壬生義士伝

劇場公開日

20%
48%
23%
6%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

新選組に参加した、名も無き武士のひたむきな生き様を描いた時代劇。監督は「陰陽師」の滝田洋二郎。浅田次郎の同名小説を基に、「あ、春」の中島丈博が脚色。撮影を「姐御 ANEGO」の浜田毅が担当している。主演は「竜馬の妻とその夫と愛人」の中井貴一と「うつつ UTUTU」の佐藤浩市。第15回東京国際映画祭特別招待、芸術文化振興基金助成事業作品。

2002年製作/137分/日本
配給:松竹

ストーリー

明治三十二年、東京市。冬のある夜、満州への引っ越しを間近に控えた大野医院に病気の孫を連れてやってきた老人・斎藤一は、そこにかつて新選組で一緒に戦った隊士・吉村貫一郎の写真を見つける…。盛岡の南部藩出身の貫一郎は、純朴な外見に似合わない剣術の達人であった。が、その一方で名誉を重んじ死を恐れない武士の世界に身を置きながら、生き残ることを熱望し、金銭を得るために戦った男でもあった。全ては、故郷で貧困に喘ぐ家族のため。脱藩までして新選組に入隊した彼には、金を稼ぎ、愛する家族のために生き残る必要があったのだ。斎藤はそんな貫一郎を嫌ったが、反面、一目置くところもあった。時が過ぎ、大政奉還。一転して賊軍となった新選組は、官軍の制圧に遭い壊滅状態に陥る。ところが、貫一郎だけは脱藩で裏切った義を二度と裏切れないと、たったひとりで最後まで戦い抜いた。そして、傷ついた彼は大阪蔵屋敷の差配役として赴任していた幼なじみの大野次郎右衛門の情けで、官軍に引き渡されることなく、故郷を想いながら切腹したのだった。思いかけず、次郎右衛門の息子・大野千秋から、気になっていた貫一郎の最期を聞くことが出来た斎藤。彼は、貫一郎の娘で今は千秋の妻となった小児科医・みつの診断を終えた孫を連れ、夜の道を帰っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚本
中島丈博
原作
浅田次郎
企画
石川博
遠谷信幸
企画協力
文藝春秋
プロデューサー
宮島秀司
榎望
協力プロデューサー
渡井敏久
製作プロデューサー
野村芳樹
水野純一郎
クリエイティブ・プロデューサー
中嶋竹彦
プロデューサー補
田村健一
撮影
浜田毅
ステディカム
佐光朗
プロダクション・デザイン
中嶋竹彦
美術
部谷京子
装飾
小池直実
中込秀志
音楽
久石譲
音楽プロデューサー
小野寺重之
録音
小野寺修
音響効果
伊藤進一
照明
長田達也
編集
冨田功
冨田伸子
隊服デザイン
河底美由紀
衣裳
木田文雄
真柴紀子
衣裳コーディネート
江木良彦
製作主任
砥川元宏
製作担当
氏家英樹
助監督
足立公良
スクリプター
赤澤環
スチール
北脇克己
視覚効果
橋本満明
特殊効果
橋本満明
VFXプロデューサー
佐藤高典
CGIプロデューサー
平興史
特殊メイク
原口智生
山田陽
造型スーパーバイザー
原口智生
特殊造型
三木康次
殺陣
諸鍛冶裕太
製作代表
大谷信義
菅谷定彦
鞍田暹
俣木盾夫
石川富康
菊池昭雄
全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第27回 日本アカデミー賞(2004年)

受賞

作品賞  
主演男優賞 中井貴一
助演男優賞 佐藤浩市

ノミネート

監督賞 滝田洋二郎
助演男優賞 三宅裕司
助演女優賞 中谷美紀
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0監督のやる気の無さが出てる

2022年1月30日
iPhoneアプリから投稿

やる気がなくても食べるためには仕方ありませんね。
これは中島丈博氏の作品ですから。
テレビドラマ(みたいな)の脚本で中島節と言える泣かせるシーンを随所随所に配置して盛り上がりをつけています。
つけ過ぎてどこが見せたい山場なのかさっぱり分かりません。多分全部でしょう。

きっと監督はもっと短くしたかったにありません。
短くしたいが切れない脚本でどうにかしようと頑張っています。
やる気がないのに頑張って作って、やる気のある作品の資金を稼いでる、そんな映画です。

素晴らしい。
是非皆さんは星5を付けてください。私は3が限界です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
katagiri21516

4.0こういう義にあつい人の多くが命を散らしたのだろうな

2021年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作を昔読んだがほとんど覚えてない。

印象に残ったのは、中井貴一と佐藤浩市の演技だね。

佐藤浩市は本人そのままかと思うし、中井貴一は役柄になりきってる。

方向性は違えど、2人とも名優だろう。

余分なシーン、セリフを省いて、観客に余韻に浸らせる作り方の方がよかったと思う。

素人意見ですが。

新撰組ものは好きなので、観てよかった。

気に入ったセリフ

「ととは地獄も極楽も行かねぞ、お前らのそばにいつもいる」

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

4.0新選組外伝

2021年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

新選組に腕はたつが、妙に貧乏くさい侍(中井貴一)がいた。
彼を嫌うのは、これまた妙に冷めた男で厭世感のある侍(佐藤浩市)がいた。
幕末から明治へ、この二人が時代に翻弄されながら、自分自身を貫いた生き方が眩しい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5義とは

2021年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

時々何を言ってるか聞き取れないけど、南部盛岡のことばがあたたかい。ほぼ回想オン回想で語られる、幕末を家族のために精一杯生きた武士の物語。

幕末、はっきり言って、ぐちゃぐちゃな世の中だと思う。それでも、そんな中で生きていくしかない。何を支えにするか。吉村の場合は義なのだろう。義とは、利害を捨てて、人道、公共のために尽くすこと。そうは言っても、なかなかその通りにできぬのが世の常。吉村は心が強い。

無名の人々が、生きて死んで、その記憶が積もって歴史になる。自分もその一片。

テレ東放送の録画で。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ぷにゃぷにゃ
すべての映画レビューを見る(全35件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る