劇場公開日 2014年6月7日

ゴジラ(1954)のレビュー・感想・評価

4.051
39%
44%
14%
2%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全51件中、1~20件目を表示

5.0タイトルなし

lilyroseさん
2020年7月10日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

これは評価必要なし
東宝製作
特撮怪獣映画の金字塔
世界の怪獣王ゴジラの記念すべき第一作
特撮を超えた不朽の名作

観ておくべき映画
.

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
lilyrose

5.0日本の宝

2020年7月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

泣ける

興奮

知的

大好きな作品。2014年の60周年記念デジタルリマスター版のリバイバル上映以来久しぶりに再鑑賞。

反戦・反核映画×怪獣映画という奇跡の融合。被爆国の悲痛な叫びを伝説的な特撮怪獣で描き出す。反戦・反核映画の最高峰であるのと同時に怪獣映画の最高峰。音楽も圧巻。ラストシーンの痛烈なメッセージが込められた志村喬の台詞は映画史に残る名台詞。世界平和を願う本気の思いに胸が熱くなる。世界で唯一の戦争被爆国だからこそ生み出すことの出来た奇跡の大傑作。戦争経験者達が残してくれた日本の宝。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
アントキのバンデラス

4.5東宝特撮の歴史は「ゴジラ」に始まり「ゴジラ」に終わる。

2020年6月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ハーシー・カイルトラス

5.0すごい

mikkiさん
2020年5月29日
スマートフォンから投稿

泣ける

悲しい

知的

古いシリーズからシン・ゴジラまでありとあらゆるゴジラシリーズを観てきましたが、やはり最高傑作の一つです。戦後からまだ10年も経たない、水爆実験、兵器…色々なメッセージが深く込められています。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mikki

4.0科学の進歩と人類の幸福は必ずしも比例しない。

ちゆうさん
2020年5月2日
Androidアプリから投稿

この映画の時代背景は戦後9年。
今は2020年で東日本大震災から9年。
9年前ってのはいい歳した大人ならばつい昨日のことである。
核に殺られた被害国にとってビキニ環礁の被爆事件は、あの悪夢の再現に怯えるに余りある出来事だったろう。
黒澤明の生きものの記録も同じ時代に作られたし、日本人にとって核はとてもセンシティブな題材である。
科学の進歩は人類の幸福と比例しなければならないのに・・
人間は何故、科学という道具を持ってして権力を持ちたがるのか?
他より優位に立ち、己を誇示したがるのか?
相手をたてる、協働することは難しいのか?
メンツがそんなに大事なのか?
何が人間にとって最善なのか、コロナに侵食された今、権力者に問いたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

4.0戦後10年経たずに水爆批判と怪獣モノを撮れる着想

2020年4月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

この時代の空気感として、菅井きん演じる女性議員(当時は婦人議員という。)がゴジラの次に怖い。真っ向勝負で直言する婦人議員たちに、それまで男たちだけが戦争をやるもやらぬも決めてきた景色を一刀両断にしている。本当の戦後だと感じた。

昔の映画は尺も無駄にとらず、余計な演出をせず、それでいてストーリーが分かりにくいということはなく、劇伴音楽が素晴らしく、なんで今の時代こうしたものを撮れないのかなと思う。現在は技術だけが先行してしまったのかね、余計なものが多すぎる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さすまー

4.050年超の過去においてこの特撮技術、時代考察、まさにあっぱれ!

2020年1月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

シンゴジラを見た際にも思った事ではあるが、もちろん特撮技術の素晴らしさは言うに及ばずではあるが、時代・社会考察を含めたシナリオの素晴らしさがあるからこそ観る者をここまで引き付けるのであろう。当時、オンタイムでこの作品を見た人たちの衝撃たるや、計り知れないものがあったであろう。ありきたりの言葉であっても、作品として全く古臭さを感じることなく、驚きをもって今なお観る事が出来る、まさに世界に誇る東宝特撮、あっぱれである!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ナオック

5.0日本人誰もが芹沢博士の決断をする日が訪れることが無いことを祈るばかりだ

あき240さん
2019年11月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

正に映画のイノベーションだ
世界の映画史を塗り替えた作品

直接的にはキングコングが源流だろうが全く違う
何もかもが斬新で新しい、誰も観たことの無い映像を作り出して映画のジャンル自体を作り出したのだ

もちろん原水爆の恐怖、核戦争の恐怖がテーマだ
冒頭の漁船遭難シーンは第五福竜丸事件をそのままデフォルメされている

劇中でも何度も原水爆への恐怖、戦争がまたも日本に及ぶ恐怖を登場人物が語る
正に当時は核兵器の開発競争のデッドヒートが新聞の一面を占めており、次の戦争は核戦争になると誰もが認識し始めた頃だったのだ

しかし、久しぶりに21世紀の人間の視点で観ると、当事者にも気付いていない違うニュアンスが含まれているように聞こえた

それは無理です、水爆の洗礼を受けながらも、なおかつ生命を保っているゴジラを何を持って抹殺しようというのですか?

山根博士の言葉は逆にいうと原水爆以上のものに依らねばならないとも取れる

そして芹沢博士も苦悩の末にこの惨禍を絶つには禁じられた兵器を使うほかないと決断する

もしゴジラの襲来を現代に置き換えて、某国による核攻撃であるとしたら、どうだろう?

考え過ぎだろうと思う
しかしそのような決断をしなければならない日は刻々と近づいているように思える

日本人誰もが芹沢博士の決断をする日が訪れることが無いことを祈るばかりだ

東京が火の海になった以降は涙がとまらなかった

当時でも本作公開の僅か4ヶ月前に自衛隊が発足したばかりだったから、自衛隊が無ければ所詮叶わぬだけでも組織だった抵抗も、住民達の避難も出来なかったであろうということは十分読み解けたハズだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
あき240

5.0作り手の思いと気概の詰まった傑作映画

yuyuさん
2019年9月21日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

泣ける

知的

ゴジラが単なる怪獣映画ではないというのはなんとなく耳にしていたが、宝田明のインタビュー記事を見て第一作だけでも見ておかなければと思い視聴。

こんな作り手の平和への思いが詰まった映画を54年に作っていたこと。見ている方が誇らしいような気持ちになる映画だった。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yuyu

4.5シン・ゴジラより面白い!

2019年5月25日
スマートフォンから投稿

興奮

『ゴジラ』鑑賞。

*主演*
宝田明

*感想*
これが初代ゴジラか…凄いな~。。。

初代ゴジラを初めて見ましたが、かなり面白かった。今は数多くのゴジラシリーズやハリウッドなど続々と制作されている中で、やっぱり原点が面白い。

最近見たゴジラは、「シン・ゴジラ」でしたが、個人的に全然ダメで、初代のゴジラは脚本と演出が素晴らしかった。

ゴジラが山の陰からひょっこり「こんにちは」した時は、あまりの突然のことだったので、思わず笑ってしまいましたが、街に上陸してビルや国会議事堂を破壊したり、炎を吹いたり、大暴れするシーンはなかなか見応えがありました。

あと、脚本が全体的にシリアス。芹沢博士が真島吾朗にしか見えなかったw オキシジェン・デストロイヤーってどこかのプロレスラーの名前みたいw

総じて、面白かったです。「シン・ゴジラ」より全然面白かったです。(^^)

宝田明さんがイケメンでした!

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ひろっぴ

5.0原点

kossyさん
2019年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 昭和29年というと、戦争、原爆の恐怖がまだ冷めやらぬ日本である。高度成長経済の時代を迎え物質が豊かになった反面、人々の深層心理には不安感が見え隠れする。ゴジラの存在自体が広島・長崎の原爆と同じような恐怖であり、唯一の被爆国日本でしか作れなかった映画だとあらためて思い知らされた。

 自衛隊が発足(警察予備隊から改編)された年と、ゴジラ誕生の年が同じというのも皮肉なものだと感じます。また、ゴジラに焼き尽くされた後の映像が戦争で焼け野原となった東京のイメージそのもの。病院でのシーンも同じです。

 芹沢博士(平田昭彦)の作ったオキシジェン・デストロイヤーを使用するかどうかで苦悩するシーンが最高。そして女学校の合唱団が歌う“平和の祈り”によって、悩める科学者が決断する。。。ラストの海中でのシーンは涙なしでは観られない?!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy

3.5パワーの源

カメさん
2019年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

個人評価:3.6
戦後9年後に作られた作品。登場人物や、戦後直後の世界観や会話が興味深い。
敗戦後わずか9年でこういったエンターテイメントの映画を作れる事に、日本人のクリエイター魂が感じられる。
この時代に作ったゴジラというキャラクターと世界観が、今なお受け継がれ、描かれ続けるパワーの源がここにある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カメ

4.0デジタルリマスター版

コンブさん
2019年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

知的

幸せ

映画館で観れて幸せです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
コンブ

3.5これが54年のクオリティだとすると

2019年4月30日
iPhoneアプリから投稿

これは確かに伝説になるね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
マルボロマン

5.0怪獣特撮映画の原点であり頂点

2019年2月12日
Androidアプリから投稿

2019年の現在においても尚色あせない名作。
本作におけるゴジラとは、アメリカの水爆実験の影を帯びており、また東京大空襲の記憶を呼び覚ますものである。
その後、人気の出たゴジラは子供向けのヒーローとして祭り上げられることになるが、本作は極めて政治的であり、SF作品としてもかなり優れた作品である。
まさに怪獣特撮映画の原点であり頂点である。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ありてる

5.0永遠の怪獣王~全ての原点にして頂点!

2019年1月21日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、映画館、VOD

悲しい

怖い

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 16 件)
しゅうへい

5.0人がゴミのようだ!わっはっは!

tさん
2018年11月18日
PCから投稿

一作目のゴジラ。初めて観た。なぜゴジラが世界的に評価されているのか?この一作目が偉大だったから(だから、パシリムの最後に本多猪四郎の名前が出てくるんだぞ!)・・・この辺の話は、以下の解説を聞いて分かりました。
https://www.youtube.com/watch?v=fl9yZP-SBg0
(⬆️ですが、ゴジラに興味ない人でも、映画作家とは何か?という話をしているので、面白いと思います。)
平成ゴジラは人間とゴジラの対決(+ハリウッドアクションの二番煎じ)を楽しむ映画だが、
一作目のゴジラは、一般人が突然に無意味に虫けらのように大量殺戮されるのを楽しむ映画。
もうお判りだろう。そう。一作目ゴジラにあるのは、「人がゴミのようだ!」という、ムスカ魂なのである!!!

平成では、渋谷とか池袋でヘラヘラしてる奴らを大量殺戮するシーンを作ると、クソPTAとかがうるさいのかねぇ。
もう一度、人間が無意味に大量殺戮される怪獣映画作ろうぜ(笑)。
別にいいじゃん。映画の中でぐらい殺させてくれよ。

とは言え、僕は平成ゴジラシリーズも結構好きです。ムスカになるには、まだまだ修行が足りないということか・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
t

0.5思い上がりの始まり

2018年7月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

寝られる

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
虹紫西瓜スパイザ

3.0シン・ゴジラがおもしろかったから、こちらも観てみようと借りた。モノ...

小鳩組さん
2017年12月1日
iPhoneアプリから投稿

シン・ゴジラがおもしろかったから、こちらも観てみようと借りた。モノクロでも怖い。ゴジラも日本映画も進化してるんだなぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小鳩組

3.5終戦から9年後での

2017年11月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

作品だと考えるといろんな意味でびっくりした。東京が焼け野原になってから数年で映画を作ってしまうのも凄いと思うが、また映画のなかで東京を焼け野原にしてしまうという...
当時映画館で観た人はトラウマにならなかったんだろうかと要らぬ心配をしてしまった。
反原水爆のメッセージは明らかだけど、ゴジラをアメリカに置き換えると、日本全土を焼き払うに飽き足らず戦後に及んでも放射能を撒き散らすアメリカに向けた怒りそのものがメッセージなのではないかと言ったら考えすぎでしょうか...

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
肉ネ~ム
「ゴジラ(1954)」の作品トップへ