我が人生最悪の時

劇場公開日

28%
50%
22%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

横浜を舞台に、友人の兄の消息を調べることになった私立探偵が、事件に巻き込まれる様を描く無国籍風アクション。″私立探偵マイクシリーズ第一弾″と銘打たれたもので、「アジアン・ビート アイ・ラブ・ニッポン」の企画・原案・プロデュースを経た林海象が台湾のスタッフの協力を得て監督。脚本は林と「無敵のハンディキャップ」の監督天願大介、撮影監督は「獅子王たちの最后」の長田勇市が担当。

1994年製作/92分/日本
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

ストーリー

横浜・黄金町。映画館の2階に事務所を構える探偵・濱マイクは、ケンカから助けた台湾人の楊海平に日本にいる兄の捜索を依頼される。マイクはタクシー運転手の旧友・星野と共に捜査を進めていくが、背景にアジア系外国人で構成されている黒狗会と台湾マフィアの抗争があること、その組員の一人が海平の兄であることが分かる。師匠の宍戸と妹の茜は深入りしないようマイクに忠告するが、彼は聞かなかった。だが海平の兄探しの話はカムフラージュで、彼は対立する黒狗会にいる兄を殺す立場であった。そのことを知ったマイクは海平をそのまま帰国させようとするが、組織の陰謀により海平は兄と争い、二人とも死んでしまう。何も出来なかったマイクはせめてもと台湾にいる海平の婚約者に指輪を届けるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

4.5備忘録

eitaさん
2017年10月2日
iPhoneアプリから投稿

黄金町の撮影場所の映画館で当時の彼女(今の妻)と観賞。見終わった後、二階の撮影場所を覗かせて頂いた時、永瀬さんの彼女と思われる写真発見!ビックリ!小泉今日子さん?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
eita

4.0我が人生も最悪の頃。

ハチコさん
2014年3月6日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

興奮

探偵マイク・ハマーを捩ったネーミングにまず笑えるけど、
日劇の看板が「我等の生涯の最良の年」で、さらに小笑い。
随所にやたらと小ネタが利いている(深夜ドラマ風?)
全編モノクロ映像という趣向で昭和の香りプンプンの風情。
いわゆる探偵モノの流れを汲むコメディ調のセンスが光る。
フィルムがブツっと切れる度にゾクゾクする感覚を味わい、
映画館の椅子に身を埋めたくなる幸福感。豪華な出演陣に
ハードながら愚鈍な役回りを与えつつクールに纏めている。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「私立探偵濱マイク」シリーズ関連作品

他のユーザーは「我が人生最悪の時」以外にこんな作品をCheck-inしています。