浪人街(1990)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
57%
36%
0%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

江戸末期の下町を舞台に、そこの裏界隈を生きるアナーキーな浪人たちの人間模様を描く時代劇。山中伊太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は「226」の笠原和夫が執筆。監督は「TOMORROW 明日」の黒木和雄。総監修は「純子引退記念映画 関東緋桜一家」のマキノ雅広。撮影は高岩仁と特別協力として「舞姫(1989)」の宮川一夫がそれぞれ担当。

1990年製作/117分/日本
配給:松竹

ストーリー

江戸下町のはずれ、一膳めし屋の“まる太”で二人の浪人が対立した。この街で用心棒をしている赤牛弥五右衛門と新顔の荒牧源内だった。店の払いをめぐって対立する二人の前に、源内とかつてただならぬ仲であった女お新にひそかに心を寄せている浪人母衣権兵衛が仲裁に入る。一方、長屋の井戸端には土居孫左衛門という浪人が妹おぶんと共に住んでいた。二人にとって帰参は夢だったが、それにはどうしても百両という大金が必要であった。そんな時、街では夜鷹が次々に斬られていく事件が起こる。赤牛は意を決して白塗りの夜鷹に扮し、夜鷹殺しの侍を斬るが、それにもかかわらず夜鷹斬りは続いた。翌朝、まる太の主太兵衛の斬殺体が発見された。赤牛、源内、母衣、孫左衛門、それにお新をはじめとする夜鷹たちが集まって太兵衛の遺骸を囲んでいる時、突然夜鷹斬りの旗本小幡ら七人が乗り込んできた。一触即発の気配が漂う中、赤牛は小幡一党らと共に場を去るが、その日とうとう赤牛は戻ってこなかった。数日後、おぶんを囮に小幡一党をおびきよせようとしたお新は逆に小幡らに捕らえられてしまう。そして、その一味の中には何と赤牛がいたのだった。その頃、孫左衛門のところに、おぶんから相談を受けていた豪商伊勢屋の妾お葉が百両の情報を持って飛び込んできた。伊勢屋が小幡のために百両を立て替え、奉行への心付けにするというものだった。孫左衛門は手形を預かった同心の柏木を斬り倒し、首尾よく百両を手に入れるが、その夜、赤牛は酒盛りの席で小幡に「手形を盗んだのは源内に違いない」と告げ口をする。そこで、小幡は源内を誘い出す手として、おぶんを逃がして、お新を牛裂の刑に処することにした。翌朝、おぶんから事情を聞いた源内は、十数本の剣を体中にくくり付け、お新のもとへ駆け出した。小幡一党120人を相手に、一人立ち向かう源内、だが危ういところでおぶんから聞いて孫左衛門と母衣が助っ人に参上した。小幡一党を相手に死闘を繰り広げる三浪人。それをそばで見ていた赤牛は、小幡を道連れに、自決するのだった。こうして長屋街に平和が戻り、源内はお新と共に旅立っていくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第14回 日本アカデミー賞(1991年)

受賞

助演男優賞 石橋蓮司

ノミネート

主演男優賞 原田芳雄
音楽賞 松村禎三
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

4.0新潟出身の浪人役、石橋蓮司の居合術が光る

2017年10月20日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

原田芳雄はひたすらヒモ。でも筋肉質で焼けた肌は確かにモテそう。
クライマックスのチャンバラは酔拳の剣術版。
勝新太郎と石橋蓮司の珍しいトリオの取り合わせに田中邦衛も参戦。
最後は甲冑着て騎馬武者として颯爽と登場するも総面で誰なのか分からず勿体無い。
ほとんど勝新太郎の見せ場だが、最後に死に装束で飛び込んでくる石橋蓮司の鬼気迫る居合斬りは圧巻。そのあとまた勝新においしいところさらわれてしまうけど。
最後の多人数チャンバラ以外は、幕末の太平の世に侍になれない浪人の悲哀をだらっと描いていて濡れ場もそんなにハードなのはない。脱ぐのは伊佐山ひろ子だけ。
樋口可南子が可愛らしい。
杉田かおるもここではまだかわいいほう。
悪いお侍さんに中尾彬、悪い庄屋に佐藤慶と安定のキャスティング。
天本英世が琵琶法師役でちょっと出てくる。
明るく見やすい時代劇。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
消されるのでもう公開しない

0.5こんなチャンバラ見てられない。

2016年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
佐分 利信
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る