劇場公開日 1970年8月11日

激動の昭和史 軍閥のレビュー・感想・評価

3.52
14%
14%
72%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全2件を表示

4.02.26以降

2020年1月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

2.26事件以降、軍部が台頭、メディアの力もあり、日本国民は戦争への道をまっしぐら。
先導したのは東条英機(小林桂樹)で、報道機関も気が付いたときは時すでに遅し。
戦争映画の常ではあるが、殺される局面は力を入れるが、勝っている時の殺すところはほとんど描かない。
ラストはアメリカ人の主張に近い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0新聞記者とペンの責任

2020年1月9日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

何よりも御聖意を尊ぶはずの小林桂樹演じる東條が、戦局の展開に応じて次第に独裁的になり、狂乱していくさまを描いている。
ラストシーン近くの特攻兵が「勝てばいいという空気を作った新聞屋が俺たちの日本を駄目にした!」というシーンが見物。毎日新聞の新名記者をモデルにしている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
さすまー
「激動の昭和史 軍閥」の作品トップへ