十三人の刺客(1963)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
64%
6%
12%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「十七人の忍者」の池上金男がオリジナル・シナリオを執筆、「若様やくざ 江戸っ子天狗」の工藤栄一が監督した時代劇。撮影もコンビの鈴木重平。

1963年製作/125分/日本
原題:Thirteen Assassins
配給:東映

ストーリー

弘化元年九月明石藩江戸家老間宮図書が老中土井大炊頭の門前で割腹し果てた。間宮の死は藩主松平左兵衛斉韶の暴君ぶりを訴えていた。斉韶は将軍家慶の弟君、この事件は時の幕閣を動揺させた。これに対し老中土井は、非常手段として御目付役島田新左衛門に斉韶暗殺を命じた。大事決行をひかえ新左衛門は十一人の協力者を集めた。新左衛門の知友倉氷左平太、三橋軍次郎、樋口源内、他十一人の強者達だ。暗殺計画は極秘裡に進められたが、この暗殺計画を事前にキャッチした人物がいた。鬼頭半兵衛、明石藩側用人千石の身分を自分で掴んだ傑物である。不詳事発生以来一ヵ月余、明石藩が突如参勤交代の途についた。行列を追う刺客団は、中仙道で奇襲作戦を練ったが、半兵衛の奇計にあい失敗に終った。新左衛門の計略は、斉韶が尾張を通る時、その尾張藩の通行を阻止すれば、勢力を削られた行列は新左衛門が襲撃の場所に選んだ落合宿に出る。落合宿は襲撃には絶好の要地だ。尾張藩通行を阻止する方法は、尾張藩木曽上松陣屋にかつて息子夫婦を斉韶に惨殺され、深い恨みを抱く牧野靭負がいる。倉永が早速松陣屋に飛び、他の刺客は落合宿へ急行した。郷士の倅木賀小弥太がこの計画に加わり、今は唯時を待つだけだった。運命の朝、深いもやの中を落合宿に乗り込んだ斉韶公以下五十三騎は、先ず真新しい高塀にさえぎられた。混乱の中、退路の橋が大音響と共にくずれ落ちた。五十三騎は、半兵衛の意志とは逆に障害物にはばまれて、刺客の誘導に乗っていった。十三人と五十三騎の死闘は続いた。虚しい死体の群の中に新左衛門、半兵衛の死体もあった。弘化元年斉韶参勤交代の途中発病、帰城と同時に死去と届けられた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5序盤の三味線シーン良いよ

散歩男さん
2020年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

66年東映。監督工藤栄一・主演片岡千恵蔵。リメイクの方は未見。
能無し馬鹿殿を討つべく立ち上がった13名が相手方との頭脳戦をへて壮絶な斬り合いへ…。時代劇の名作、とはいえ時代を感じさせる部分はかなりあった。クライマックスのアクションは今の目ではやや物足りない。ただそこへ至る描写をしっかり描いているのでカタルシスはある。

この時代の俳優の存在感は半端なく、歌舞伎や能の表現に近いものを感じた。
あと伊福部昭の低音が効いた伴奏とても良かったです。

このリメイクを考えた人の気持ちはよくわかる。今の技術&表現力なら更に面白いものが出来るだろう、と。してその結果は。今度確かめたいと思います。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男

4.0とてもよかった

2019年12月26日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

4.5残念な点もあるものの大満足の娯楽作品です!

あき240さん
2019年10月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

これは面白い!
極上の娯楽作品だ

七人の侍と椿三十郎と忠臣蔵をかき混ぜたような内容です

酷薄怜悧な老中筆頭役の丹波哲郎が素晴らしい
そして何より、強烈な秘密軍事指令を与えられた目付役の片岡千恵蔵もまた素晴らしい!
選りすぐった精鋭を前に「お主達の一命、この新佐が命じるままに使い捨てに致す」と言いきるシーンは痺れました
他の誰にも出来ない恐ろしく困難なプロジェクトの指名を受け、その達成のためには優秀な部下を幾人も非情であっても擂り潰さなければならないことを覚悟した言葉です
こう言いきってくれてこそ命を投げ出して働けると言うものです
現場の上級指揮官はかくあるべしという姿を体現しています
男が男に惚れなければ命を懸けて働けはしないのです

そしてその副官役の嵐寛寿郎も燻し銀の名演を見せます
副官の重要性や参謀のありかたの理想像を見せます

ストーリーも中盤はプロフェッショナル同士の知略の戦いとなり、クライマックスの決戦に至るまでのほうが面白い程
敵方の指揮官鬼頭半兵衛の造形も素晴らしく、内田良平が椿三十郎での仲代達也を彷彿とさせる熱演を見せます
襲撃計画を練っている正にその場に敵方の指揮官が単身乗り込んで来るのですから圧巻です

中盤の戸田の渡しでの襲撃を想定して、襲撃側を一枚上回る防備計画の見事さや、指揮ぶりの鮮やかさで、襲撃を未然に封殺していまう有能さを印象付けて、敵側の手強さの演出も良く出来ています

クライマックスの激闘シーンも迫力あり、中仙道美濃落合宿を防塞化してデスゾーンを形成して多勢に無勢の不利を解消する工夫もなかなかに本格的で見応えがあります

計略を弄して敵方の百数十人の護衛部隊を43人にして13人で迎え撃つのですが、それでも彼我の兵力比は三対一以上です
つまりランチェスターの法則にある攻守三倍の法則と言う軍事常識から見て尋常の手段では勝てないわけですから、そこを良く映像にして見せます

集団殺陣といっても単に大勢がてんでにチャンバラをするようなデタラメなものではありません
副官の倉永左平太がこういいます
「今の世に真剣で戦った侍なぞはおらんのだ、我にも無ければ相手にもない、人が命と命をぶっつけあい戦うときどんなことが起こるか誰にも想像がつかんのだ」
舞台は1845年の江戸時代末期です
戦国の世から250年近く続いた平和の世の中での戦闘なのです

果たしてクライマックスの激闘がついには、血みどろの肉弾戦になったとき、あれほど冷静でプロフェッショナルな殺し屋的な浪人が、わめき逃げ惑う姿を呈するまでたたかうその姿を見せるのです

音楽は怪獣映画の音楽の巨匠伊福部明その人
今にも怪獣が出そうなおどろおどろしい劇伴で盛り上がります

残念な点は刺客それぞれのキャラクターが立っていないこと
わざわざ「これで十三人になったな」という七人の侍の台詞をもじったのに、肝心の三船敏郎に相当する若い郷士も上手く消化仕切れてません
もったいない限りです

それでもラスボスや敵方指揮官との一騎討ちとかお約束のシーンも用意されており納得、大満足の時代劇です

しかしこれでヒットしなかったというのですから
残念です
本格時代劇の終焉を飾る大輪の花のような作品です
もうテレビの時代劇で十分という時代に突入したということたったのでしょうか

1963年の作品ですからカラーで撮れた筈ですがリアルさをだしたかったのか、黒澤作品と同じ土俵で撮りたかったのか白黒作品です

ただ作劇も戦闘シーンも如何に黒澤明監督が富士山の様に仰ぎ見る偉大な存在であったのかを再確認するにとどまっているのも確かです

2010年にリメイクされたそうですが、現代に舞台を移して自衛隊の秘密軍事作戦というような内容に翻案したリメイクを観てみたいと思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

1.5時代劇末期の…

2018年6月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

寝られる

時代劇が減り始めた頃に、時代劇で売っていた俳優が余って仕方ないって感じで作られたのか?と思うほどの内容。
時代劇らしく、ご都合主義で作戦もこをなものか?と思う程。
キャストが豪華絢爛でも中身はちょっと萎びてる。
リメイク版の下品さはないから、見やすい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪コメント書き込み一部を除き回復、皆様色々ありがとうございます
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「十三人の刺客」シリーズ関連作品