メッセンジャー(1999)

劇場公開日

6%
31%
44%
13%
6%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自転車便業界を背景に、その仕事に従事することになったバブルをひきずる女の奮闘ぶりを描いたコメディ。監督は「波の数だけ抱きしめて」の馬場康夫。脚本は「シャ乱Qの演歌の花道」の戸田山雅司。撮影を「激しい季節」の長谷川元吉が担当している。主演は、「Zero WOMAN 警視庁0課の女」の飯島直子と「アンネの日記」の草なぎ剛。

1999年製作/118分/日本
配給:東宝

ストーリー

清水尚実は、イタリアの服飾ブランド"エンリコ・ダンドロ"のプレスをしているバブリーなキャリアウーマン。ところがある日、エンリコ・ダンドロ本社が倒産。全てを失ってしまった彼女は、よそ見運転ではねとばした自転車便の横田に代わり、"Tokyo Express"という自転車便の会社で働くことを余儀なくされる。プレスの仕事とは違い、体と汗で金を稼ぐ自転車便の仕事が尚実に合う筈はなく、横田の相棒の鈴木とも相性は最悪。しかし、横田と別れて田舎へ帰ろうとする恋人の由美子に横田から預かった携帯電話を届け感謝されたことをきっかけに、彼女の気持ちは少しずつ変わり始めていくのであった。さて、仕事を増やそうとエンリコ・ダンドロの商品を輸入していた安宅物産の太田の元へ赴いた尚実は、居合わせたバイク便の細川とどちらが早く配達できるかを競うことになる。そして、鈴木の走りで見事勝利したTokyo Express は安宅物産の仕事を独占することに成功。由美子やバイク便をクビになった服部、警察を定年退職した島野らが加わり、 Tokyo Expressはにわかに活気づく。そんな最中、ニューヨークのナンバー1デザイナーであるティム・グレイの契約を纏めていた尚実の元愛人で安宅物産の岡野から、尚実に連絡が入った。ティム・グレイが尚実を気に入っており、契約には是非尚実をプレスにと言っていると言うのだ。尚実自身は自転車便にやりがいを見出していたのだが、横田が退院したのと鈴木との気持ちのすれ違いから、結局彼女はプレスの仕事に戻ることになる。そんな折、バイク便の細川は安宅物産の仕事を賭けて再びTokyo Expressに試合を申し込んできた。試合の日、 Tokyo Expressの面々はバイク便と壮絶な配達合戦を展開。細川が仕掛けた汚い手に苦戦を強いられるが、プレスの仕事を捨てて参戦した尚実のお陰でTokyo Expressは勝利。安宅物産の仕事を独占し、尚実と鈴木の恋も成就するのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第23回 日本アカデミー賞(2000年)

ノミネート

話題賞 作品部門/俳優部門 矢部浩之
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.0気持ちのいい疾走感

meganeさん
2019年3月3日
Androidアプリから投稿

今でこそ自転車便って普通になりましたが、上映当時はまだ珍しくて、都心をスイスイ走っていく疾走感が気持ち良さそうだったぁ。スタイルもカッコよくて、憧れたのを思い出すな。矢部っちが新鮮!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
megane
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「メッセンジャー(1999)」以外にこんな作品をCheck-inしています。