キングコングの逆襲のレビュー・感想・評価

キングコングの逆襲

劇場公開日 1967年7月22日
2件を表示 映画レビューを書く

“特撮の神様”最後の怪獣映画!~偉大なる巨猿に愛をこめて…

東宝がRKOから借りていた“キング・コング”の使用権がもう少しで切れるということで、契約期間終了直前に製作された「キングコング対ゴジラ」に続く「東宝版キングコング映画」第2弾です。
当初は「ロビンソン・クルーソー作戦 キングコング対エビラ」という企画でした。紆余曲折あり、それは採用されず本作のような内容になりました。
元々のプロットはキングコングをゴジラに置き換え、「ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘」として製作されました。それ故に、「南海の大決闘」でのゴジラは美女に反応したりします。キングコングの名残ですね(笑)
正義の大怪獣キングコングが、国際指名手配の悪の天才科学者ドクター・フーの陰謀に立ち向かいます。当時放送されていたテレビアニメの設定に準拠しているそうです。アメリカからの要請だったとか。
東宝創立35周年記念に相応しい娯楽大作となっています。

円谷英二特技監督の特撮への情熱の原点は、1933年に製作されたオリジナル版の「キング・コング」です。フィルムを取り寄せて、1コマ1コマ丹念に研究したというエピソードはあまりにも有名ですね。キングコングに対する想い入れは人一倍強く、本作でもオリジナル版へのオマージュがふんだんに捧げられています。
モンド島でのキングコングと新怪獣ゴロザウルスの戦いは、さながらオリジナル版でのコングとティラノサウルスのバトルです。口に木の枝を突っ込みますし、相手の顎を裂いて倒すのも同じです。芸が細かい。さらには巨大な海蛇まで登場しキングコングと戦います。こちらも芸が細かい。

キングコングのライバル怪獣として、ドクター・フーが開発したメカニコングが登場します。キングコングに勝る怪力を持つ強敵です。2体が繰り広げる増上寺から東京タワーにかけての大バトルは一見の価値あり。東京タワーに上ってのバトルは息も吐かせぬ大迫力! クォリティが目を見張る素晴らしいセットで展開される戦いはとてもリアルです。高い建物があれば上らなくては始まりませんね(笑) エンパイア・ステート・ビルも良いですが、日本と言えばやっぱり東京タワー。周りにそれに迫るビルがまだ無いのも時代を感じます。

円谷特技監督はこれ以降も数本特撮映画を手掛けられていますが、本作が最後の怪獣映画の特撮演出となってしまいました。同年に公開された「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」では弟子の有川貞昌に特技監督の座を譲り、本人は特技監修の立場で関わっています。
そう考えるととても感慨深い想いになります。本作が公開された3年後には他界してしまうので、とても残念です。最後の怪獣映画がキングコングものというのも何か運命的なものを感じますねぇ…。

syu-32
syu-32さん / 2018年12月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

浜美枝

女スパイ役の浜美枝が綺麗
さすがボンドガールだ

力王
力王さん / 2018年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi