脱獄広島殺人囚

劇場公開日

19%
56%
25%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

殺人罪で四十一年七カ月の刑に服する実在の人物をモデルにして、あくなき自由への渇望から七回に及ぶ脱獄を敢行した男の執念を描く。脚本は「あゝ決戦航空隊」の野上龍雄、監督は「安藤組外伝 人斬り舎弟」の中島貞夫、撮影は「実録飛車角 狼どもの仁義」の赤塚滋がそれぞれ担当。

1974年製作/97分/日本
配給:東映

ストーリー

終戦の混乱期であった昭和22年4月19日夜、植田正之は、仲間の田上と共謀し、外国人の闇屋とその女を殺害、モルヒネを強奪した。やがて二カ月後に逮捕された植田は懲役二十年の刑を受け、広島刑務所に入所した。翌23年4月13日、脱獄に成功した植田は、神戸、妻昌代のいる大阪に潜伏していたが、同年5月3日、関西映劇で観劇中に発見され、逮捕された。再び広刑に戻された植田は、脱走罪が加算され、計二十一年三カ月となった。同年9月、植田は服役中の岡本組々長・岡本清次郎の協力を得て、房仲間の末永と小島の三人で再び脱獄。そして、妹の和子がいる郷里四国の松山・草鹿村に、山本清と名乗って潜伏した。ここで植田は、牛の密殺グループの親分となって妹一家を養っていたが、24年4月、女郎屋で喧嘩ざたとなり、警察に捕われた植田は指紋から身元が割れてしまった。翌5月、広刑に戻された植田の刑は、二十二年七カ月となった。既に捕われていた末永が第八工場で、名古屋の親分・前戸に虐待されている事を知った植田は、前戸にかけ合うが、話がもつれ前戸を殺してしまった。この事件で八年の刑が加算され、計三十年七カ月となった。さらに前戸の屈強な舎弟吉原にも勝負を挑まれ、植田は風呂の中で吉原を不意討ちで殺害してしまった。これで刑は七年増して三十七年七カ月。この殺人で広刑の地獄房に三カ月間投獄された植田は、25年3月にやっと地獄房から出されたが、保安課長の堂本に狂人呼ばわりされ逆上し、机上にあったナイフで堂本に斬りつけた。この殺人未遂で刑はさらに四年加算され、計四十一年七カ月になった。同年8月、この事件の裁判の時、植田は突発的に逃亡、その足で草鹿村に立ち寄り、久々に妹と楽しい一刻を過ごした。しかし、牛の密殺仲間が警察に密告したために、警官隊に包囲されてしまった。格闘の末必死に包囲網を突破した植田は、生への執念と、あくなき自由を求めて歩き始めるのだった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0強盗殺人犯

2021年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(松方弘樹)は強盗殺人犯で同情の余地はないのだが、バカだなぁ、と思いながら見入ってしまう。
日本版パピヨンらしいが、もっと泥くさく、脱獄の方法も単純明快なのがいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0まぁまぁ

2021年1月15日
iPhoneアプリから投稿

松方弘樹が捕まっては脱獄の繰り返し。重厚な任侠映画では無い。ややポップな要素有り。ノンストップで最後まで観れるが、再鑑賞は無いかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Jankichi@

4.5自由への執念

2019年6月10日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

興奮

東映実録路線。脱獄シリーズ第1弾。脱獄を7回もした実在の人物をモデルにした作品。監督は巨匠中島貞夫。原案は「仁義なき戦い」シリーズの広能のモデル美能幸三。

今までに観たことの無いようなストーリー展開で凄く面白かった。喜劇的なスパイスも散りばめられていて、笑える作品だった。

主演の松方弘樹の魅力が満載。脇役陣もかなり豪華で驚いた。

東映実録路線はやはり裏切らない。最高の娯楽作品だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バンデラス
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る