日本一のワルノリ男

劇場公開日

0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「日本一のヤクザ男」に続くシリーズ第8作目。今回は従来の無責任男というパターンを変えて、他人のことまで責任を持たなければ気がすまないという性格の男を植木等が演じる。脚本は「ひらヒラ社員夕日くん ガールハントの巻」の田波靖男。監督は「喜劇 負けてたまるか!」の坪島孝。撮影は「喜劇 女もつらいわ」の鷲尾馨がそれぞれ担当。

1970年製作/87分/日本
配給:東宝

ストーリー

東北の高校教師、日本兵介は教え子の白坂八郎の就職先の世界陶器での愚行のわびに上京した。そして、無責任に責任を持ちたがるワルノリぐせを発揮して、八郎をつれ戻すまで世界陶器に勤めることとなった。八郎探しに精を出す兵介は、ソープランドをあたるが、風俗嬢ミチに見初められ、昼は会社、夜はポン引と大忙しの身となった。で、ついつい会社では居ねむりの連続。さらに、女専務友紀子に工場の欠員はおまかせ下さい、と大見栄をきった兵介は寝物語にミチを口説いて、仲間も誘ってソープ娘がぞろぞろと世界陶器に押しかけた。この功績を認められた兵介は一躍、宣伝係長に抜擢された。そのうえ、カメラマン谷村が新人モデル明美をつかって撮った衛生陶器の看板が大評判をとり、兵介は営業課長に昇進した。大山建設のマンモスホテルへの製品売り込みの大仕事を控えて兵介は、資材部長の松永のくどき落し作戦を開始。バーのマダム照子を利用したこの策略も見事に成功して兵介は総務部長の椅子にどっかり腰をおろした。その頃、常務の斉田は社長の病気で娘の友紀子が社業に追われるのを幸いに、社長の椅子を狙っていた。この謀略に気付いた友紀子は、自分がすわれた椅子を、なぜか兵介に譲るのだった。しかし、兵介はひょっこりあらわれた八郎にその座を明け渡して、田舎へ帰って行った。そしてそのあとを友紀子が追った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る