キングコングの逆襲

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
50%
40%
10%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の馬淵薫がシナリオを執筆し、「お嫁においで」の本多猪四郎が監督した怪獣もの。撮影は「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の小泉一。東宝創立35周年記念映画。

1967年製作/104分/日本
原題:King Kong Escapes
配給:東宝

ストーリー

ネルソン司令官、次郎、スーザンの三人は国連調査船の原子力潜水艦で海底油田の調査を行なっていた。ある日、南海のモンド島近くで艦が故障し、三人はその島に上陸した。ネルソンは陸上動物の研究者でもあり、モンド島が巨大な類人猿キング・コングの住んでいる場所だと知った。案の定コングが現われスーザンに親し気な素振りを示して次郎たちを驚かせた。コングにはスーザンの言葉が分るらしかった。一方、このコングを生け捕りにしようと狙っている一味がいた。ドクター・フーとマダム・ピラニヤである。彼らは北極近くの地中に眠り、ウランよりも強い放射能を持つエレメントXを掘るために、コングを使おうと考えていたのだった。フーはメカニーコングというロボットでやってみたが、放射能に邪魔され失敗していた。スーザンがコングを動かすことが出来ると分ると、フーはコングを捕獲し、彼女をも狙った。一方、コングがフーに捕ったと知ったネルソンたちは国連の許可を得て北極に向ったが、途中東京に寄った時、フー一味に捕われ極地に連れてこられた。そこではコングがエレメントXを掘り出そうとしている姿が見られた。しかし、鎖を切って逃げ出したコングは、海を泳ぎ、東京に現われたのである。フーは早速メカニーコングとネルソンたちを連れ、東京に向った。やがて、コングとメカニーコングの戦いが東京の真中で始った。その頃、マダム・ピラニヤはフーとエレメントXの所有権を争って負け、ネルソンたちを逃がした。マダムは某国の秘密諜報員で、フーを利用してエレメントXを手に入れようとしていたのだった。一方、コングの巧妙な作戦で電線に触れたメカニーコングは焼けてしまい、勝ち誇ったコングは、フーの乗った船を沈めると、南の島をめざして泳ぎ去っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0本作が東宝特撮のピークだったのかも知れない

あき240さん
2020年3月8日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1967年7月公開
同年4月からアニメ版のキングコングが日米合作でテレビ放映開始
前年大晦日にはパイロット版も放映されている
ドクターフーも、スーザン、メカニコングすらもそのアニメに登場する

アニメは東映動画の製作なので、メディアミックス戦略で東宝が特撮を撮る訳はないが、企画立案のきっかけにはなったかもしれない
ドクターフー、スーザン、メカニコングは、米国側の要望により取り上げられたものという
結果として連動する形になっている

本作の見所はやはりメカニコングだろう
キングコングとメカニコングの東京タワーによじ登っての闘いは手に汗握る

もちろんメカニコングはその後、メカゴジラに発展する

さて特撮はどうか?
特技監督は円谷英二、特技助監督は中野昭慶
キングコングの着ぐるみの出来は正直レベルは低い、顔の造形、目の動きもしかり
原子力潜水艦エクスプロアー号や搭載ホバーカーの造形も機能と性能からの納得性がなくチープだ
ただ外光の下でのプール撮影も一部ある
また海中シーンも工夫が見られるが、これはアーウィンアレンの原潜シービュー号の特撮シーンを参考にしたものだろう
司令の名前がネルソンなのも原潜シービュー号からの由来だろう
特撮のレベルとしては残念ながら同時期のイギリスのジェリーアンダーソンのサンダーバードには
及ばす負けている
1964年の海底大戦争スティングレイのレベルよりもまだ下かも知れない
しかし、東京タワーでの対決シーンは東宝特撮だけにしか出来ない迫力がある
前回のキングコングは身長40メートル、今回は20メートルの設定でそれだけにミニチュアワークも大変に細かいのだ

ドクターフーの基地も007シリーズの影響を強く受けている
007は本作公開の1ヵ月前の1967年6月に公開されたのが007は二度死ぬで、浜美枝はそのボンドガールだったから大変な旬の女優だった訳だ

東宝特撮の常連俳優の出演は多いが、特筆すべきは天本英世だ
マントを常に纏うその姿はマッドサイエンティストそのもの
死神博士のイメージは既にここにある

本編も面白く、大人も退屈せずに観れるものだ
メカニコングの造形、動き、基地での佇まい、基地から地表へリフトアップされるシーンは、オタクなら痺れるものだろう

1967年3月、4月と他社の怪獣映画の挑戦を東宝特撮は受けた
ガメラ対ギャオス、宇宙大怪獣ギララ、大巨獣ガッパだ
本作はそれらの挑戦に対する、同時期に製作していた東宝特撮の回答だ
特撮レベルも本編のレベルも断然上だ
横綱だ

しかし世界のレベルで見れば、特撮技術の立ち遅れと停滞がはっきりしてしまった映画でもある
ガラパゴスだったのだ

そして本作以降の作品では進化どころか、退潮していくのだ
その意味で本作が東宝特撮のピークだったのかも知れない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

2.0大人になるという事は....

川柳児さん
2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
川柳児

3.5偉大なる巨猿に愛をこめて…

2018年12月12日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

東宝創立35周年記念作品。

DVDで鑑賞。

東宝がRKOから借りていた“キング・コング”の使用権がもう少しで切れるということで、契約期間終了直前に製作された「キングコング対ゴジラ」に続く「東宝版キングコング映画」第2弾。

当初は「ロビンソン・クルーソー作戦 キングコング対エビラ」という企画でした。紆余曲折あり、それは採用されず本作のような内容になりました。
元々のプロットはキングコングをゴジラに置き換え、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」として製作されました。それ故に同作でのゴジラは美女に反応したりします(笑)

それはさておき本作は、正義の大怪獣キングコングが、国際指名手配の悪の天才科学者ドクター・フーの陰謀に立ち向かうというストーリー。当時放送されていたテレビアニメの設定に準拠しているそうです。アメリカからの要請だったとか…。

円谷英二特技監督の特撮への情熱の原点は、1933年に製作されたオリジナル版の「キング・コング」です。フィルムを取り寄せて、1コマ1コマ丹念に研究したというエピソードはあまりにも有名ですなぁ…。キングコングに対する想い入れは人一倍強く、本作でもオリジナル版へのオマージュがふんだんに捧げられています。
モンド島でのキングコングと新怪獣ゴロザウルスの戦いは、さながらオリジナル版でのコングとティラノサウルスのバトルそのものでした。口に木の枝を突っ込みますし、相手の顎を裂いて倒すのも同じ…芸が細かい。さらには巨大な海蛇まで登場しキングコングと戦います。こちらも芸が細かい(笑)

キングコングのライバル怪獣として、ドクター・フーが開発したメカニコングが登場します。キングコングに勝る怪力を持つ強敵です。
2体が繰り広げる増上寺から東京タワーにかけての大バトルは一見の価値あり。東京タワーに上ってのバトルは息も吐かせぬ大迫力! クォリティーが目を見張る素晴らしいセットで展開される戦いがとてもリアルでした。高い建物があれば上らなくては始まりません!(笑) エンパイア・ステート・ビルも良いですが、日本と言えばやっぱり東京タワー。周りにその高さに迫るビルがまだ無いのも時代を感じました。

円谷特技監督はこれ以降も数本特撮映画を手掛けられていますが、本作が最後の怪獣映画の特撮演出となってしまいました。同年に公開された「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」では弟子の有川貞昌に特技監督の座を譲り、本人は特技監修の立場で関わっています。そう考えるととても感慨深い想いになりました。本作が公開された3年後には他界してしまうので、とても残念です。最後の怪獣映画がキングコング物だったということに、何か運命的なものを感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
しゅうへい(syu32)

3.5浜美枝

力王さん
2018年6月7日
iPhoneアプリから投稿

女スパイ役の浜美枝が綺麗
さすがボンドガールだ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
力王
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る