人は期待して観てはいけない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
つぶちょこ

4.0人間臭さがいい

雨音さん
2020年1月13日
Androidアプリから投稿

泣ける

幸せ

新撰組というとキラキラしたイメージがあるけれど、この主人公は筋を通しながらも現実的で泥臭く人間的で興味が持てた。
貧しさ、素朴さ、道義、自然、といった日本を感じさせる要素がたっぷりで好きなテーマ。
最後の方は引っ張りすぎで少し興醒め。まるで中井貴一の朗読番組を観ているかのような…。

あの時お握りを何故食べなかったのだろう、ということが意外に気になる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
雨音

4.0斎藤一は竹中直人のほうが良かったかも。

2019年10月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、VOD

テレ東で以前渡辺謙主演でドラマ化しており、そちらと見比べるのも面白い。
中井貴一の南部弁もこれまたいい味を出している。が、斎藤一は竹中直人のほうがいいかなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー

2.5作り手が下手くそ

tさん
2019年7月29日
スマートフォンから投稿

うーん・・・物語的には良い題材ですけど・・・映画の方は微妙。なんか、雰囲気的にこれと似た映画あったなぁ・・・そうそう、永遠の0みたいな感じ?あの映画のダメな点が、そのままこの映画にも当てはまると思った。

色々と詰め込みすぎ、という一言に集約される。何も印象に残らない。薄い。殺陣も映像も、特別凄いわけではない。作り手の熱意が全く伝わってこない。作り手の皆さん。あなた方は観客に何を観せたいの?観客にどんな体験をして欲しいの?全くわかりませんでした。

吉村貫一郎の見せ方が下手すぎ。なんとなーく、良い人、家族が大事、イクメン、お殿様に忠誠を尽くす、故郷が好きらしい。そう。どこにでもいるような感じの普通の人。
こういう普通の人を、いかにして魅力的な人物にするか?が作り手の手腕の見せ所なのに、、、なんの工夫もなく、本当に単に普通の人でしかない。
でもまぁ、これが日本人的なんだよね。結局のところ、作り手には主張も何も無いのだろう。なんとなーく、撮っているだけなんだよね。

あと、ギャグがなさ過ぎる。全くないと言っても過言ではない。笑えない。吉村貫一郎のキャラ設定から言って、もっとギャグ入れるべきだし、彼を普通の人間として撮っているなら、なおさら笑い演出するべきでしょ。

アクションシーンにケチをつけるのは、予算の関係上できないことも多いので、そこを責めるのはかわいそうだから、責めない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t
すべての映画レビューを見る(全22件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る